転職のリクルートエージェント > 転職成功ガイド > 転職成功ノウハウ > 履歴書の作成

履歴書の作成

履歴書って、書くのが面倒。どんなことを判断されている?

毎回書くのは、どうにも面倒な履歴書。とりあえず項目だけ埋めておけばいいだろう、と考えている人も多いようです。さて、本当にそうでしょうか?人事担当者が履歴書を見るときの目は…

転職成功者に聞きました「履歴書の作成方法は?」
グラフ
パソコンも多いが、主流は手書き

「パソコンで作成した」という人の中には、求人サイトの応募フォームから応募し、履歴書は郵送していないという人も多く、いわゆる履歴書を作成した人は「手書き」がまだまだ主流。「下書き無しで書くと、誤字脱字が多く何度か書きなおした」などと苦労した人もいるようです。履歴書は何に気をつけて作成すればいいのか。ポイントをみてみましょう。

転職のプロは知っている

「転職に臨む姿勢」が判断される

写真が少し枠からはみ出している、書き間違えた箇所を修正液で修正している…。それでも文書としては成立しているので、問題ないと思われがちです。しかし、採用担当者の目は思いのほかシビア。今後の人生を左右する一大事に臨む際に、文書一つ丁寧に作成できない人という目で見られてしまうのが現実です。その印象は、入社後の仕事ぶりに対する不安につながり、面接まで引きずりかねません。履歴書は、くれぐれも気を引き締めて作成してください。

文字は下手でも、丁寧に書かれた履歴書は好印象

達筆でも走り書きしたような履歴書と、上手いとはいえない文字でも丁寧に書いたことが伝わる履歴書と、どちらが好印象かといえば間違いなく後者です。スペースのバランスを考えながら手書きで記入欄を埋める作業がいかに大変か、人事担当者も十分に理解しています。その面倒な作業を丁寧に行っていることが伝わると、転職への意気込みや入社への熱意も自ずと伝わり、印象アップにつながるのです。

ただし、熱意を伝えようとするあまり、細かな文字でびっしりと書くのは逆効果。相手に読む負担を与えないよう、「見やすさ」に配慮しましょう。

見落としがちなルール&マナーをチェック

履歴書作成にありがちミスや、押さえておくべきマナーは以下の通り。ご自分の履歴書に問題はないか、ぜひチェックしてみてください。

  • 学歴・職歴欄の最後には、「以上」と記す
  • 必ず黒のインクで書く。強調したい箇所があっても、マーカーを使うのはNG
  • 修正液は使わない。書き損じたら、新しい用紙に書き直す
  • 写真は必ず証明写真を使用。スナップ写真はNG
  • 写真は裏側に名前を記して貼付する(書類が重なると、はがれることがあるため)
リクルートエージェントなら

複数の会社に応募するとなると、1社1社、履歴書を丁寧に書くのは大変な手間と時間がかかります。リクルートエージェントでは、1度「キャリアシート」を作成すれば、それを利用して何社にでも応募することができるため、応募時の負担を軽くすることができます。

No.1エージェントのキャリアアドバイザーだから知っている成功ノウハウをお伝えします。

転職支援サービスに申し込む【無料】