転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > TOEICや英検はどのレベルなら履歴書に書いていい?

TOEICや英検はどのレベルなら履歴書に書いていい?

英語の能力を示すTOEICや英検などの英語系の資格。スコアや資格を持っているけれど、どの程度であれば履歴書に書いてアピールできるのでしょうか?応募する企業や職種により求められるレベルは異なりますが、アピールできるレベルには基準があるようです。ここでは、履歴書に記載できる基準と、資格欄への書き方をご紹介します。

記載できるのは、一般的なビジネス英語レベル

一般的なビジネスレベルはTOEIC600点以上、英検2級以上が目安

【TOEIC】
英語を母国語としない人を対象とした、英語の聞く(リスニング)能力、読む(リーディング)能力を評価するのがTOEIC。世界共通のテストということもあり、英語力を測る目安として国内の多くの企業が基準としているテストです。一般的にTOEIC公開テストの平均点以上であれば、ビジネスレベルの英語力として認識されているようです。公開テストの平均点は、多くの実施回で500点台の後半となっていることから、総合評価でおおむね600点以上であれば、資格欄に記入してアピールすることができるでしょう。

【英検】
英語レベルを測る国内の資格としてポピュラーなのが英検です。英語の聞く、話す(3級以上)、読む、書く、を測定するものです。中学校初級レベルの5級から、大学上級レベルの1級までがありますが、転職の場合は2級以上(2級、準1級、1級)であれば一つのスキルとして積極的に記載できるレベルです。

企業により、求める英語レベルは異なる

一般的なビジネス英語レベルは、TOEIC600点以上、英検2級以上ですが、応募先企業により求める英語力の基準は異なります。海外との取引があるなどで日常的に英語を使用する企業にとっては、TOEIC600点台、英検2級では逆に「英語があまり得意でない」といったイメージを与えてしまう可能性があります。
求人票の募集要項や仕事の内容を確認し、必要な英語レベルを測り、記載するかを考えましょう。

TOEIC、英検などの書き方

履歴書の資格・免許欄に記載します。

TOEIC公開テスト(リーディング&リスニング)

「取得年月」「正式名称」「何点を取得したか」を書きます。ただし、たとえ高得点を取得していても、何年も前のことだと英語力が低下している可能性もあるとみられるため、あまり好ましいと言えません。また、スコアを確認するために公式認定書を求められるケースもありますので、事前に確認しましょう。

【TOEICの記載方法】

免許・資格
2018 12 TOEIC公開テスト 700点取得

TOEIC Bridge Test、TOEIC S&W(Speaking & Writing)など

TOEICには、初・中級向けのTOEIC Bridge Test、話す、書く力を測るTOEIC S&Wといった補足的なテストもあります。このうちTOEIC S&Wは、スピーキング・ライティング各200点満点中、それぞれ130点以上であればアピールになるとされますが、単独ではなくTOEIC 公開テストと合わせて記載することが必須と考えてください。また、TOEIC Bridge Testはいわば初級レベルなので、たとえ満点でもあまりアピールになることはないようです。

【TOEIC S&W(Speaking & Writing)の記載方法】

免許・資格
2018 10 TOEIC公開テスト 600点取得
2018 12 TOEICスピーキング&ライティング公開テスト スコア300/400点取得
(スピーキング150/200点 、ライティング150点/200点)

また、IPテストは、企業や学校が利用できる団体特別受験のテストです。これは、公開テストで過去に出された問題を出題し、公式の認定書が交付されないものです。履歴書に記載する場合は、「公開テスト」ではなく「IPテスト」と記載します。
ただし上記の理由から、企業によってはスコアとして認めない場合もあるので注意しましょう。

【TOEIC IPテストの記載方法】

免許・資格
2018 12 TOEIC IPテスト 700点取得

英検の記載方法

「取得年月」「正式名称」「何級に合格したか」を記載します。英検の正式名称「実用英語技能検定」と記載することに注意してください。

【英検の記載方法】

免許・資格
2018 6 実用英語検定 2級合格

資格以外で英語力をアピールする方法

実際のビジネスの現場で英語を使っている、もしくは過去に留学経験があるなどで、資格以外でも英語力をアピールしたい場合もあるでしょう。
その場合、特記事項欄に「英語力:流暢・ビジネスレベル」などと記載しましょう。その英語力を培った背景として、留学経験や社内業務での使用経験(海外へのレポート、テレカンなどの頻度)を記載するとよりアピールになるでしょう。

参考記事:履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)
参考記事:履歴書の免許・資格欄の書き方

リクルートエージェントでは企業ごとの特色だけではなく、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。面接対策や応募書類の作成が自分一人では難しいと感じる方は、ぜひご活用ください。
※ただし、ご経験・ご要望によっては、サービスをご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。