転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 職歴が履歴書に書ききれない時は?

職歴が履歴書に書ききれない時は?

転職回数が多かったり、派遣や契約社員として短期間の勤務を繰り返してきたりした結果、履歴書の職歴欄に、すべての職歴を書ききれない――。このような場合、どのように職歴を記載したらよいのでしょうか?対処法・注意点についてまとめていますので、参考にしてください。

職務の経歴は省略せず、すべて記載が原則

理由に関わらず、履歴書の職歴欄にはすべての職歴を記載することが原則です。故意に省略すると、応募先企業に経歴詐称ではないかと思われてしまう可能性や悪い印象を与えてしまうことも考えられます。省略して転職活動しても、入社後に年金の手続きなどで実際の職歴はわかってしまうため、職歴はすべて明記しましょう。

職歴が多い場合の書き方・注意点は?

あらかじめ下書きをしてみる

履歴書を書き進めていくうち職歴が書ききれないことがわかると、すべて書き直しとなってしまいます。そうならないように、まずは下書きをして、職歴欄に収まるかどうかを確認することをおすすめします。

「学歴」の一部を省略する

履歴書の職歴欄は、学歴も一緒に記載するようになっているので、学歴を省略するのも一つの方法です。一般的には小学校・中学校の義務教育の学歴は記載しなくても問題がないため、高校以降の学歴を記載すれば、その分、職歴を記載するスペースを作ることができます。

職歴を1社1行とする

一般的な記載方法では、入社年月と退社年月を分けて書くので、1社あたり2行となりますが、これを1行に収めることで、倍の職歴を記載することができます。

【書き方例】
XXXX年○月 株式会社△△△入社
XXXX年○月 株式会社△△△ 一身上の都合により退社

XXX年○月 株式会社△△△入社(XXXX年○月 一身上の都合により退社)

会社名は正式な社名で、部署名などは省略しても可

記載方法の工夫で省略を行う場合でも、会社名は必ず正式名称で記載することが原則です。法人格も(株)、(有)ではなく株式会社、有限会社と記載しましょう。一方、所属部署などは省略しても問題はありません。

それでも、職歴が書ききれない場合は?

職歴欄が多い履歴書を使う

記載内容を最小限に抑えても職歴欄に職歴が書ききれない場合は、職歴欄の大きな履歴書を選びましょう。Excel、Wordなどの履歴書テンプレートなら、編集して必要な職歴欄にアレンジすることも可能です。

職歴欄が多い履歴書テンプレートのダウンロード

職務経歴書に詳細を書く

職歴は職務経歴書にまとめ、履歴書に可能な限り職歴を書き、最後に「詳細については、職務経歴書をご参照ください」と記載するのもひとつの方法です。その際、職務経歴書には、履歴書と同様のフォーマットで入社・退社年月と会社名を順に並べた別紙を最初につけると、関連性がわかりやすくなります。

リクルートエージェントではレジュメ作成ツールの提供に加え、キャリアアドバイザーからも転職希望者の強みが伝わるような職務経歴書の書き方をアドバイスいたします。
※ただし、ご経験やご希望によってはサービスを提供できない場合がございますのでご了承ください。