転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 志望動機 > 志望動機の書き方とおさえたい3つポイント~履歴書・面接で使える例文付き

志望動機の書き方とおさえたい3つポイント~履歴書・面接で使える例文付き

履歴書などの応募書類でも、面接でも、必ず問われるのが「志望動機・志望理由」。採否を左右する、重要な項目の一つです。しかし、「どう伝えればいいのかわからない」「企業ごとに合わせて考えるのが難しい」と悩む人が多いようです。

企業は志望動機から何を読み取っているのか、そしてどういう視点でまとめればいいのか、「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーが詳しく解説。ポイントを踏まえた例文もご紹介します。

リクルートエージェント キャリアアドバイザー

前澤有哉
リクルートキャリアの転職エージェントサービス「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、主に電気・電子、機械系エンジニア全般を担当。

企業が志望動機・志望理由で知りたい3つのポイント

企業が志望動機から確認しているポイントは、主に「定着性(当社に定着し長く働いてくれそうか)」、「入社後活躍(強みを活かして活躍してくれそうか)」「意欲(当社への入社意欲が高いか)」。この「企業が知りたい3つのポイント」をうまく盛り込み、志望動機としてまとめるといいでしょう。

では、それぞれのポイントの考え方とまとめ方を具体的に解説しましょう。

志望動機のまとめ方

①定着性:この会社ならば、前職での不満が解消できると伝える

誰しも、今の職場に何らかの不満があるから転職を考えるもの。その不満が「この会社であれば解消できると思った」と伝えることで、読み手の納得度が高まり、長く活躍してくれそうだという安心感につながります。

ただ、不満をストレートに伝えるのは、ネガティブな印象を与えてしまうので損。不満を「正当な転職理由」に昇華させてから伝えることが重要です。

たとえば、「自分のやり方ばかりを押し付けてくる上司が嫌」という不満は良く聞かれますが、このまま伝えてしまっては「うちに入っても、合わない上司がいたらやめてしまうのだろうか」「本当に上司だけが悪いのか。現状を改善するための努力はしなかったのか」と言う印象を持たれてしまいます。単なる欠乏欲求と捉えられ、前向きな思いを感じることができません。

「上司が嫌」という不満の原因を掘り下げ、昇華させると、「自分で創意工夫してよりよい仕事の進め方を考え、1日も早く成長したいけれど、(上司が自分のやり方を押し付けるせいで)今の環境では叶えられない」となり、不満から「成長欲求を感じさせる転職理由」になります。

なお、面接の場で伝える場合は、「不満はあとから伝える」ことをお勧めします。まずは、①新しい環境で何を実現したいのかを伝えた後で、②現職ではそれが叶えられなかった、という順で伝えると、高い成長欲求をアピールできます。

②入社後活躍:今までの経験、スキルが活かせると具体的にアピールする

「入社後にすぐに活躍してくれそう」と思わせるには、応募する企業、応募する求人内容との共通点を見つけ、「これが活かせる」とアピールすることが大切です。

確実かつ手っ取り早いのは、求人情報を読み込むこと。求める人物像の中に、募集職種のコアスキルとなるキーワードが載っているはず。それが自分のスキル、強みに合うかどうか確認し、合うようならば前面に押し出してアピールしましょう。

もし、企業が求めているコアスキルと自身のスキルがあまりマッチしていないけれど、志望度が高いという場合は、「仕事の進め方」や「大事にしていること、優先していること」を確認するといいでしょう。こちらも求人情報や、ホームページなどに載っている場合が多いですが、ピンと来なければ「5W1H」の観点で確認し、応募企業・応募求人と自分との接点を見つけましょう。

「5W1H」による接点の見つけ方

下記6つの視点で、応募先企業・求人との接点を見つけ出し、それをアピールするといいでしょう。読み手に入社後の活躍ぶりをリアルにイメージさせることができます。

  • Who
    仕事でかかわる相手が近しいかどうか。対社外が多いか・対社内が多いか、個人顧客相手か・法人顧客相手か、関わるプロジェクトの人数が多いか・少ないか、などによって仕事の進め方は変わります。近しい環境であれば、仕事の進め方も似ている可能性が高いと言えます。
  • When
    仕事の期間が近しいかどうか。エンジニアであればプロジェクトのスパン、営業であれば1顧客に対する関わる期間の長さなどを確認しましょう。例えば、同じ機械系エンジニアでも、大型産業機器など数年かけて取り組むプロジェクトと、スマートフォン開発ど数カ月~1年程度のプロジェクトでは、仕事の進め方は大きく異なります。
  • What
    携わっている商品、サービスが近しいかどうか。有形か無形か、民生品か産業機器か、1つ数億円の大型製品か、1つ数円単位のものをロットで扱っているのかなどによっても、親和性は異なります。
  • Why
    仕事のテーマやミッションが近しいか。たとえば、同じ「エンジン開発担当者」であっても、燃費の良さを追求するのがミッションの場合と、より高回転を追求するのがミッションの場合とでは、仕事の進め方や考え方、身に付いている強みが異なるはず。
  • Where
    働く場所に親和性があるか。海外駐在経験がある人は、グローバル展開をしている企業で力を発揮できるでしょうし、客先常駐で仕事をしてきたエンジニアは、同じく客先常駐型で顧客との接点が多い職場で重宝されるでしょう。
  • How
    目標達成のための「手段」が近しいかどうか。例えば「コストダウン」一つとっても、人件費を見直すやり方もあれば、製品ロスを極力なくすというアプローチもあります。どういう手段で課題を解決しているのかチェックすれば、自身との接点が見えてくる場合があります。

なお、これらの過程でもし「応募先企業・求人では重視している項目だけれど、自分はまだ持ち合わせていない」というスキルに気づいたら、「○○はマッチしていて、すぐに力を発揮できると思うが、貴社が重視している△△はまだ足りないと認識していますので、キャッチアップの努力をします」と伝えられれば、さらに好印象です。

③意欲:会社の理念や戦略、方針に共感していることを伝える

ポイントは、「応募企業固有の志望動機になっているか」。同じ業界のほかの企業にも通用する内容だと、企業は「当社への入社意欲が低いのではないか」と不安視します。

それを避けるためには、ある程度の業界研究、企業研究が欠かせません。業界や企業に関するニュースを検索したり、企業のホームページを読み込むなどして、共感できる点を探すのが基本的な方法ですが、なかなか見つけられないという場合には、マーケティングの現場でよく行われる「3C分析」で導き出してみるといいでしょう。

「3C」とは、Company:自社、Customer:顧客、Competitor:競合のこと。1つ目の「Company」は、前述のStep2の「入社後活躍」の過程である程度深掘りできていると思いますので、「Customer」「Competitor」の視点で応募企業を見てみましょう。

まずは「Customer:顧客」。応募企業の顧客の目線に立って、その会社のいいところ、悪いところを自分なりに列挙してみましょう。その中から、好きな点、共感できる点がみえてくるはずです。BtoCの会社であれば、その会社の商品やサービスを使ってみるのはマスト。実際に使ってみた印象、感想を交えながら共感ポイントを伝えると、ぐんとリアリティが増します。「体験」は他にはない、オンリーワンの情報。その会社固有の志望動機にするためにも、是非組み込みたい情報です。なお、BtoBの会社であっても、身近な商品・サービスにつながっているケースが大半。例えば、製造している部品が車に使われている、食べ物の製造ラインで使われている…など。それを探って「体験」しにいくことが、説得力のある志望動機につながります。

「Competitor:競合」の視点も大切です。志望する業界の1位、2位企業のHPにざっと目を通してみましょう。応募企業とはまた違った理念や戦略、売り上げ構造などがわかり、応募企業の立ち位置や経営戦略・経営課題などが見えてきます。応募企業の理念、大切にしていることが競合他社とどう違うかを見ることで、その会社の社風、目指す方向性もつかめるため、「競合他社と異なる○○な視点に共感しました」など、よりオリジナリティのある伝え方が可能になります。

志望動機の履歴書への書き方・面接での伝え方

次に、上記のポイントで整理した志望動機の伝え方について解説します。

履歴書への書き方・記入例

履歴書の志望動機欄の大きさは限られています。3つのポイントについてふれることが理想ですが、文字量が増えすぎる場合は無理に詰め込む必要はありません。「定着性」「入社後活躍」「意欲」の順で重視する企業が多いので、「定着性」に重きを置いて記入するのも一つの手です。

【志望動機】
前職では○○の営業として、お客様に役立つご提案をして喜んでいただくことにやりがいを感じていました。その中で、単独での営業活動よりもチーム力を活かした営業活動のほうが、よりお客様への提案の幅が広がり、自分自身も成長できるのではないかと感じました。貴社ではさまざまな部門の担当者が連携し、チームワークを活かして顧客への提案・課題解決に取り組まれているということで、私が希望する働き方ができると考え、志望致しました。

面接での志望動機の伝え方・例文

面接でも上記3つのポイントを意識しましょう。「定着性」「入社後活躍」「意欲」の順でつたえていくと、より納得度の高い志望動機になります。

【面接での例文】
広告代理店で5年間、法人営業に携わってきました。顧客第一の姿勢が認められ、幸いにも営業成績は良く、年間トップの実績を上げた経験もあります。しかし、今の勤務先は評価制度が整っているとはいえず、もっと正当に実力を認めてくれる会社でやりがいを持って働きたいと考えるようになりました。結果とプロセスを総合的に見て、年次に関係なく頑張っている社員を評価、抜擢する姿勢の貴社で、是非思う存分力を発揮したいと考え、応募いたしました。

法人営業として現在約30社を担当し、顧客接点を増やして一から信頼関係を築いてきた経験は、顧客第一主義を貫く貴社においてもすぐに活かせると考えております。
また、貴社のWebサービス「○○」は私も普段から愛用しており、利便性の高さや操作性の良さにほれ込んでおります。業界トップシェアを目指して、愛情を持って営業に取り組めると確信しております。

【職種別】志望動機の書き方と例文

SE・ITエンジニア IT業界全般(未経験も含む)
社内SE 機械・電気・自動車エンジニア
営業 人事
販売 総務

【シチュエーション別】志望動機の書き方と例文(第二新卒・外資系企業向けなど)

第二新卒の転職の場合

第二新卒の転職の場合、入社1~3年という短期間で会社を辞めることになるため、「十分な実績や成果を挙げていない」「自信を持ってアピールできるスキルが身に付いていない」といった不安を抱く人が多数です。しかし、求人企業側は第二新卒層に対し、実績やスキルよりも今後成長する可能性(ポテンシャル)と、定着してくれるかどうかに注目しています。前の会社を辞める理由を踏まえて、今後自分がやりたいことを見据え、「この会社であれば頑張れる」という意思を伝えましょう。

【例文】
「学生時代は○○サークルに所属していたのですが、特に夢中で取り組んだのがイベントの企画・運営でした。多くの人を巻き込み、一つの目標に向けて協力して形にしていくことがとても楽しかったです。今の会社では営業を担当していますが、個々での活動が中心で、物足りなさを感じています。御社ではチームを組み、メンバーそれぞれの強みを組み合わせて顧客のニーズを実現していくと知り、自分がワクワクできる働き方ができるのではないかと思いました」

【参考記事】第二新卒の転職で伝わる「志望動機」の書き方と例文

外資系企業への転職の場合

外資系企業の採用においては、何よりも「専門スキル」が評価対象となります。とはいえ、「想い」や「情熱」なども選考に影響するのは、日本企業と変わりません。経験・スキルが同じレベルの複数人が最終選考に残ったとしたら、面接官はやはり「この会社に入りたい」という想いが強い人に心を動かされます。

ですから、志望動機を伝えるにあたっては、「自分の経験・スキルを活かして貢献できると思うから」という観点だけでなく、なぜその会社が好きなのか、どんな思い入れを持っているのかもしっかり伝えましょう。

I love traveling and joined ●● upon graduation from University.
I have three reasons why I would like to apply for your company`s open position.
Firstly, I wish I could use English at work. My effort to study English led to TOEIC800 score. I have no opportunity to utilize English at my current employer. Secondly, your company is strengthening direct flights to Asia where economic potential is huge.
Last of all, your company`s mileage program is getting more attractive.
These are the reasons why I would like to apply for the position.(私は旅行が好きで、大学卒業後●●に就職しました。今回の求人に興味がある理由は3つあります。まず、やっとTOEIC800点になった英語を職場で使いたいからです。2番目に御社のアジア路線強化を戦略的だと感じています。最後に、マイレージプログラムをどんどん魅力的なものにされていることが挙げられます)

【参考記事】外資系企業への転職、志望動機は英語でどう伝える?

志望動機が書けない場合

志望動機が思いつかないのは、転職する理由について「現状の不満解消」が焦点になっているからかもしれません。「今感じている不満を解消できればいい」。それだけに集中して「何がやりたいのか」「将来どうなりたいのか」に考えが及んでいないのではないでしょうか。

企業側は、「どんなスキルを活かして自社に貢献してくれるか」という点だけでなく、「自社でどんなふうに成長してくれるか」という点に注目しています。その「成長」の原動力こそが「志望動機」=「何をやりたいのか」「将来どうなりたいのか」であると考えられていますので、まずはその整理から始めましょう。

【参考記事】志望動機が書けない!転職活動で志望動機を伝える3ステップとは?【例文つき】

あわせて読みたい参考記事

履歴書の書き方
履歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式・PDF形式)
面接でよく聞かれる質問6つと評価される回答のポイント

リクルートエージェントでは企業ごとの特色だけではなく、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。面接対策や応募書類の作成が自分一人では難しいと感じる方は、ぜひご活用ください。
※ただし、ご経験・ご要望によっては、サービスをご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。