転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書の免許・資格欄の書き方

履歴書の免許・資格欄の書き方

履歴書の免許・資格欄を書くときは、どのような点に注意すればよいのでしょうか?ルールとポイント、書き方例をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

履歴書の免許・資格欄の書き方

免許・資格欄の書き方にはいくつかのルールがあります。免許証や合格証書などを確認し、以下を参考に正しく記入しましょう。

免許→資格の順に記載する

履歴書の仕様にもよりますが、「免許・資格」と欄に記載されている場合には、これにならい、最初に免許、次に資格の順番で書き、最後の行に「以上」と記載するのが一般的です。「資格・免許」と設定されている履歴書の場合は、「学歴・職歴欄」のように最初の1行目に「学歴」「職歴」と書き入れなくても問題ないでしょう。

取得年は西暦か元号で統一

免許・資格の取得年については、学歴・職歴や誕生日などの他欄と和暦・西暦を統一して表記します。取得月も併記することをおすすめします。いつ取得したのかがわかるようにするためです。

免許・資格名称は正式名称で

略称や通称を用いずに、正式な名称で記載しましょう。略称・通称では正確な免許・資格名称が分からない場合や、どの免許・資格なのか混同する可能性があるからです。取得時から名称が変わっているものは、「〇〇検定(現:△△検定)」というように、現在の名称を添えると親切です。

また、免許・資格によって「取得」「合格」など文言が異なるため、正しく使い分けましょう。これらを記すときは、正式名称の後に半角程度のスペースを設けると見やすくなるでしょう。

階級・種別・スコアなども記入

「実用英語技能検定〇級」「△級ファイナンシャル・プランニング技能士」などのように階級や種別、TOEIC(R)などのようにスコアがある場合は、併せて記載することをおすすめします。実際にどの程度の知識があるのか、正確に伝えるためです。

最後は「以上」と記載

すべての免許・資格を書いたら、最後の免許・資格を記載した次の行の右端に「以上」と記載しましょう。

免許・資格欄の書き方のポイント

書き方ルールを踏まえ、他にも以下の点に気を付けましょう。

仕事に直結しないものは不要

自分の能力を存分にアピールしたいからといって、仕事に直結しない免許・資格は一貫性に欠けるため、すべて書き出す必要はありません。ただし、運転免許は業務だけでなく通勤方法に関わる可能性があるため、記入することをおすすめします。

免許・資格を持っていない場合は…

企業は免許・資格を応募者の知識やスキルをはかる目安にしていますが、何も書くことがないからといって不安になることはありません。あなたのスキルや実務経験は、免許・資格以外でも自己PR欄や職務経歴書でアピールできるからです。

なお、求人情報に推奨資格等が提示されており、実際にあなたが取得を目指している場合は、その意欲を伝えるために「〇〇資格取得に向けて勉強中」と記入することをおすすめします。

免許・資格欄の書き方例

自動車運転免許の場合

免許・資格
平成20 3 普通自動車第一種運転免許 取得


取得日は運転免許証の左下に記載されています。交付欄には免許証発行日が記されており、取得日と異なる場合があるので注意しましょう。

また、「二・小・原(二輪・小型特殊自動車・原付)」など同じ種類で複数の免許を取得している場合は、運転免許センター発行の運転免許経歴証明書を参考にすることをおすすめします。

■各自動車免許の正式名称は以下の通りです

大型→大型自動車免許
中型→中型自動車免許
準中型→準中型自動車免許
普通→普通自動車免許
大特→大型特殊自動車免許
大自二→大型自動二輪車免許
普自二→普通自動二輪車免許
小特→小型特殊自動車免許
原付→原動機付自転車免許

その他の免許の場合

免許・資格
平成20 3 食品衛生責任者 取得

検定試験の場合

免許・資格
平成20 1 日本商工会議所簿記検定1級 合格

簿記などのように、主催団体によって階級が異なる検定もあるので、念のため合格証書を確認することをおすすめします

資格の場合

免許・資格
平成20 12 宅地建物取引士 取得