転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 > 履歴書に「在職中」を正しく書く方法は? 退職予定日が決まっていない場合の書き方も解説

履歴書に「在職中」を正しく書く方法は? 退職予定日が決まっていない場合の書き方も解説

在職中の転職活動を進める際、履歴書の書き方がわからずに困っている人もいるでしょう。「書類選考に通過するためにも、正しい書き方が知りたい」という人のために、在職中の履歴書の書き方を紹介します。
組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、履歴書の職歴欄や本人希望記入欄の正しい書き方を詳しく伺いました。在職中ならではの「書いておきたいこと・書かないほうがいいこと」についても解説します。

在職中の履歴書「職歴欄」の正しい書き方

まずは「職歴欄」の書き方を把握しましょう。

「在職中」もしくは「現在に至る」と書く

履歴書には「履歴書作成時の就業状況」を正しく書く必要があります。会社を退職せず、在職中に転職活動を進めている場合は、職歴の最後に「在職中」または「現在に至る」と記入しましょう。「在職中」「現在に至る」と書くことで、応募先企業側に現在も勤務中であることが伝わります。

職務経歴書をプロに添削してもらう

「在職中」の書き方例

「在職中」と書く場合は、現在勤務している企業のあとにスペースを空けて記入します。一行下に右寄せで「以上」と書くのを忘れないようにしましょう。

学歴・職歴
20XX 2 株式会社〇〇 入社 在職中
以上

 

「現在に至る」の書き方例

より細かく業務内容などを記載する場合は、職歴の最後の一行に左寄せで「現在に至る」と書きます。この場合も、一行下に右寄せで「以上」と記入しましょう。

学歴・職歴
20XX 2 株式会社〇〇 入社
開発事業部に配属。主に金融系のシステム開発に従事
現在に至る
以上

 

退職予定日が決まっている場合の書き方例

履歴書を作成する時点で、すでに退職予定日が決まっている場合は、職歴欄に退職予定日を記入しておくことをお勧めします。応募企業にとって「いつから就業が可能な人材なのか」を把握できるようにすることで採用計画が立てやすくなります。応募企業の計画に沿って働き始めることができる場合は、選考にプラスに働くケースもあるでしょう。

退職予定日の書き方は、職歴欄の「在職中」もしくは「現在に至る」の後に続けて「(20XX年△月×日 退職予定)」と記入しましょう。また、入社可能日や入社希望日が未定の場合は、退職予定日に続けて「(20XX年△月×日より就業可能/入社希望)」と記入すると良いでしょう。

学歴・職歴
20XX 2 株式会社〇〇 入社
開発事業部に配属。主に金融系のシステム開発に従事
現在に至る(20XX年5月31日 退職予定)
以上

 

職歴欄に書くことが多く、退職予定日や入社可能日・入社希望日を記入できるスペースがない場合は「本人希望記入欄」に書いても構いません。

退職予定日が決まっていない場合の書き方は?

在職中で退職予定日が決まってない場合は「在職中」「現在に至る」の書き方例に沿って記載しましょう。

退職の見通しが立ってないと、退職予定日を記載することはできません。自分の中で退職日を想定している場合でも、実際には引き継ぎなどに時間がかかってしまうケースもあります。こうした場合、内定を得ても入社日の調整などで相手に迷惑をかける可能性があり、最悪の場合は本人都合による内定辞退として入社できなくなることもあるので注意が必要です。

履歴書に退職予定日を記載しなくても、面接の段階で日程調整の相談をすることができます。履歴書には、確実に決定していることを記入しましょう。

アルバイト・パートで在職中の場合の書き方は?

アルバイトやパートとして在職中の場合は「入社(アルバイト/パート)」と書き、一行下に左寄せで「現在に至る」と書くと良いでしょう。さらに、一行下に右寄せで「以上」と記入します。

学歴・職歴
20XX 2 株式会社○○入社(アルバイト)
現在に至る
以上

 

2つ以上のアルバイトを掛け持ちしていた場合は「入社」のタイミングを時系列で順に書きましょう。退職している場合は、時系列で「退職」のタイミングも記入します。
また、1つでも在職している場合は、最後の行に左寄せで「現在に至る」と書きます。一行下に右寄せで「以上」と書くことも忘れないようにしましょう。

学歴・職歴
20XX 2 株式会社○○入社(アルバイト)
20XX 5 株式会社△△入社(アルバイト)
20XX 10 株式会社○○退職
現在に至る
以上

「本人希望記入欄」に書きたいこと、書かないほうがいいことは?【記入例あり】

ここでは、本人希望記入欄に書いておきたいことや、書かないほうがいいことについて解説します。

本人希望記入欄に書いておきたいこと

本人希望記入欄に書いておきたいことや注意したいポイントを把握しましょう。

在職中なら「連絡手段」「連絡が取れる時間帯」を書く

在職中の場合は、現職の業務と転職活動を並行しているため、業務時間内に連絡が取りにくい可能性があります。連絡が取れない場合は、ほかの候補者を優先して選考を進めるケースがあり、最悪の場合は選考対象から漏れてしまうこともあるので注意しましょう。

スピーディーに選考を進めるためにも、本人希望記入欄に連絡が取りやすい手段や連絡先、連絡が取れる時間帯を書いておくと安心できます。

【記入例】
在職中のため、9時~17時は業務時間ですので、お電話をいただいても出られない可能性がございます。
恐れ入りますが、留守番電話にメッセージを残していただくか、こちらのメールアドレスにご連絡いただけますと幸いです。
なるべく早いタイミングで折り返しのご連絡をさせていただきます。

募集職種が複数ある場合は「希望職種」を書く

求人情報に複数の募集職種が掲載されていた場合は「希望職種」を書いておきましょう。応募企業にとって、どの募集職種の候補者なのか把握しやすくなります。

【記入例】
営業職を希望いたします。

勤務条件など、絶対に譲れない希望条件がある場合は書く

育児や介護などのやむを得ない事情があり、勤務地や勤務時間について制限がある場合は必ず記載しましょう。無理な条件で採用されても働き続けることが難しくなります。

【記入例1】
母の介護のため、勤務地を東京都内とさせていただけますと幸いです。
【記入例2】
子どもの保育園の送迎があるため、当面の間、毎週火曜日・木曜日は18時半までに退勤させていただけますと幸いです。

健康上、通院などが必要な場合は書く

健康上の理由があり、就業の際に配慮を求めることが必要な場合は必ず記載しましょう。入社後に働き続けること自体が難しくなる可能性も踏まえておくことが大事です。業務に制限や支障のないことについては必ずしも記載する必要はありませんが、履歴書で事前に企業に伝えておいたほうが、自分にとっても安心できるでしょう。

【記入例】
月に一度、検査を受けることが必要なため、その際には通院のための午前休暇などを取らせていただけますと幸いです。

退職予定日が決まっている場合は「退職予定日」「入社可能日」を書く

退職予定日が決まっている場合は「退職予定日」と共に「入社可能日」も書き、いつから働けるのかを明示すると良いでしょう。
早期に働き始められることを伝えておけば、企業にとって「採用計画や今後の事業展開に合わせて働ける人材」として評価につながる可能性もあります。

記入例
退職予定日:20XX年△月×日
入社可能日:20XX年△月×日より就業可能(引き継ぎ期間に時間がかかる可能性もあるため、事前にご相談の上、調整させていただけますと幸いです)

絶対条件でない限り「貴社の規定に従います」と書くことがお勧め

本人希望記入欄は、基本的に自由に記載してよいものの、勤務条件などを書いた場合は「絶対条件」と受け取られる可能性があります。記入した内容によっては「採用要件に合わない」と判断され、書類選考に通過しにくくなる可能性もあるでしょう。

面接に進んでから相談することも可能なので、どうしても譲れない絶対条件でない限りは「貴社の規定に従います」と書くことをお勧めします。

書くことがない場合でも空欄は避ける

「書いておくべき譲れない条件がない」と考え、本人希望記入欄を空白にしたまま提出する人もいますが、応募企業が記入漏れと受け取る可能性もあるので、空欄は避けましょう。

その際には「特になし」「ありません」などの記載をすることに問題はありませんが、定型文として使われる「貴社の規定に従います」という一文を記入しておくほうが無難です。応募企業に違和感を与えないためにも、一般的な表現を心がけると良いでしょう。

本人希望記入欄に書かないほうがいいこと

本人希望記入欄への記載をお勧めしないことや注意したいポイントについて紹介します。

給与・待遇などにかかわる希望条件

どうしても譲れない条件の場合は記入しても構いませんが、内容によっては「採用条件に合わない」と判断され、書類選考に通過できなくなる可能性があります。

給与・待遇については、面接選考の過程の中で詳細を確認することができます。まずは選考を受けてみてから昇給制度や過去の年収事例などを確認し、総合的に判断することをお勧めします。
また、面接選考の過程で、給与・待遇の希望条件について相談することも可能です。最終選考の際に「現職の年収」「希望する年収条件」などを確認されるケースも多いので、そのタイミングで相談してみると良いでしょう。

在職中の履歴書の書き方でよくあるQ&A

有給消化中の場合は、職歴欄にどう書く?

有給休暇の消化期間中に応募する場合でも、退職日までは「在職中」になります。職歴欄には「在職中」または「現在に至る」と記入しましょう。また「退職予定日」「入社可能日」が決まっている場合は、そちらも書いておきましょう。

「退職」と「退社」、どちらで書くのが正しい?

どちらでも問題ありません。「退職」も「退社」もどちらも会社をやめたことを意味しますが「退社」には「勤務を終えて会社を退出する」という意味もあります。混同させないためにも「退職」と書くのをおすすめします。

在職期間が1カ月でも職歴欄に書くべき?

履歴書には、すべての職歴における入退社を書く必要があります。短期間の勤務であっても職歴はすべて記入するのがルールとなります。

以前、在籍した会社が社名変更した場合はどう書く?

会社名が変更された場合は、履歴書には変更前・変更後の両方の社名がわかるように記入することをお勧めします。在籍していた当時の社名を明記の上、続けて「(現・〇〇社)」と書くのが一般的です。

退職予定日はどう決まる?

一般的には退職したい日の1〜3カ月程度前のタイミングで、現職の上司に退職意思を伝え、そこから退職予定日の調整をします。引き継ぎ期間や人員補充などに期間がかかるケースもあり、自分の想定通りの期日に退職できるとは限らないので注意しましょう。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

記事作成日:2019年02月20日
記事更新日:2021年07月01日
記事更新日:2023年07月04日 リクルートエージェント編集部

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。