転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > Q&A > 履歴書に関するQ&A > 履歴書での自己PRのポイントや注意点を教えてください
履歴書に関するQ&A

履歴書での自己PRのポイントや注意点を教えてください

履歴書は書式が決まっているため、ほかの応募者と差をつけることが難しいように思います。うまく自己PRするには、どんな工夫をすればいいのでしょうか。ポイントや注意点を教えてください。

(27歳・MR)
“見やすく”、“わかりやすく”、“応募先との接点を意識して”作成しましょう

履歴書を作成するときには、“見やすく”、“わかりやすく”という基本を守ることを、まずは心がけてください。具体的には、以下のようなポイントに留意しましょう。

・文字は丁寧に書く
・誤字や脱字がないようにし、修正液は使わない
・写真はきちんとした証明写真をまっすぐに貼る

どれも初歩的なことのように思うかもしれませんが、こういったマナーすら守られていない履歴書も多くあります。また、履歴書を丁寧に書くのは、意外に時間がかかるもの。手間暇をかけたことは紙面から自ずとにじみ出ますので、“見やすく”、“わかりやすく”を意識するだけでも、人事にはあなたの熱意が伝わるはずです。

そのうえで工夫したいのは、「志望動機」欄の書き方です。「定着性(当社に定着し長く働いてくれそうか)」、「入社後活躍(強みを活かして活躍してくれそうか)」「意欲(当社への入社意欲が高いか)」の3つのポイントを意識して記入するようにしてください。特に「入社後活躍」は、これまでの職歴と応募先との接点を意識して、活かせる経験があることを具体的にアピールすると説得力が増します。自分の言葉で、具体的に伝えることがポイントです。

【参考】志望動機の書き方とおさえておきたい3つのポイント

文責: リクルートエージェント編集部 (2019/5/13更新)

転職に関する疑問や悩みをリクルートエージェントのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?