転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 > 「御社」「貴社」の違いは?面接やメールでどのように使い分けたらいい?

「御社」「貴社」の違いは?面接やメールでどのように使い分けたらいい?

応募書類や面接で応募企業について言及する場合、「御社」と「貴社」はどちらを使用したらいいのでしょうか。また、自社を指す「弊社」「当社」の使い分けは…?

応募書類や面接で使用する丁寧語のうち、迷ってしまう方の多い「御社」「貴社」や「弊社」「当社」の使い方と例文を解説します。

「御社」と「貴社」の違いとは?

「御社」と「貴社」の使い分けは、口頭か文章かの違いによるものです。面接など口頭で相手企業を示す場合は「御社」、応募書類など文章で相手企業を示す場合は「貴社」を使うことが一般的です。もともと「貴社」を使っていたものの、「記者」「汽車」「帰社」など同音の言葉が多く紛らわしかったため、同音を避けようとする話し言葉において使われ始めたのが「御社」と言われています。

「御社」も「貴社」も、ビジネスシーンで頻繁に使用される用語ですが、どちらも相手の企業を丁寧に呼ぶ際に使われる言葉で、営業や顧客対応などの業務では日常的に使われています。転職活動では、応募書類や面接で応募企業について伝える機会が多いため、この2つの言葉の使い方を理解しておきましょう。

なお、「御社」「貴社」は相手を敬う言葉のため、「御社様」「貴社様」など、さらに “様”をつける二重敬語は避けましょう。

「御社」と「貴社」の間違いは選考に影響する?

「御社」と「貴社」の使い分けについて、2018年にリクナビが新卒採用に携わる人事担当者に調査を行いました。その結果、人事の7割以上が「『御社』と『貴社』の使い間違いは、選考に影響しない」と回答しています。

選考時、学生が「御社」と「貴社」の使い方を間違えていたら、選考に影響しますか? (n=500)

「貴社」「御社」を学生が間違って使用していたら、人事担当者は気にするかどうかのアンケート結果

※リクナビ就活準備ガイド:「御社」と「貴社」の違いとは? 面接やエントリーシートではどちらを使う?例文付きで解説

中途採用は即戦力となる経験・スキルを重視する傾向があるので、「御社」と「貴社」の使い方の間違いが選考に大きく影響したり、不採用になったりするケースは少ないと言えそうです。ただし、気にする企業もあるため、使い分けを理解して選考に臨みましょう。

「御社」と「貴社」の例文

「御社」と「貴社」の具体的な使い方について、面接で必ず聞かれる「志望動機」と「自己PR」の例文でご紹介します。

「御社」を使用した面接の例文(志望動機)

食品メーカーの営業として、約100社の方に商品提案をして参りました。2年前からSFAやMAなどの営業支援ツールが導入されたため、新規開拓を商品企画やマーケティング部門と共同で推進するようになりました。その結果、新規顧客は昨年対比170%、既存顧客は昨年対比130%アップすることができました。この経験を通して、顧客に有効な情報を効率よく提供することの重要性を感じ、IT、特に最も成長しているSaaSビジネスで自分の力を試したく、御社を志望いたしました。

御社は小売り・飲食向けの独自開発のソフトウェアを提供されており、私は「小売り・飲食分野の非効率を解決する」というミッションに共感しております。市場の中でもシェアが高く、顧客から高く評価されていることが事例からも伝わり、魅力を感じました。

これまで既存顧客に対しては、カスタマーサクセスを心掛けたフォローで継続率を維持し、アップセル、クロスセルを通して顧客単価を上げてきました。新規開拓、既存顧客の満足度向上の両方で、御社の事業に貢献したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

「貴社」を使用した応募書類の例文(自己PR)

チーム力を高めて成果に結びつける「リーダーシップ」を強みとしております。

前職では、ユーザー数100万人のwebサービスの新機能の開発プロジェクトを担当していました。当時、社内では若手でしたが、世に役立つプロダクトを生み出せるチームを創りたいと考え、経験もスキルも不足していることを承知の上で5名のチームのリーダーを自ら志願。チームリーダーとして、生産性を上げる施策(レビュー会の開催、1on1、プロジェクト管理ツール、CI/CDの導入など)や、ビジネスサイドへの対応を担当するなど、チームを牽引してきました。自分よりベテランのメンバーもいる中、施策や開発合宿などを行うことで、チーム力を高め、無事に新機能の開発に成功しました。

今後もテックリードとして、貴社においても生産性の高いエンジニアチームを創り、良いプロダクトを生み出していきたいと考えております。

気をつけよう!「御社」「貴社」を使わないケース

銀行や学校、病院など、業態によっては「御社」「貴社」を使わないケースもあります。代表的な例をご紹介します。

銀行・信用金庫 銀行  :「御行」「貴行」
信用金庫:「御庫」「貴庫」
学校・学校法人 「御校」「貴校」
省庁 「御省、御庁」「貴省、貴庁」
病院 「御院」「貴院」
協会 「御協会(御会)」「貴協会(貴会)」

自社のことは「弊社」「当社」のどちらを使う?

相手企業のことを「御社」「貴社」と呼びますが、自社のことは「弊社」「当社」と呼ぶことが一般的です。「弊社」はへりくだった表現になるので、相手を敬う姿勢を伝えたい場合は「弊社」、「当社」は自社を丁寧に伝える言葉になるので、自社を紹介する場合などに使うケースが一般的です。

なお、応募書類や面接などで所属企業について伝える場合は、へりくだる必要がないため「現職」「勤務先」を使用します。退職している場合は「前職」「以前の勤務先」を使いましょう。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。

記事作成日:2022年03月01日 記事更新日:2023年04月05日

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。