転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き) > 履歴書の「学歴・職歴欄」の正しい書き方(見本あり)

履歴書の「学歴・職歴欄」の正しい書き方(見本あり)

履歴書の「学歴・職歴欄」の正式な記述はどのようものなのでしょうか?

記述の仕方によって、学んだことがアピール材料となることもあります。ここでは、特に「学歴」に関する書き方をまとめました。

履歴書「学歴欄」の基本的な書き方

学歴・職歴欄の一番上の行の中央に「学歴」と記載し、その下に入学・卒業年次、月、学校名などを書くのが一般的です。

<学歴欄の記入例>

学歴・職歴
学歴
20XX年 4月 私立〇〇高等学校 入学
20XX年 3月 私立〇〇高等学校 卒業
20XX年 4月 〇〇大学□□学部△△学科 入学
20XX年 3月 〇〇大学□□学部△△学科 卒業
以上

和暦か西暦、どちらかで統一

入学・卒業年次の記載は、和暦・西暦どちらでも構いません。ただし、いずれかに統一することが大切です。学歴欄内だけでなく、履歴書全体を通して統一するようにしましょう。各項目で和暦・西暦が混在していると、履歴書に一貫性がなくなってしまいます。

学歴欄は高等学校入学からでよい

転職活動の場合、小・中学校の義務教育の記載は省略し、高等学校入学から書いても問題ありません。義務教育を記載する場合は卒業年次のみ、高等学校以降は入学年次と卒業年次を記入します。

学校名・学科、コース、専攻名は正式名称を書く

高等学校

履歴書には「高校」と省略せず、「高等学校」と正式名称を書きましょう。特定の学科・コースに所属し、学んだ知識が応募する仕事に活かせる場合は、これらの正式名称も記載することをおすすめします。
入学、卒業と同じ学校名が続きますが、「同上」などと省略せず、正式名称を記載しましょう。

<高等学校の学科・コースを記載する場合の記入例>

学歴・職歴
学歴
20XX年 4月 私立〇〇高等学校 国際科 入学
20XX年 3月 私立〇〇高等学校 国際科 卒業
20XX年 4月 〇〇大学□□学部△△学科 入学
20XX年 3月 〇〇大学□□学部△△学科 卒業
以上

 

大学院・大学・短大・専門学校

学校名のほか、学部・学科・専攻までを正式名称で書くのが一般的です。応募する企業、業務内容に関連しそうな研究をしていた場合は、学校名の一つ下の行に併記してもよいでしょう。自分が学んだ分野・専門が、業務に関連しているというアピールになる可能性があります。

<大学での研究テーマを記載する場合の記入例>

学歴・職歴
学歴
20XX年 4月 私立〇〇高等学校  入学
20XX年 3月 私立〇〇高等学校  卒業
20XX年 4月 〇〇大学□□学部△△学科 入学
20XX年 3月 〇〇大学□□学部△△学科 卒業
卒業論文「有機LEDの温度変化における特性について」
以上

パターン別の学歴欄の書き方 例文付き

中途退学した場合

中途退学した場合、履歴書にその旨を書く必要があります。記載しないと、中途退学するまでの期間が空白となり、空白期間中の行動について採用担当者が気にする可能性があるからです。

書き方は、学校名の後に「中途退学」と記します。「中退」と省略しないようにしましょう。また中途退学した経緯が、経済的な事情などやむを得ない場合や、意思を持ってほかのことにチャレンジしたなど前向きな理由の場合は、その理由を記載することをおすすめします。

<中途退学した場合の記入例>

学歴・職歴
学歴
20XX年 4月 私立〇〇高等学校 入学
20XX年 3月 私立〇〇高等学校 卒業
20XX年 4月 〇〇大学□□学部△△学科 入学
20XX年 7月 〇〇大学□□学部△△学科 中途退学(経済的事情により)
以上

浪人・留年した場合

浪人・留年は、履歴書に明記する必要はありません。入学・卒業年月を見ればわかることだからです。ありのままの入学・卒業年次を記載しましょう。

休学した場合

休学した場合は、入学と卒業の間の行に「期間」と「理由」を記載しましょう。病気や怪我による休学の場合は、仕事内容によっては業務への影響を気にする企業もあるので、業務には影響がないといった但し書きを入れることをおすすめします。

<休学した場合の記入例>

学歴・職歴
学歴
20XX年 4月 私立〇〇高等学校  入学
20XX年 3月 私立〇〇高等学校  卒業
20XX年 4月 〇〇大学□□学部△△学科 入学
3年次に、病気療養のため1年休学(現在は完治)
20XX年 3月 〇〇大学□□学部△△学科 卒業
以上

留学した場合

留学していた場合は、入学と卒業の間の行に「期間」、「国名」、「学校名」を記載しましょう。ただし、学歴欄に記載できる留学は「期間が1年以上の場合」が一般的です。短期間の留学でもそこで学んだ内容が応募する仕事内容に関連する場合は、自己PR欄などでアピールする方法もあります。

<留学した場合の記入例>

学歴・職歴
学歴
20XX年 4月 私立〇〇高等学校  入学
20XX年 3月 私立〇〇高等学校  卒業
20XX年 4月 〇〇大学□□学部△△学科 入学
2年次に1年間〇〇国□□大学へ留学
20XX年 3月 〇〇大学□□学部△△学科 卒業
以上

【参考記事】履歴書に留学経験はどう書くといいの?─効果的にアピールする例文付き

最終学歴が大学院卒の場合

大学院を卒業した場合、履歴書の学歴欄には「卒業」ではなく「修了」とするのが正しい書き方です。大学院には「修士課程」と「博士課程」があるため、修士課程まで終えたなら「修士課程 修了」、博士課程まで進んで終えたなら「博士課程 修了」と課程ごとにわけて記入します。

なお、博士課程まで単位を取得し、博士号の学位は取得しなかった場合は「博士課程 単位取得退学」とします。

<大学院卒の場合の記入例>

学歴・職歴
学歴
20XX年 4月 私立〇〇高等学校 国際科 入学
20XX年 3月 私立〇〇高等学校 国際科 卒業
20XX年 4月 〇〇大学□□学部△△学科 入学
20XX年 3月 〇〇大学□□学部△△学科 卒業
20XX年 4月 〇〇大学大学院□□研究科△△専攻 修士課程 入学
20XX年 3月 〇〇大学大学院□□研究科△△専攻 修士課程 修了
20XX年 4月 〇〇大学大学院□□研究科△△専攻 博士課程 入学
20XX年 3月 〇〇大学大学院□□研究科△△専攻 博士課程 修了
以上

職業訓練校は「職歴欄」、民間スクールでの学びは「資格・特技欄」に書く

職業訓練校はハローワークの見解として学歴欄に記載しても差し支えないとされていますが、実際は「職歴欄」に記載することのほうが多くあります。

というのも、採用担当者からすると、「職歴欄」を見れば、どの会社を退社後にどのような職業訓練を受講したのかが一目で伝わりやすいからです。特に、応募する企業の業務に直結するような内容であれば、アピールポイントとなる可能性もあるでしょう。

また、認可を受けた専門学校以外の民間スクールなども学歴としては記載せず、「資格欄」や「特技欄」、「特記事項欄」に書くことが一般的です。

<職業訓練校を受講した場合の記入例(職歴欄)>

学歴・職歴
職歴
20XX年 4月 株式会社〇〇 入社
20XX年 2月 一身上の都合により退職
20XX年 4月 職業訓練校△△コース 入校
20XX年 3月 職業訓練校△△コース 修了
以上

【参考】履歴書作成に関する記事

履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)

・履歴書の職歴欄の正しい書き方

記事作成日:2019年1月31日   記事更新日:2021年7月1日   

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。