転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書を持参して手渡しする場合のマナー

履歴書を持参して手渡しする場合のマナー

履歴書を企業に提出する際、郵送やメールではなく、面接時に持参するよう指示されることがあります。

履歴書を面接の担当者に直接渡すとき、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。マナーと注意点を紹介します。

履歴書は封筒に入れる

汚れや破損を防ぐためにも、封筒に入れて持参しましょう。履歴書は企業に提出する大切な書類ですから、書面が汚れていたり、端が折れ曲がったりしていると、あなた自身のイメージダウンにつながってしまう可能性があります。

 封筒は「角形A4号(角A4)」か「角形2号(角2)」を使う

履歴書はできるだけ折り目をつけないほうが、担当者が扱いやすいでしょう。履歴書を二つ折りにして入れられる、角形A4号(タテ312×ヨコ228mm)、または角形2号(332×240mm)の定形外封筒がおすすめです。

封筒に「住所と名前」「履歴書在中」と記載する

面接に赴いた際、受付で履歴書の提出を求められることもあります。面接担当者以外の人に履歴書を渡すことも想定し、封筒の表面には赤字で履歴書在中、裏面には誰の応募書類かわかるように、黒色で住所(郵便番号、都道府県も記載)と氏名を書きます。

封筒に「住所と名前」「履歴書在中」と記載したイメージ

 汚れや破損を防ぐため、クリアファイルに入れる

履歴書が汚れたり破損したりしないよう、クリアファイルの使用をおすすめします。職務経歴書や他の提出書類とまとめてクリアファイルに入れ、封筒に入れると良いでしょう。
また、封筒が折れ曲がったりしないよう、余裕をもって入れられる大きめのカバンを用意しておくことをおすすめします。さらに、雨の日は封筒をビニール袋に入れておくと安心です。

履歴書の渡し方

履歴書を渡すときは、相手が選考に直接関係する人である場合でも、ない場合でも、ビジネスパーソンとしてふさわしい、ていねいな対応を心がけましょう。

封筒から出して渡す

面接時に面接官に履歴書の提出を求められたら、封筒から出してから手渡しします。
受付などで面接担当者以外に渡す場合には封筒のまま提出します。

渡し方

「面接官に履歴書を渡す」「受付で封筒ごと渡す」いずれの場合も、両手で封筒または履歴書の上部を持ち、相手側に正面を向けて差し出します。

【ファイルの場合】

ファイルの場合の封筒の渡し方

【封筒の場合】

封筒の場合の履歴書の渡し方

参考記事:履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)

履歴書作成には相当な時間と手間がかかるもの。とくに複数社にわたる応募手続きをする場合、一枚一枚履歴書を作成するのは大変な作業です。
そんな皆さんの負担を減らしたいと、リクルートエージェントでは履歴書に代わる「キャリアシート」をご用意しています。簡単に書類を作成・修正でき、複数社への応募手続きもスピーディーに行えます。