転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き) > 履歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式・Excel形式・PDF形式)

履歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式・Excel形式・PDF形式)

履歴書には、基本的なテンプレートのほか、応募企業にアピールしたい内容に応じて欄のボリュームや補足項目を追加したテンプレートがあります。履歴書を作成する際、たとえば「豊富な経歴を詳細に伝えたい」、「職務経験が浅いのでヒューマンスキルを強調したい」、「志望動機をしっかり書きたい」など、人によって協調したいポイントは異なるもの。自分が伝えたい内容に合わせてテンプレートを選ぶとよいでしょう。

ここでは自分にマッチする履歴書を見つけるためのアドバイスと、ダウンロードしてすぐに使えるテンプレートをご紹介します。

履歴書テンプレートのダウンロード

履歴書には、厚生労働省が作成した様式のほか、数多くのテンプレートが存在します。ここでは基本のテンプレートと、アピールしたい内容に合わせた3パターンのテンプレートを紹介します。自分に合った形式をダウンロードして活用ください。

履歴書テンプレートの種類(A4判※見開きA3サイズ) ダウンロードリンク 見本へのリンク
1)基本のテンプレート(厚生労働省様式) 見本
2)長所や個性をアピールしたい方向け 見本
3)いくつかのポイントで自分をアピールしたい方向け 見本
4)志望動機をアピールしたい方向け 見本

※ページ内の見本に移動します

履歴書テンプレートの選び方

履歴書のテンプレートは、企業から特に指定がない限り、どの種類を使っても問題ありません。種類ごとの特徴とメリットを知って選ぶことで、より自分自身のことを伝え、アピール度を高められる可能性があります。何を強調したいか、伝えたいかを考えて選択してみましょう。

明確に伝えたいものがない場合でも、自分が書きたいと思う項目欄が大きいか、逆に書くことがあまりない項目欄が小さいかといった視点で見ていくと、自分にふさわしいテンプレートが見つかるでしょう。

基本のテンプレート(厚生労働省様式)

2021年4月に厚生労働省が公正な採用選考を行うことを目的として制作した様式です。
一般的に流通している履歴書の様式から、下記2点を変更しています。
「性別」欄は〔男・女〕の選択ではなく任意記載欄になっているので、未記載とすることも可能です。また「通勤時間」「扶養家族数(配偶者を除く)」「配偶者」「配偶者の扶養義務」の項目がないので記入する必要がありません。

【基本のテンプレート(厚生労働省様式)履歴書例】

履歴書 書き方

【基本のテンプレート(厚生労働省様式)履歴書】ダウンロード

 

長所や個性をアピールしたい方向け

経歴が浅い場合や、応募する職種によって自分自身の長所や個性をアピールしたい場合のテンプレートです。学歴・経歴、資格・免許欄を小さくする代わりに、特技や長所、短所などを自由に書き込める構成となっています。

【長所や個性をアピールする履歴書例】

【長所や個性をアピールする履歴書】ダウンロード

 

いくつかのポイントで自分をアピールしたい方向け

多面的に自分をアピールするために、趣味・特技、長所・短所、自己PR欄を、それぞれある程度の分量で書き込めるようにしたテンプレートです。伝えたいこと、強調したいことがいくつもある、という方向けと言えるかもしれません。

【いくつかのポイントで自分をアピールする履歴書例】

【いくつかのポイントで自分をアピールする履歴書】ダウンロード

 

志望動機=入社を希望する気持ちをアピールしたい方向け

職歴や経験はあまり自信がないものの、強い志望動機がある、異業種からの転職になるがぜひ入社して活躍したい、という意欲を強調できるフォーマットです。入社後の目標なども伝えやすいスタイルとなっています。

【志望動機をアピールする履歴書例】

【志望動機をアピールする履歴書】ダウンロード

 

よくある質問

Q.履歴書はA4サイズ 1枚でもいいですか?

A.特に決まりはありませんが、記入スペースが限られるため、転職者の場合はA4 サイズ2枚もしくはA3サイズ 1枚にまとめることをおすすめします。

Q.履歴書と職務経歴書の違いを教えてください

A.履歴書と職務経歴書は役割と用途が違います。履歴書は氏名、連絡先、学歴、職歴といった応募者の基本的なプロフィールを伝えるものです。一方、職務経歴書はこれまで経験した職種、業務経験やスキルを伝えるもので、履歴書ほど決まった形式はなく、読みやすくアピールしやすい形式で作成します。

Q.自己PRなどは履歴書と職務経歴書とで書き分ける必要はありますか?

A.書き分ける必要はありません。履歴書と職務経歴書での記入する項目が重なる場合には、履歴書の記入欄に「職務経歴書を参照」と記入し詳細を職務経歴書に記入する方法もあります。

Q.履歴書を郵送する場合は折ってもいいですか?

A.見開きの履歴書を郵送する場合、A3はA4 、B4はB5サイズになるよう、記載面を表側にして中央を二つ折にしましょう。

Q.履歴書の日付はいつにすればいいですか?

A.履歴書を提出する年月日を記入します。最新の情報として提出するため、郵送の場合は投函日を、持参する場合は当日の日付を記載しましょう。

Q.履歴書に添付する写真はどこで撮ればいいですか?

A.履歴書写真の撮影手段は、写真館、スピード写真、自撮りなどがあります。写真館ではプロならではの仕上がりが期待できるでしょう。スピード写真や自撮りの場合は、髪や服装の乱れを直し、正しい姿勢を意識して撮影するとよいでしょう。

Q.履歴書をメールで送る場合は写真なしでもいいですか?

A.応募先から写真不要と指示がない限り、写真は必要です。撮影した画像データを履歴書に挿入して、写真欄に貼りつけるのが一般的です。

Q.写真のサイズに規定はありますか?

A.タテ40mm×ヨコ30mmが一般的ですが、履歴書によって写真のサイズに違いがあるので、事前に確認しておきましょう。またメールやweb上で写真のみを送付する場合は、一般的に560×420ピクセルと600×450ピクセルの2種類が多いです。

Q.履歴書をメールで送るときの注意点はありますか?

A.件名は「○○○職応募の件/氏名(フルネーム)」というように開く前に中身の予想がつくよう簡潔に記載しておくとスムーズです。本文は、「1.宛名」「2.氏名」「3.応募の経緯」「4.要件」「5.結びと挨拶」「6.署名」の順番で作成するとよいでしょう。応募にあたっての必要な情報が分かりやすく、漏れなく記載されていることが大切です。

Q.ダウンロードした履歴書フォーマットを自分仕様に変更しても問題ないですか?

A.問題ありません。住所・氏名・連絡先・学歴・職歴については記載が必要ですが、例えば職務上特技が必要ないのなら削除して自己PR欄を広くとり、厚くアピールすることも可能です。書けることが少なくて空白が目立ってしまう場合には、レイアウトに気をつけて欄を小さくしても構いません。

あわせて読みたい参考記事

履歴書の書き方と見本【テンプレートダウンロード】
履歴書・職務経歴書に同封する送付状(添え状)の書き方とマナー【テンプレート付】
履歴書や職務経歴書の封筒の書き方と送付時のマナー
職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本とフォーマットダウンロード

記事作成日:2019年2月19日 記事更新日:2022年4月4日

履歴書作成には相当な時間と手間がかかるもの。とくに複数社にわたる応募手続きをする場合、一枚一枚履歴書を作成するのは大変な作業です。
リクルートエージェントでは履歴書に代わる「キャリアシート」をご用意しています。簡単に書類を作成・修正でき、複数社への応募手続きもスピーディーに行えます。またあわせて職務経歴書の作成もサポートいたします。