転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き) > 履歴書のサイズはA4とB5、どちらで作った方がいい?

履歴書のサイズはA4とB5、どちらで作った方がいい?

履歴書サイズ

転職活動を行うにあたり、必ず必要となる「履歴書」。複数市販されている履歴書用紙の中から、どのサイズ・書式を選べばいいのかについて、人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏が解説します。

履歴書のサイズは「A4」または「B5」

履歴書用紙は、文具店・書店・コンビニエンスストア・100円均一ショップなどで販売されており、サイズは以下の2種類があります。

  • A4サイズ(A3・2つ折り) 縦:297mm×横:420mm
  • B5サイズ(B4・2つ折り) 縦:257mm×横:364mm

以前は、履歴書用紙といえばB5サイズが一般的でした。しかし、ビジネス文書の多くがA4サイズで作成されることから、現在はA4サイズも普及しています。

企業の指定がなければ、A4・B5いずれでもOK

応募先企業から指定されていない場合、A4・B5いずれのサイズを使っても構いません。当然ながら、採用担当者が注目するのは履歴書の「記載内容」ですので、履歴書のサイズ選択が選考に影響することはありません。

では、どのような基準で履歴書用紙を選べばいいのでしょうか──自分が書きやすいかどうか、見栄えよく仕上がるかどうかを重視しましょう。履歴書の項目や欄の形・サイズなどは、メーカーによって異なります。履歴書に多く書きたい項目について、大きなスペースがとられている書式のものを選ぶといいでしょう。

例えば、学歴・異動歴・転職歴などが多い場合は「学歴・職歴」の欄が大きいもの、自身の強みや志望動機をアピールしたい場合は「志望動機」「自己PR」などの欄が大きいものを選ぶことをお勧めします。

履歴書をA4サイズで書くメリットとは?

A4サイズを使用するメリットは、B5よりも用紙の面積が大きいため、より多くの内容を記載できる点にあります。職務経歴が多い人や、「志望動機」「自己PR」などの欄にしっかりと書き込みたい人はA4サイズを選ぶといいでしょう。

なお、転職の場合の履歴書は通常、職務経歴書とセットで提出することになります。
職務経歴書は一般的にA4サイズで作成しますので、サイズを統一するという観点ではA4サイズが望ましいと言えるかもしれません。
相手企業の保管の仕方によっては、文書のサイズが揃っているほうが歓迎される可能性もあります。

履歴書をB5サイズで書くメリットとは?

B5サイズはA4サイズに比べると面積が小さく、記載できる量が少なくなります。ですから、履歴書にあまり書くことがない人にとっては、記載量が少なくてもスカスカした印象になりにくいB5を選択するのも一つの手だと言えるでしょう。

職務経歴の詳細や自己PRは職務経歴書に記載するとして、履歴書はシンプルに見せたいのであれば、B5サイズはバランスがとれた見栄えに仕上げやすいメリットがあります。

履歴書テンプレートを使い、PCで作成する場合のポイント

市販の履歴書用紙を購入して記入するほか、PCで履歴書のテンプレートをダウンロードして使用する方法もあります。

次のうちいずれかの方法で作成します。

1)PDF形式のテンプレートをダウンロードして印刷し、手書きで作成する
2)WordやExcel形式のテンプレートをダウンロードし、PC入力で作成後、印刷する(あるいはPDFに変換する)

2)の場合、一度作成しておけば繰り返し使えるため、応募書類作成を効率化できます。
また、メールで応募書類を提出する場合もスピーディに完了できます。

履歴書のテンプレートには、厚生労働省が制作した様式をはじめ、さまざまな種類の書式が存在します。応募企業から指定がなければ、どの書式を使っても問題ありません。
例えば、次のような目的のテンプレートがありますので、自身に適した書式のものをダウンロードして活用するといいでしょう。

  • 長所や個性をアピールする
  • いくつかのポイントでアピールする(趣味・特技・健康状態・自己PRなど)
  • 志望動機をアピールする
  • 職務経歴+志望動機をアピールする

以下より、履歴書テンプレートのダウンロードが可能です。

PCで履歴書を作成した場合の印刷方法

PCで作成した場合、印刷で迷いが生じがちです。市販の履歴書と同様の体裁にするには、「見開き」で印刷し、2つ折りにしてA4サイズかB5サイズとします。

つまり、A3またはB4サイズで印刷することになりますが、家庭用のプリンターの場合、A4サイズ以下にしか対応していない機種も多いと思います。この場合、A4またはB5で片面ずつ印刷し、2枚をクリップで留めて提出する方法もありますが、相手企業側の管理方法によっては好まれない可能性もあります。

履歴書の定番スタイルである2つ折りで提出するなら、コンビニエンスストアのマルチコピー機を活用し、A3またはB4で印刷しましょう。

コンビニで印刷する場合、家庭で印刷する場合のポイントは次のとおりです。

コンビニで印刷する場合

PCで作成した履歴書のデータをUSBメモリやSDカードなどの記録メディアに保存し、コンビニのマルチコピーの操作案内に従って印刷します。

機種によって対応している記録メディアが異なりますので、利用するコンビニのホームページで確認しておきましょう。また、Word・Excel形式に対応していない機種もありますので、その場合はPDF形式に変換しておく必要があります。

記録メディアを持ち込むほか、「ネットワークプリント」のサービスを利用する方法もあります。PCから印刷する文書のデータを登録しておけば、コンビニで印刷が可能です。利用には会員登録が必要となることもあります。

自宅で印刷する場合

A3・B4サイズに対応していない家庭用プリンターで印刷する場合は、A4で片面ずつ印刷し、2枚つづりで提出しても構いません。

2枚を留める際には、ホチキスは使わないようにしてください。企業側では、応募書類の管理や選考担当者への伝達の際、コピーをとったりスキャンしてデータ化したりする作業を行うことがあります。ホチキスで留められていると外す面倒が生じますので、クリップで留めておくようにしましょう。

履歴書サイズに悩んだら、応募先企業に確認

履歴書のサイズや書式について、どれを選んでいいか悩んだ場合は応募先企業に確認するといいでしょう。しかし、実のところ、企業側はサイズや書式などはほとんど気にしていません。

大切なのは、「必要事項がもれなく記載されているか」「見やすく、わかりやすく作成されているか」、そして「その人のキャリアや強みが伝わるか」ということです。

転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書の書き方もアドバイスしています。書類選考通過の確率を高めるために、キャリアアドバイザーのサポートサービスを利用してはいかがでしょうか。

あわせて読みたい参考記事

* 履歴書はどこで販売している?コンビニで買った履歴書でもよい?
* 履歴書の「学歴・職歴欄」の正しい書き方(見本あり)
* 「在職中」の履歴書の書き方は?(職歴欄、「退職予定日」・「連絡方法」記入例あり)

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。