転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)

履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)

履歴書_見本

転職時の採用選考で最初の関門となるのが書類審査。担当者の目に留まり、心をつかむ履歴書はどのように作成すれば良いのでしょうか。

ここでは、履歴書の各項目の基本的な書き方から企業への送り方まで、履歴書に関するおさえておきたいポイントをまとめています。また、経歴に合わせたテンプレートをダウンロードできるのであなたの履歴書作成に活用してください。

履歴書の役割

中途採用では、応募の際に履歴書と職務経歴書を提出するのが一般的です。履歴書は、氏名や住所、学歴や職歴など、応募者のプロフィールを確認するための書類。職務経歴書は、これまでに得た経験・スキルなどの、具体的な実務能力を確認するための書類です。

履歴書の書き方

履歴書とは、企業の採用担当者が応募者のプロフィールを確認するための書類です。フォーマットによって違いはありますが、氏名や年齢、連絡先、学歴・職歴など、それぞれの基本情報を記入します。ここでは代表的な項目の書き方についての書き方を解説します。

履歴書の書き方見本

履歴書の書き方見本 

記入日

他欄の年号と統一させ、履歴書を提出する年月日を記入します。最新の情報として提出するため、郵送の場合は投函日を、持参する場合は当日の日付を記載しましょう。また、提出日の前後に誕生日がある場合、提出日時点の年齢を記載する必要があるので、注意しましょう。

氏名

ふりがな欄に「ふりがな」とある場合は平仮名で、「フリガナ」は片仮名で書きましょう。
手書きの場合は、楷書で丁寧に記載します。姓と名の間を半文字~1文字分程度空けるとバランス良くおさまります。

証明写真

原則3ヶ月以内に撮影したもの使用しましょう。濃色のスーツに白シャツなどビジネスにふさわしい服装で、正面を向いた顔写真を準備します。写真は定位置にまっすぐ貼付します。
履歴書によっては推奨サイズが記載されていますが、一般的に「縦36~40mm、横24~30mm」がサイズの目安です。適切なサイズの写真がなく、パスポート用の写真をトリミングして流用する場合は、写真内に顔が収まっているか確認を。また、街に設置されているスピード写真機を使用しても問題ありません。

転職エージェントのアドバイス

採用担当者へのファーストインプレッションを左右する履歴書の写真。より好印象を与えるためには写真館での撮影をおすすめします。
撮影時のポイントや、時間の都合でスピード写真や自撮りを利用する場合のコツなどを下記で解説しています。

【参考記事】プロが解説!履歴書写真の撮り方のポイント

学歴

義務教育は卒業年次のみ、高等学校以上は入学年次と卒業年次を記入します。大学や専門学校の名称や学部・学科名は略さずに正式名称を明記しましょう。中退した場合も、年月とともに「中途退学」と記載します。年号についても、昭和→S、平成→Hなどと略するのは控えましょう。

転職エージェントのアドバイス

下記の記事では、自分の生まれ年から高校~大学までの入学年と卒業年がわかる早見表を紹介していますので参考にしてください。

参考記事】履歴書は西暦?和暦?履歴書の年号の書き方と年号早見表

参考記事】履歴書の「学歴欄」の書き方は?正しい記載方法

職歴

すべての入退社歴を省略せずに記入します。退社理由については基本的に「一身上の都合により」「契約期間満了により退職」で問題ないですが、企業側の問題で離職に至ったときは、「会社倒産により」などと理由を書き添えるのもいいでしょう。

また、退職後に半年以上の空白期間がある場合、その理由を端的に記すことをお勧めします。「空白期間を知られたくない」と思う人もいらっしゃるでしょうが、職歴期間をごまかしたりすると後で発覚してしまう恐れもあります。隠し立てせず、簡潔に事実を記しましょう。

在職中の場合は、職歴の最後に「在職中」または「現在に至る」と記載します。なお、中途採用の場合、アルバイトは職歴に記載する必要はありませんが、アルバイト経験が応募する仕事に活かせるのであれば、履歴書に書くことでアピール材料の一つになることもあります。

職歴を全て書き終えたら、「以上」と書きましょう。

【参考記事】履歴書の職歴欄の書き方

賞罰

賞…表彰歴を記載します。全国または国際的な表彰歴や、一般的に知名度の高い受賞歴があれば書きましょう。

罰…懲役、禁錮、罰金などの刑事罰があれば記載します。

【参考記事】履歴書の「賞罰」欄の書き方(書き方見本付き)

免許・資格

まず免許を取得年度順に記入。普通自動車免許を保有している場合は、実務に関係なくても書き入れます。
資格については、仕事をする上で活かせるものは必記します。未取得でも現在勉強中なら、その旨記しておくといいでしょう。仕事に関わらなくても、あなた自身のPRにつながるのであれば、ぜひ記入することをお勧めします。何も書くことがない場合は「特になし」と記します。

【参考記事】履歴書の免許・資格欄の書き方

志望動機(欄がある場合)

なぜその企業を志望しているのか、その理由を書きましょう。企業が志望動機から確認しているポイントは、主に「定着性(当社に定着し長く働いてくれそうか)」、「入社後活躍(強みを活かして活躍してくれそうか)」「意欲(当社への入社意欲が高いか)」です。この「企業が知りたい3つのポイント」をうまく盛り込めるようにまとめてみましょう。

転職エージェントのアドバイス

例えば「入社後に活躍してくれそう」と思わせるには、応募する企業・求人内容と自身の経験との共通点を見つけ、「これが活かせる」と志望動機欄でアピールすることが大切です。
その他のポイントの考え方のコツやまとめ方は下記で解説しているので参考にしてみましょう。

【参考記事】志望動機のまとめ方・書き方

自己PR(欄がある場合)

自身の強みや仕事へのこだわり、これまでに得た経験や知識などを記入しましょう。自身の強みを導き出すためには、自己分析をすることをおすすめします。これまでの人生を振り返り、他者からの評価などもかんがみて、あなたの長所と短所を整理します。自分の強みが明確になったら、それが志望先企業でどう活かせるかを明確に記します。
表彰経験や過去の実績、具体的なエピソードを盛り込むと、よりPR効果がUPするでしょう。

転職エージェントのアドバイス

自身の強みが整理できたら、以下の3つ軸を意識して記入してみると良いでしょう。
1.仕事における信条(大切にしている考え方、こだわっていること)・自分の強み
2.それを裏付ける具体的なエピソード
3.その結果として出た成果
また、職種別でも自己PRの例を紹介しているので、自分に近い職種を見つけて参考にしてみましょう

【参考記事】自己PRのまとめ方・書き方

趣味・特技

仕事とは無縁の項目のようですが、あなたの人となりを伝えるのに重要な役割を担います。面接での会話の糸口になる可能性もあります。
多趣味の方はすべてを書き入れるのではなく、仕事に役立つ特技や自身のPRになる趣味などをピックアップすると良いでしょう。

【参考記事】履歴書の特技欄の書き方

本人希望欄

企業から、希望の職種や勤務地などを記載するよう指示された場合は、その旨記載しましょう。その他、待遇面など特に希望がない場合は「貴社の規定に従います」と記します。

【参考記事】履歴書の本人希望欄の書き方

通勤時間

自宅から応募企業に行くまでの、「ドアtoドア」での片道の所要時間を記載します。勤務地が未定の場合は、希望勤務地で通勤時間を計算し、(〇〇支店の場合)などと補足しましょう。

健康状態欄(欄がある場合)

定期的な通院など、業務に影響が出そうな事情がある場合は、例えば「持病の通院のため、3カ月に1度半休が必要です」などと記載します。特になければ「良好」と書いておきましょう。

提出前に見直すポイント

各項目を書き終えたら、履歴書を読み返して入念にチェックしましょう。

  • 記入漏れはありませんか?
  • 写真はきちんと貼付されていますか?
  • 誤字・脱字、表記ミスはありませんか?
  • 名前にふりがなは記されていますか?
  • 職務経歴書も含め、年号は統一されていますか?
  • 学歴・職歴の最後に「以上」と書かれていますか?

履歴書を書く際の基本マナー

履歴書にどんなに魅力的な事柄が記載されていても、基本マナーがなっていなければマイナス印象を与えかねません。マナーを押さえて、ビジネス文書と同様に、正確かつ、ていねいな記述を心がけましょう。

年号は統一させる

誕生年、学歴、職歴、免許や資格取得日などの欄に年号を表記する際、西暦(20XX年など)と和暦(平成〇〇年など)を混在させてしまいがちですが、どちらかに統一します。職務経歴書とも年号を合わせましょう。

書き損じたら新しい用紙に書き直す

書き間違えた場合、修正液や修正テープを使用すると、痕跡が残り、ぞんざいな印象を与える可能性もあるため避けましょう。文字を書き間違えてしまったら、新しい用紙に書き直すことをおすすめします。

【参考記事】履歴書を書き間違ったときのポイント

黒色のインクを使う

手書きの場合

鉛筆や消せるボールペンなど、簡単に修正できる筆記用具を使うのは消えてしまう可能性があります。目立たせたい項目があるからといって、黒以外の色やマーカーペンを使うのは控えましょう。

PCの場合

フォントの色はすべて黒に設定します。手書きの場合同様、目立たせたい項目のフォントの色を変えたり、ラインなどを引いたりし、カラー印刷することは避けましょう。

履歴書テンプレートのダウンロード

ここでは、最も多く利用されるJIS規格の履歴書テンプレートのダウンロードをご紹介します。無料で利用できるので、履歴書作成に役立ててください。

また、履歴書のテンプレートにはJIS規格以外にも様々なパターンがあります。「豊富な経歴を詳細に伝えたい」、「職務経験が浅いのでヒューマンスキルを強調したい」など、人によって強調したい点は異なるもの。応募企業にアピールしたいことをより多く書き込める履歴書なら、自分の思いを伝えやすくなるでしょう。下記の記事ではテンプレートの選び方と5つのパターンのテンプレートをご用意しています。自身の経歴にあわせて、テンプレートを選んでみましょう。

【参考記事】履歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式・PDF形式)

履歴書は手書き・パソコンのどちらで書くべき

「丁寧さをアピールするため手書きで?」「読みやすさを重視し、パソコンで?」と、履歴書を「手書き」と「パソコン」のどちらで作成するか迷う方もいるでしょう。業界によって評価は異なるため、企業から特に指定がない場合はどちらで作成しても基本的には問題ありません。それぞれにメリットがあるので、応募先企業や自身の状況を踏まえて選択してください。なお、合理性や効率を重視する外資系企業やWeb・IT業界、コンサルティングファームなどでは、手書きの履歴書に対してマイナスの印象を持たれるケースもあるようです。
下記の記事では、それぞれのメリットと書き方のポイントを紹介していますので、参考にしてください。

【参考記事】履歴書は「手書き」と「パソコン」どちらで書くべき?

履歴書の送り方、持参する際のポイント

郵送で送る場合

履歴書を企業に送る際には、相手が見やすいように添え状(送付状)を同封し、折りたたまずクリアファイルに入れて送るのが一般的です。

封筒は無地の定型封筒(角形A4号または角形2号)を使い、宛名を書くペンは、油性のものをおすすめします。配達中に雨などで少々濡れても、にじんで宛先が判別できない、というリスクを避けるためです。

また、担当者の手元に届かないなどのトラブルを回避するために、封筒の表面には赤色で「履歴書在中」と書きましょう。職務経歴書などを同封するときは、「応募書類在中」と記します。

郵便物の重さとサイズをチェックし、郵送料金を間違えないように注意しましょう。料金が合っているか自信がないときは、郵便局に持ち込むのが無難です。

【参考記事】履歴書・職務経歴書に同封する添え状(送付状)の書き方
【参考記事】履歴書や職務経歴書の封筒の書き方と送付時のマナー
【参考記事】履歴書送付先の採用担当者の名前が分からない場合の宛名の書き方は?

メールで送る場合

履歴書のファイルをPDFへ変換し、ファイル名には採用担当者が管理しやすいように、「日付」「氏名」「履歴書だと分かる件名」を入れておきましょう。また、履歴書は個人情報が含まれるため、ファイルにパスワードをかけておくことをお勧めします。

メール文面もわかりやすいよう簡潔に書くよう心がけましょう。書く内容は下記の順に書いていくと漏れなく簡潔にまとめることができます。

「① 宛名」
「②氏名と簡単な自己紹介」
※直接応募する場合は、氏名に加え簡単な自己紹介を添えましょう
「③ 履歴書送付の旨」
「④ パスワード別メールで送付する旨」
「⑤ 結び」
「⑥ 署名」

【参考記事】履歴書をメールで送る方法とマナー

面接に持参する場合

履歴書を持参する場合は、折れたり汚れたりしないように、封筒に入れて持参しましょう。念のため、履歴書をクリアファイルに入れてから封筒に入れておくと安心です。

【参考記事】履歴書を持参して手渡しする場合のマナー

履歴書に関するQ&A

Q.在職中に転職活動をする場合、履歴書はどう書けばよいですか?

A.職歴の最後に「在職中」「現在に至る」と記載します。退職予定日が決まっている場合は、本人希望欄に「〇月〇日退職予定」などと書いておきましょう。

【参考記事】在職中に転職活動をする場合、履歴書はどう書けばよい?

Q.履歴書の記載ミスは「修正」しても大丈夫ですか?

A.間違えてしまった場合は、新たに書き直しすることをお勧めします。

【参考記事】履歴書の記載ミスは「修正」しても大丈夫?

Q.履歴書を送付する際は添え状(送付状)は同封した方がいいですか?

A.添え状が合否の判断材料になることはありませんが、時間に余裕があれば一文添えておくと丁寧です。

【参考記事】履歴書・職務経歴書に同封する添え状(送付状)の書き方

Q.履歴書には「退社」と「退職」どちらを使うのが正解ですか?

A.「退社」には「会社を退出する」という意味も含まれるため、「退職」を使うのが一般的です。

【参考記事】履歴書には「退社」と「退職」どちらを使うのが正解?

Q.職歴が履歴書に書ききれない時はどうしたらいいですか?

A.職歴は省略せず、全て記載するのが原則です。書ききれない場合は、職歴欄の多い履歴書を活用したり、学歴から義務教育を省略したりして工夫しましょう。

【参考記事】職歴が履歴書に書ききれない時は?

Q.履歴書はコピーして使ってもいいですか?

A.志望動機欄がある履歴書の場合は、他社用に作成した履歴書をコピーして使うと、“使いまわし”と捉えられる可能性があります。手書きの履歴書はコピーせずに新たに作成し、デジタルファイルの履歴書は志望動機や自己PR、日付などに注意してコピーしましょう。

【参考記事】履歴書はコピーして使っても良い?

Q.何も資格を持っていない場合、履歴書の資格欄は何と書いたらいいですか?

A.「特になし」と記載します。業務に活かせる学習中の資格があれば、「〇〇資格(正式名称)△年△月受験予定」などと書きましょう。

【参考記事】何も資格を持っていない場合、履歴書の資格欄はどのように書いたらよいのでしょうか?

Q.TOEICや英検はどのレベルなら履歴書に書いていいですか?

A.求める英語レベルは企業によって異なりますが、ビジネスレベルは一般的にTOEIC600点以上、英検2級以上が目安です。

【参考記事】TOEICや英検はどのレベルなら履歴書に書いていい?

Q.履歴書に書けることがない欄があるのですが、空欄でも問題ありませんか?

A.履歴書の各欄は、採用担当者が記載漏れかどうかの判断ができないため、書くことがない場合は「特になし」と記載し、全て埋めるようにしましょう。

【参考記事】履歴書に「空欄」があっても大丈夫?

その他応募書類

【参考記事】職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本とフォーマットダウンロード
【参考記事】英文レジュメの書き方と見本・フォーマット

履歴書作成には相当な時間と手間がかかるもの。とくに複数社にわたる応募手続きをする場合、一枚一枚履歴書を作成するのは大変な作業です。
そんな皆さんの負担を減らしたいと、リクルートエージェントでは履歴書に代わる「キャリアシート」をご用意しています。簡単に書類を作成・修正でき、複数社への応募手続きもスピーディーに行えます。
※ただし、ご経験やご希望によってはサービスを提供できない場合がございます。