転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 職務経歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式)

職務経歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式)

転職の場合、応募書類として多くの企業から提出を求められる「職務経歴書」。決まった形式がないため、記入の方法に悩んでしまうことがあるかと思います。そんな時は、テンプレートを活用して、効率的に自身の職歴をまとめてみましょう。

ここでは経験などに応じたテンプレート選びのヒントと、ダウンロードしてすぐに使えるテンプレートをご紹介します。

【参考】職務経歴書の書き方の記事を読む

職務経歴書テンプレートの種類とダウン―ド

職務経歴書の書き方は基本的に自由ですが、フォーマットとして、①編年体形式、②逆編年体形式、②キャリア形式の三つがあります。このなかでは編年体が一般的となっていますが、それぞれの特徴を知ったうえで、自分のキャリアや現在の状況と照らし合わせ、ふさわしいテンプレートを選びましょう。

編年体形式

履歴書の学歴・職歴欄と同様に、時系列順に自分の経験・キャリアを記載していく形式です。どんな過程を経て、どんなふうに技術などに習熟(成長)してきたかを伝えることができます。編年体形式は、同封される履歴書と照らし合わせながら経歴を確認しやすく、また、採用担当者も見慣れているケースが多いため、特に指定などがない場合は、この形式を選ぶことをお勧めします。

【編年体形式の見本】

【編年体形式の職務経歴書のダウンロードはこちらから】

編年体形式の職務経歴書テンプレートをダウンロード(Word)

逆編年体形式

編年体形式とは反対に、最新の仕事内容から時系列を遡って記載していく形式です。順序は逆になりますが、応募職種が現在、携わっている仕事と同じ(近い)場合や、社会人経験が長く多くの経歴を持つため直近のスキルなどをわかりやすくアピールしたい場合にお勧めの形式といえます。

【逆編年体形式の見本】

 

【逆編年体式の職務経歴書のダウンロードはこちらから】

逆編年体式の職務経歴書テンプレートをダウンロード(Word)

 

キャリア形式

職務経験を時系列ではなく、業務経験や関わったプロジェクトなどの単位でまとめてく形式です。その仕事に携わった時期によらず、自分がどんなキャリアをつんできたか、どこでどのような実績を上げてきたかなどをアピールしやすく、特に、経験を積むために数多く転職をしてきたような方にはお勧めと言えます。

【キャリア形式の見本】

 

【キャリア形式の職務経歴書のダウンロードはこちらから】

キャリア形式の職務経歴書テンプレートをダウンロード(Word)

見本入りの職務経歴書フォーマットを利用する

形式は決まっても、職種によって職務経歴書で打ち出すべき内容は異なってきます。ここでは各職種の職務経歴書のポイントとダウンロードできるページをご紹介します。

営業職

営業職と呼ばれる仕事には幅広いジャンルがあります。このため、誰を相手に(個人、法人など)、何を(商品・サービスなど)、どのように(新規、反響、ルートなど)売っていたかを明記するとともに、どのくらい売っていたか(実績、社内での順位など)をアピールしましょう。売上のために、どんな工夫をしたか、どうチームをまとめたか、どんなふうに課題を解決したかなどがあれば併記することをおすすめします。営業職としての実績だけでなく、仕事に対しての姿勢や意欲、考え方も伝えることができるからです。

営業職の職務経歴書がダウンロードできるページを見る

販売・サービス職

どんな業務(商品、販売形式、ポジション)を経験したかを具体的に書くと同時に、自分はどんなスタイル、姿勢でその仕事に臨んでいたか、実績を上げるためにどのような工夫をしてきたかなどを、わかりやすく記載しましょう。

販売・サービス職の職務経歴書がダウンロードできるページを見る

事務職

担当によって、さらに企業によって幅広い業務があります。一般事務から管理部門の業務(経営企画、総務・人事・労務など)、商品企画、広報までその内容もさまざまです。このため、これまでに勤務してきた企業の概要、担当した部署の規模・業務、そこで自分が担っていた役割などをできるだけ具体的にまとめ、経験・スキルの内容をわかりやすくアピールすることが大切です。たとえば総務・経理の担当であれば、「決算報告書・事業報告書の作成、監査対応などを4年間担当」などと明確に、簡素にまとめることが肝要です。なお、内容以前に、書類としての職務経歴書のまとめ方が、事務能力の判断の一つとなることもあるようです。

事務職の職務経歴書がダウンロードできるページを見る

SE・IT系技術職

経験や専門性が求められる職種のため、職務経歴書では、たとえば開発に関わった案件の種類、開発現場でのポジション、言語スキルなどを表や箇条書きにするなど、簡潔に、わかりやすくまとめるのがベターです。

SE・IT系技術職の職務経歴書がダウンロードできるページを見る

電気・機械系技術職

実務経験が問われるケースが大半のため、業務経験(どんな工程で、どういう役割を果たしてきたかなど)とともに、持っている技術・資格、マネジメント経験などをわかりやすくまとめましょう。特に、得意とする技術や資格などは、表形式などで簡潔に示しておきましょう。

電気・機械系技術職の職務経歴書がダウンロードできるページを見る

食品・化学・医療系技術職

いずれも専門性の高い分野なので、前職の企業・職務経歴だけで、ある程度キャリアがわかってしまうケースも少なくないようです。このため、自分自身のスキルや技術を盛り込むとともに、顧客や他部署と折衝・連携して仕事を進めていた経験、マネジメント経験などにも触れ、実務能力をアピールしましょう。

食品・化学・医療系技術職の職務経歴書がダウンロードできるページをみる