転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 2社以上の職歴がある場合の職務経歴書の書き方

2社以上の職歴がある場合の職務経歴書の書き方

2社以上の職務経験がある場合、どのように職務経歴書を作成すれば良いのでしょうか。複数回の転職歴や、直近での在職期間が短い場合の職歴を提示することで、「会社に定着しない」「長く働いてくれない」と思われてしまうのではと気後れする人もいるようです。しかし実際には、多くの企業で、複数の職歴がある人を採用しています。

ここでは、あなたの経歴を効果的にアピールするための職務経歴書の書き方を紹介します。

2社以上職歴がある場合の職務経歴書のポイント

まずは、在籍した会社での所属部署や仕事内容を思い出し整理してみましょう。自分がどのような業務をしてきたのか、どのような実績があったのか、仕事を通じてどう成長したのかを書き出してみることをおすすめします。これにより、職歴が整理できるだけでなく、応募先企業ごとのアピールポイントを見つけやすくなります。

フォーマットや書き方を工夫し、アピールしたい点を明確に

企業の担当者が職務経歴書で確認したいのは、あなたがこれまでのキャリアで何を得たのかということでしょう。そして、それを新しい職場でどう活かし、即戦力として活躍してくれるのかを想像します。
そのため、これまでの転職経験で得たことや、それぞれの職歴で身に付けたスキルを明確に伝え、アピールすることをおすすめします。
職務経験が1社の人にも共通して言えることですが、単に経験したことを羅列するのではなく、その仕事に携わる上で自身が何を考え、どのように課題解決に取り組んだのかも簡単に添えましょう。これにより、あなたの仕事観も伝えることができます。

すべての社歴・職歴を記載する

「転職回数が多いことを不利に感じている」、あるいは「職務経歴書にすべての社歴・職歴を書くと長くなってしまう」といった理由から、少しくらい省略しても大丈夫だろうと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、今回の応募する職種に直接関係ない職歴過去の経験を評価されるケースもありますし、社歴だけではその会社でどのような仕事をしていたのかがわかりません。そのため、職務経歴書にはすべての社歴・職歴を記入するようにしましょう。

2社以上職歴がある場合の職務経歴書のフォーマット

職務経歴書のフォーマットは時系列に沿って職歴を記入する『編年体式』が一般的ですが、キャリアに応じて適した形式があります。以下を参考に、採用担当者が見やすく、わかりやすい書類を作成しましょう。

また、ここで紹介しているフォーマットは下記の記事からダウンロードして使用することが可能です。
【参考】職務経歴書テンプレートの選び方とダウンロード(Word形式)

『編年体式』が一般的

転職回数が比較的少ない場合は、時系列に沿って職歴を記入する『編年体式』が一般的です。この方法だと、担当者は履歴書と照合しながら職務経歴書を見ることができ、あなたのキャリアの歩みや成長ストーリーを把握しやすいからです。
また、初期の経歴をアピールしたい人にとっては、冒頭にそのアピールポイントを記載することで、より印象付けられるというメリットがあります。

直近の経歴をアピールしたい場合は『逆編年体式』

『逆編年体式』とは、現在から過去へと時系列をさかのぼって職歴を記載する方法です。
一般的に中途採用では、企業は即戦力となる人材を求め、応募者と募集職種との接点がどの程度あるかに注目しています。ですから、直近の仕事で経験した業務、得たスキルが募集職種の要件とマッチする場合は、即戦力としての活躍をアピールできる『逆編年体式』がおすすめです。

特定の職種・業務経験をアピールしたい場合は『キャリア式』

『キャリア式』とは、職務、領域、プロジェクトなど、特定の切り口に沿って職歴を記載する方法です。たとえば、営業職、企画職といった職務区分で職歴を表記すれば、各職務の専門性をアピールできます。
転職回数が3回以上にわたる場合は『キャリア式』がおすすめです。『編年体式』や『逆編年体式』のように、時系列で職歴を記載すると、転職回数の多さが目立ったり、アピール点がぼやけてしまったりする恐れがあります。

こんな場合はどう書いたらよい?ケース別のポイント

職歴(転職回数)が多い場合

「文字数にメリハリをつける」
複数の職種に携わったことがある場合、募集職種に関する経験は内容を詳しく、文字数を多めに記載します。逆に、あまり関連性がないと思われる経験や出来事は少なめに。ボリュームにメリハリをつけてまとめると、あなたが強調したい経歴がより明確になります。

職歴に一貫性がない

「自己PRとして共通する強みをアピール」
これまで経験した職種に一貫性がない場合は、どのような意識を持って転職してきたか、共通して感じる自分の強みは何かをアピールするとよいでしょう。今までのキャリアを振り返ると、浮き彫りになってくるものがあるかもしれません。たとえば、「どの職場でもチームのまとめ役を任されていた」「営業や販売職を経験したが、お客さまとすぐに信頼関係を築けることが自分の強みだと思う」など、得意分野を探ってみてください。

リクルートエージェントではレジュメ作成ツール「レジュメnavi」の提供に加え、キャリアアドバイザーからも転職希望者の強みが伝わるような職務経歴書の書き方をアドバイスいたします。