転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > PCスキルの職務経歴書への書き方【職種別・記入例付き】

PCスキルの職務経歴書への書き方【職種別・記入例付き】

PCスキルを職務経歴書や履歴書などの応募書類でアピールしたい場合、どのレベルから、どのように書いたらよいか、迷う方も多いのではないでしょうか。履歴書の一般的なフォーマットにはPCスキルを書く欄がありません。そこで今回は、職務経歴書でどのように書けばPCスキルのアピ―ルに繋がるか、基本的なPCスキルとはどのレベルなのかなどについて解説します。

PCスキルはどこに書けばよい?

PCスキルは、特に記入する場所が決められているわけではありません。記載する場合は、職務経歴書に「活かせる経験・知識」といった項目を作り、記載するとよいでしょう。

PCスキルはどのように表現すればよい?

PCスキルの書き方・アピール方法は、応募する職種や求められるレベルによって異なります。そのため、まずは求人情報でPCスキルがどの程度求められているのかを確認することをおすすめします。

その上で、どのアプリケーションソフトやシステムを、どのくらいのレベルで使用できるのか、具体的に記載します。理想的なPCスキルの書き方は、「このくらいのスキルがある人ならば、こんな業務を任せられそうだ」と担当者がイメージできるような表現を考えましょう。

<表現やレベル感に関する注意点>
「業務上支障なく使用できます」という表現を用いた場合、どの程度のPCスキルを持っているのか、応募企業にはわかりません。また、「PCスキル初級程度」「PCスキル上級程度」などの表現では、何を基準に「初級(あるいは上級)」と判断しているのかが伝わりにくいので、後述する書き方例を参考に、どのような文書作成が可能なのかを具体的に記載しましょう。

また、募集要項にある「基本的なPCスキル」の「基本的な」とは、簡単なタイピングやファイルの保存、圧縮・解凍などの基本動作やメールの送受信、そしてWord、Excelを使った簡単な書類作成ができることを指すのが一般的です。ただし、応募先の職種や業務内容により「基本的」の内容も異なると考え、あくまでも目安としておくことをおすすめします。

PCスキルの書き方例

職種別に求められるPCスキルの表記例を、以下に紹介します。応募する職種の業務内容や企業側が求めるレベルに合わせ、必要な情報を書き入れるようにしましょう。

総務・事務

事務職に求められるPCスキルは、WordとExcelが中心となることが多いようです。
Wordは文章作成に加え、表作成、Excelは四則演算、SUM関数、AVERAGE関数などまでできると、より高いアピールになる可能性があります。

【記入例】
* Word (文書作成・社内外資料作成/見積書、礼状作成、社内文書など)
* Excel (関数・データ表作成、分析)
* PowerPoint(会議資料作成、プレゼン資料作成)
* Access (データベースの入力・修正)

経理

企業により使用する会計システムは異なりますので、経験したことがある会計システムは、すべて記載することをおすすめします。

【記入例】
* 会計システム(勘定奉行、SAPなど)
* Word (ビジネス文書作成/提案書、見積書など)
* Excel (フォーマットの作成/VLOOKUP、IF関数、ピポットテーブルなど)
* PowerPoint(会議資料作成)
* Access (請求書の発行)

人事

人事系の書類はフォーマットが決まっているケースが一般的ですが、何もない状態から作成する場合もあるため、ゼロベースから書類作成ができるスキルは評価ポイントになると考えられます。また、PowerPointのスキルは、会社説明会や社内研修で使用する資料作成に役立つため、明記するとアピールポイントになる可能性があります。

【記入例】
* Word (データ・図版挿入を含む社内外文書作成)
* Excel (社員管理などのリスト作成、表計算など)
* PowerPoint(会社説明会・研修資料、社内向け文書作成、スライドの作成など)

営業

WordとExcelに加え、PowerPointはクライアントへのプレゼンや提案を行なう上で活用できるため、スキルがある場合は明記することをおすすめします。

【記入例】
* Word (表作成・図版挿入を含む社内外文書作成)
* Excel (リストやフォーマットの作成/SUM関数、AVERAGE関数、VLOOKUP、ピポットテーブル、IF関数など)
* PowerPoint(社内外向け文書・スライドの作成/提案書、企画書など)

デザイン・Web・映像制作

使用経験のあるOSやアプリケーションはすべて記載し、使用しているバージョンまで記載することをおすすめします。バージョンにより操作方法や機能が異なる場合があるからです。また、何を制作したのかを明記することで、採用担当者が業務内容と求めるスキルとのマッチングを図りやすくなるでしょう。

【記入例】
* Illustrator CC/広告デザイン制作
* Photoshop CC/広告デザイン制作
* Dreamweaver CC/ホームページ制作
* HTML、CSS、JavaScript/ホームページおよびLP広告のデザイン制作
* Flash CC/アニメーション制作
* After Effects CC/プロモーション動画やアニメーション映像の制作
* Sketch 52/アプリケーションのデザイン制作
* Maya 2018/アニメーション広告・映画制作
* Unity 2018.2.11/ゲーム制作
* OS/Windows10・Mac OSX

あわせて読みたい参考記事

* 履歴書の書き方・見本(テンプレートダウンロード付き)
* 職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本とフォーマットダウンロード

リクルートエージェントでは、応募した企業の面接で質問されることなどの傾向や、どんな候補者が評価されるかなどの情報をお伝えすることができます。面接対策にお悩みの方はぜひ相談に来てみてください。