転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 志望動機 > 未経験職種へ転職する際の志望動機の書き方と伝え方 ・NG例【例文付き】

未経験職種へ転職する際の志望動機の書き方と伝え方 ・NG例【例文付き】

未経験 転職 志望動機

転職活動を始めると、必ず伝えることになる「志望動機」。
まずは、仕事の内容や適性を理解してから、自分の経験を振り返って、志望動機を作成することが、転職活動の成功へのポイントです。

では、未経験の仕事へ転職したい場合、どのように整理し、作成すればいいのでしょうか。
未経験転職の志望動機の書き方のポイントについて、キャリア形成のプロフェッショナルである組織人事コンサルティングSegurosの粟野友樹氏にお伺いしました。

未経験転職の志望動機の考え方とポイント

「未経験転職」は、業種・職種の経験別に、次の3つにわけることができます。

・未経験業種×経験職種
・経験業種×未経験職種
・未経験業種×未経験職種

どの未経験転職パターンであっても、内定を得るためには、その業種・職種を志望する理由に納得感があるかどうかがポイントになります。そのためには、転職したい業界・会社・仕事についてよく調べ、今までの自分の経験や学び、転職理由と紐づけることが大切です。また、未経験でも取り組んでいこうという、仕事への意欲やスタンスを伝えることも必要です。

では、3つのパターンごとに、志望動機に入れるべきポイントを見ていきましょう。

【未経験業種×経験職種】
職種は同じで、業種を変えるパターンです。医療機器メーカーの営業職からIT企業やソフトウェアベンダー等の営業職への転職や、メーカーの人事から小売業の人事への転職など、職種の専門性は変えない転職です。
この場合、職種のテクニカルスキル(その仕事で必要とされる知識・経験)として、実績や成果と併せて、取り組み姿勢、創意工夫の具体性が求められます。
また、ポータブルスキル(特定の仕事に限定されない課題解決や対人関係スキル)において、業界や商品知識がなかったとしてもすぐにキャッチアップして活躍してくれそうだとイメージを持ってもらうことも大切です。

【経験業種×未経験職種】
業種は同じで、職種を変えるパターンです。IT業界のコンサルタントからIT業界の人事への転職や、メーカーの経理からメーカーの営業への転職など、業種を変えずに、職種を変える転職です。
この場合、業種のテクニカルスキル(その仕事で必要とされる知識・経験)として、業界のマーケットと事業内容への理解、業務の具体的知見が求められます。
また、未経験職種であっても、ポータブルスキル(特定の仕事に限定されない課題解決力や対人関係スキル)を持っていることが大切です。志望する職種とこれまでの職種の類似した経験やミッション、問題が起こった際の対応力や顧客・上司とのコミュニケーションの取り方などを改めて見直して整理するとよいでしょう。

【未経験業種×未経験職種】
業種も職種も変えるパターンです。アパレル販売員から、人材業界のコンサルタントや、営業からIT業界のWebエンジニアなどへの転職です。
業種のテクニカルスキル(その仕事で必要とされる知識・経験)として、今後育成することで活躍できる人材であることが求められます。パソコンスキルなど、基本的なビジネススキルを身に着けていることも必要です。
また、ポータブルスキル(特定の仕事に限定されない課題解決や対人関係スキル)において、類似した経験があることを伝えたり、コミュニケーションを取る上での心がけを伝えたりすることも大切です。

未経験転職の志望動機例文

一般的に志望動機を考える際には、次の3つのポイントを抑える必要があります。

1.業界について
2.会社について
3.職種について

どのポイントも、自分の過去の経験との接点を見つけ、「〇〇の経験をしてきたので、△△をしていきたい」と、志望理由につなげていきます。

志望動機は、未経験転職であっても、今までの自身の経験をどのように活かし、貢献できるかを伝えることがポイントです。例文を参考に、より自分に合った志望動機へカスタマイズしてみましょう。

未経験業種×経験職種の志望動機書き方ポイント

まず、自分が仕事で経験してきたことを5W1H*で整理し、応募先の仕事との共通点を見つけ、経験を活かせる部分を探していきましょう。同じ職種でも、業種が異なると、対応していた相手先、期間、商品・サービスの種類、仕事の目的、方法が変わってきます。共通点が多ければ、未経験業種でも活躍できると判断してもらうことができます。また、実績を出すためにどのような工夫をしてきたかについても、具体的にし、仕事への取組み方が見えるようにしましょう。

*5W1H…Who(=仕事で関わる相手)、When(=一つの仕事に関わる期間)、What(=扱う商材)、Why(=仕事のミッション)、Where(=働く場所が自社か顧客先か、グローバルかなど)、How(=どのような方法で課題解決するか)

【例文】食品メーカー/営業→ITソフトウェアベンダー/営業

私は、食品メーカーの営業として、中堅中小企業約100社の部長職以上の方へ商品提案をして参りました。中でも、2年前より社内にSFA(セールスフォースオートメーション)ツールが導入され、ミッションである新規開拓を商品企画やマーケティング部門と共同で推進するようになり、新規顧客の約5割をセミナーやメールマーケティングから獲得しました。この経験を通して、顧客に有効な情報を効率よく提供することの重要性を感じ、IT、特に最も成長しているSaaSビジネスで自分の力を試したく、貴社を志望いたします。

特に貴社では、自身の食品飲料の知見を活かせる、小売り・飲食向けのソフトウェアを提供されており、ミッションに書かれている小売り飲食分野の非効率を解決するという部分に経験を通じて共感いたしました。市場の中でもシェアが高く、顧客から高く評価されていることが事例からも伝わり、魅力を感じております。

既存顧客に対しては、カスタマーサクセスを心掛けたフォローで顧客満足度を上げて契約更新を促進して継続率を高く維持し、アップセル、クロスセルを通して顧客単価を上げ、売上を上げてきましたので、新規開拓、既存顧客の満足度向上の両方で貴社の事業に貢献したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

経験業種×未経験職種の志望動機書き方ポイント

業界に関しての知識・理解があるため、異なる職種でもすぐにキャッチアップできそうだと考えがちですが、業界や商品知識があることと、その職種の仕事への理解や適性があるかは別の問題です。転職を考える前に今の会社で異動希望を出したが、叶わなかったことを伝え、その仕事を目指した理由や背景を明確にし、貢献できる部分を5W1Hで整理して志望動機を作成しましょう。

【例文】人材業界/営業→人材業界/経理

私は、人材紹介会社の営業として、これまで累計100社ほどの企業人事の方と仕事をし、主に採用領域において、採用プロセス、ツール、手法の提案をしてまいりました。営業実績はKPIで管理されていたこともあり、目標に対して、行動を数値化し、分析するなど数字管理を得意としております。企業経営における人材の重要性を感じ、人材業を今後も志していますが、学生時代より、企業内のお金の動きにも興味があり、今後は経理として身を立てたく、簿記2級まで取得し、現在は1級取得を目指して勉強しています。

貴社は、人材業界の中でも、常に新しい分野に最初に取り組む企業であること、業界セミナー等でお会いしたり登壇されたりしている貴社の社員の皆様の優秀さや仕事に取り組む誠実なスタンスに魅力を感じました。また、私が現職でも大事にしてきた、新しいことへチャレンジする風土があり、また仲間と切磋琢磨できる会社であると感じ、貴社の一員になり、また仲間を増やせることができたらと考えております。自社で経理への異動は叶わないため、今までの人材業界での経験と自己学習して参りました簿記の知見を活かし、貴社の事業に貢献したいと存じます。

未経験業種×未経験職種の志望動機書き方ポイント

即戦力を期待する中途採用の中で、最も難易度が高い未経験転職になります。そのため、未経験者採用をしている業界や、これから伸びる会社を探し、少しでも経験(業種・職種)を活かせる企業を探すというステップを踏んでいくことになります。どうしても書類通過までの応募社数が多くなることは事前に理解しておきましょう。

【例文】

私は、飲食店の販売員として、5年間接客をして参りました。20~50代の多様な来客に対して、どのように接すれば心地よく満足して利用いただけるか、再来店いただけるかを考え、早く正確な対応はもとより、お客様の話されたことや好みなどを細かくデータにまとめ、店内でも共有し、接客の対応に活かしてきました。結果、全国200店舗の中で顧客満足度上位10%を常に維持する店舗に成長しました。中にはクレームやあまり満足いただけなかった事例もありますが、事例を店舗内で共有する仕組みを作り、ナレッジにすることで、店舗全体の接客スキル向上に貢献してきました。そして、個人顧客向けのアプリが全社導入された際、効率的な顧客へのアプローチや業務効率化の手ごたえを感じ、IT領域のメリットを感じ興味関心を持つようになりました。

貴社の個人向けサービスである「〇〇」については、以前から利用しておりますが、企業理念にもあるように、同業他社に比べてユーザーとの接点が多く、ユーザーの声をサービス展開に活かされていること、ネット上の評価でも非常に高評価であることから、私が現職でも大事にしてきているユーザー目線での仕事ができる会社ではないかと考え、志望をしています。

ITスキルは、ブラインドタッチ、顧客管理システムを用いた顧客分析の簡単なExcel利用、社内会議向けのワード資料作成等が可能です。チャットツールやWeb会議等も社内で利用しているため、基本的なITスキルは持っていると考えており、業界知識等はできるだけ早く習得できるよう努めてまいります。貴社でも、多くの個人ユーザーへの様々な対応や満足度向上、リピートへの取り組みが必要と存じますので、これまでの経験を活かし、事業の成長に貢献したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

未経験転職の志望動機書き方・NGポイント

未経験転職の場合は、応募するポジションの業務を詳細に理解するのは難しいかもしれません。しかし、今までの経験と全く関係がない場合、企業側も選考通過させる理由がありませんので、求人票をよく読み、何が求められている仕事なのか、業務レベルで理解できるように調べ、自分の経験との接点を探すことが大切です。

次のような志望動機はNGとなりますのでご注意ください。
・応募求人の仕事内容、求められる適性・スキルを理解していない
・その業界の理解ができていない
・その職種に必要な知識を習得する努力が見えない
・「将来性があるため」などのどの企業にも当てはまる理由だけで、具体的な志望理由が見えない
・自分の経験や知識を具体的に表せない

【NG例文】

私は、飲食店の販売員として、5年間接客をして参りました。接客の中で気を付けたことは、お待たせしないように素早く対応し、笑顔を心掛けることです。全社の販売促進の取り組みで、貴社の個人向けアプリである「〇〇」を利用したことがあり、お客様の評判がよかったので、これからニーズが増えると思い志望しました。

IT業界は今まで経験がありませんが、社内の情報共有にチャットツールやWeb会議システムを使うため、基本的なPC操作は可能です。今後必要とされる対応があれば学んでいきたいと思います。多様なお客様への接客経験を、貴社のユーザー様へのサポートにも活かしていきたいので、宜しくお願い致します。

転職エージェントに相談してみるのもひとつの手段

未経験転職を進めるのに、一人では悩んでしまうこともあるでしょう。自分に合った情報を得るためにも、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法です。

志望動機の作成はもちろん、求人の見方、応募書類の作成や面接についてのアドバイスも可能です。迷ったら一度相談してみてはいかがでしょうか。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

あわせて読みたい参考記事

* 未経験の職種に転職したい場合、転職エージェントを利用したほうが良い?
* 未経験の仕事に応募─職務経歴書の「自己PR」の書き方ポイントは?
* 転職の「志望動機」と「自己PR」の違いとは?履歴書の書き方のコツと例文を紹介
* 【第二新卒】「志望動機」の伝え方と例文

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。