転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 志望動機 > 「長く勤めたい」が志望動機の場合の履歴書の書き方と例文

「長く勤めたい」が志望動機の場合の履歴書の書き方と例文

志望動機 長く勤めたい

ワークライフバランスや待遇面の向上によって、「長く勤められる会社」を探している方は少なくありません。履歴書に記載する志望動機が、「長く勤めたい」という理由はアピールになるのでしょうか。履歴書の志望動機の考え方について、人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏が解説します。

採用担当者が志望動機で判断しているポイント

企業が志望動機から確認しているポイントは、主に「定着性(当社に定着し長く働いてくれそうか)」、「入社後活躍(強みを活かして活躍してくれそうか)」「意欲(当社への入社意欲が高いか)」。この「企業が知りたい3つのポイント」をうまく盛り込み、志望動機としてまとめることが重要です。

履歴書の志望動機欄はスペースに限りがあります。志望動機は面接でも聞かれる重要な項目なので、3つのポイントで志望動機を作成し、履歴書用に短い文章に構成し直すと良いでしょう。

「長く勤めたい」が志望動機の注意点

採用企業は、「長く勤めてもらう」ことを大前提で考えています。そのため、「長く勤めたい」という理由だけの志望動機では不十分。入社後の活躍の可能性や入社意欲を掴むことができず、「長く勤めることができれば自社でなくてもいいのでは?」と判断されてしまいます。

書類選考でプラスに働く志望動機にするために、まず「長く勤めたい」理由を明らかにして「定着性」に繋げ、さらに「入社後活躍」「意欲」をプラスするようにしましょう。

「長く勤めたい」場合の、志望動機のまとめ方

「定着性」「入社後活躍」「意欲」の3つのポイントに従って、志望動機の作成方法をご紹介します。

定着性:この会社なら前職での不満が解消できると伝える

「長く勤めたい」と考えた理由は何でしょうか?転職を決めたきっかけを振り返ってみましょう。例えば「残業が多すぎる。適切な業務時間の会社で長く働きたい」という理由の場合、なぜ残業が多くて転職を考えるようになったのかを掘り下げてみます。「無駄だと感じる会議が多い」「IT化されていない職場で、紙文化が強く非効率だった」など、残業の原因や不満を洗い出してみましょう。退職のきっかけになった不満を裏返して考えると、「業務効率を高めたい」「ITを活用し、効率を重んじる職場で働きたい」という転職理由になります。

「長く勤めたい」と考えるに至った背景を分析し、自身にとっての「長く働ける会社」とはどのような状態なのかを明確にすることが、志望動機作成の第一歩です。

入社後活躍:今までの経験、スキルが活かせると具体的にアピールする

採用担当者に「入社後にすぐに活躍してくれそう」と思わせるには、応募する企業や求人内容との共通点を見つけ、「これが活かせる」とアピールすることが大切です。確実かつ手っ取り早いのは、求人情報を読み込むこと。求める人物像の中に、募集職種のコアスキルとなるキーワードが載っているはず。それが自分のスキル、強みに合うかどうか確認し、合うようならば前面に押し出してアピールしましょう。

もし、企業が求めているコアスキルと自身のスキルがあまりマッチしていないけれど、志望度が高いという場合は、「仕事の進め方」や「大事にしていること、優先していること」を確認するといいでしょう。こちらも求人情報や、ホームページなどに載っている場合が多いですが、ピンと来なければ「5W1H」の観点で確認し、応募企業・応募求人と自分との接点を見つけましょう。

【参考記事】「5W1H」による接点の見つけ方

意欲:会社の理念や戦略、方針に共感していることを伝える

志望意欲を伝えるポイントは、「応募企業固有の志望動機になっているか」。同じ業界のほかの企業にも通用する内容だと、「当社への入社意欲が低いのではないか」と不安視される可能性があります。

求人だけでなく、業界や企業に関するニュースや企業のホームページを読み込むなどして、共感できる点を探してみましょう。例えば前述の「前職は残業が多かったので、長く勤められる会社で働きたい」という退職理由であれば、応募する企業の採用ページなどに1日のワークスタイルが紹介されていたり、生産性向上のためのIT導入事例が掲載されていたりするかもしれません。

履歴書の志望動機の書き方見本

初めから履歴書用にまとめるよりも、面接用の回答を考えてから要点を絞った方が網羅性の高い志望動機となります。採用担当者に「会って話を聞いてみたい」と思わせる志望動機を目指しましょう。

志望動機例文(面接用)

広告代理店で5年間、法人営業に携わってきました。顧客第一の姿勢が認められ、幸いにも営業成績は良く、年間トップの実績を挙げた経験もあります。しかし、「営業は足で稼ぐ」「朝礼で気概を伝える」など、営業方針に合理性が欠けており、業務を効率化できないのが悩みでした。顧客接点を増やし提案の質を高めるには、ITなどを活用して営業外の業務を減らし、営業効率を上げることが重要だと考えています。

貴社のWebサイトにはチャットボットやデモ画面など、オンラインを活用した営業機会を設けられており、全社を挙げてIT化を図っている点に興味を覚えています。これまで法人営業として現在約30社を担当し、顧客接点を増やして一から信頼関係を築いてきた経験は、顧客第一主義を貫く貴社においてもすぐに活かせると考えております。

志望動機例文(履歴書用)

広告代理店で5年間、法人営業に携わってきました。前職では営業外の業務が多いのがジレンマでしたが、IT化を推進している貴社で業務の効率化を図りながら、顧客第一主義の営業活動で成果を出したいと考えております。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。