転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 志望動機 > 【例文付き】介護職の志望動機の書き方・NG例

【例文付き】介護職の志望動機の書き方・NG例

介護職 志望動機

転職活動を始めると、必ず伝えることになる「志望動機」。
まずは、仕事の内容や適性を理解してから、自分の経験を振り返って、志望動機を作成することが、転職活動の成功へのポイントです。

介護職を志望する場合、どのように整理し、作成すればいいのでしょうか。
介護職の志望動機の書き方のポイントをリクルートエージェントのキャリアアドバイザー藤本しのぶさんにお伺いしました。

介護職の仕事内容を理解しよう

介護職は高齢者向けと障がい者向けの介護職があり、それぞれサービス利用者の方の生活をサポートすることが仕事の中心になります。中でも、求人としては高齢者サポートに関する介護職の方が多いので、ここでは高齢者向け介護職の仕事内容についてお伝えします。

介護職の職場には「入所型」と「通所型」がある

介護職として働く場所は、介護施設のほか、サービスを利用される方の自宅や病院・診療所があります。介護施設は入所型と通所型に分かれ、それぞれ次のように分かれています。

■入所型
介護保険施設である特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設のほか、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム勤務時間は、24時間の生活支援が求められるため、業務は日勤と夜勤のシフト制。

■通所型
デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリテーション)
勤務時間は日中に高齢者を受け入れるため、会社員のような働き方になる施設が多い。ただ、通所の場合も、「お泊りサービス」として夜間のケアをするサービスもあるため、事業者の方針を確認し、どのような働き方・労働時間になるのか確認が必要。

介護が必要な高齢者は健康状態によって、要介護の度合いを認定され、その結果によって利用できるサービスの種類・頻度が異なってきます。例えば、要介護度の高い方は特別養護老人ホームへ、要介護度の低い方はデイサービスへと、施設の基準で受け入れ先が決まります。

介護職の仕事内容

■入所型施設での介護職の仕事
入所している高齢者の日常生活を支援します。
日中の仕事は、起床・着替えの介助からスタートし、朝食の準備や介助をしていきます。自立が困難な方には、体を横にしたまま少しずつ着替えをサポート、自分で食事が困難な方には、食事の介助をしていきます。排泄のサポートやおむつの交換も大事な仕事です。

施設の中では朝から順に入浴をしており、食事以外の決まった時間に入浴をサポートします。また、人によって様々な余暇活動を行うため、家族の訪問を受け入れたり、レクリエーションへの参加をサポートしたり、話相手になったりと、心身共に健やかに過ごせるようコミュニケーションを取ります。

夜は、夜勤担当者が介護職のスタッフルームで待機し、「トイレに行きたい」「眠れない」などの要望やナースコールに対応しながら、オムツ交換をして巡回していきます。

一貫して、献身的にサポートする部分と段取りよく業務をこなす部分が求められます。高齢者の方がゆったりと過ごす時間に合わせてコミュニケーションを取る一方で、段取りよく入浴や食事、レクリエーションや軽い運動の準備を進めていきます。

■通所型施設での介護職の仕事
通所施設は、自宅で過ごす高齢者の日中活動の場です。食事や入浴などの生活介助と併せて、自宅に引きこもりがちになっている高齢者に外の世界を感じてもらい、社会との接点を作ることも目的の一つです。

そのため、介護職員は自宅と施設の送迎も対応し、デイサービスへ到着してからは食事、排泄、入浴(サービスがあれば)の介助を行いながら、レクリエーションを提供し、高齢者に楽しんでもらいます。折り紙や絵手紙などの手作業から、簡単な体操のほか、カラオケやマージャンなど、日常生活に刺激を与えられるようなレクリエーションの企画・運営を行います。

■訪問介護での介護職の仕事
入所施設や通所施設でもなく、訪問介護という介護職としての働き方もあります。自宅で自立して生活したいという高齢者のために、身の回りのサポートのほか、料理・洗濯・清掃のサポートも行います。一人ひとりを丁寧に支援したいという志向の方に合う支援形態です。

介護職に求められる適性を理解しよう

介護職は、第一に相手の方に寄り添うホスピタリティが求められます。高齢者向けの場合、
誰でも加齢と共に、できないことが増えてくることを理解し、話し方や接し方を心得ている必要があります。

小さな変化に気づき、細やかな気配りができることも大切です。例えば認知症の方が、何にこだわっているか、どんな変化が腑に落ちないのかなど、日々丁寧に確認することで、ヒントを見つけ、サポートに活かすことができます。

また、通所施設では、高齢者の方の生きる力を生み出す役割を担うため、人を楽しませたいと積極的に動ける方には向いています。

一方で、マネジメントの視点を持つことは、組織の中でキャリアを重ねるために必要です。自分が担当している人以外にも、施設全体として、どんな課題があるのかを把握し、チームまたは施設単位で業務を捉えておくと、経験と共にキャリアアップにつなげることができます。

常に人間と対峙する仕事なので、時には思うようにいかず、ストレスを感じることがあるかもしれません。そういう場合は、自分一人で抱え込まず、同僚や専門のスタッフに相談し、連携して業務に当たれるよう、コミュニケーションをとることも大切です。

介護職の志望動機の書き方

一般的に志望動機を考える際には次の3つのポイントを抑える必要があります。

1.業界について
2.会社について
3.職種について

介護職の場合は、職種(介護職)と業界(介護業界)が一致していますので、まずは「介護職」を志望する理由を整理してみましょう。また、働く場所(施設)が働き方と連動するため、入所施設がいいのか、通所施設がいいのか、訪問介護がいいのか、自分が関わりたいサービス形態を整理した上で、どのような介護事業者で働きたいのかを検討していきましょう。

介護職を志望する理由を整理しよう

まず、介護職で高齢者の支援をしたいと考えているのであれば、「なぜ高齢者の役に立ちたいのか?」を掘り下げて、過去の経験と結び付けてみましょう。

介護職が未経験の人であれば、自分の祖父母や親戚、近所の方のサポートをしていた経験は、業務につながっていきます。身近に高齢者との接点がなくても、学生時代にボランティアで介護施設へ活動に行った、スーパーのアルバイト中に積極的に高齢者のサポートを対応したなど、仕事を通してだけではなく、なんらかの形で高齢者と接していた経験も、志望理由につながっていきます。

介護職経験者であれば、今までの経験を活かして、どんなキャリアにつなげていきたいのかを具体的にしましょう。

・軽度の高齢者支援のみの経験から、重度の方も対応できるようになりたい。
・生活支援が中心の入居施設から、イベントの多い通所施設で高齢者の機能向上を図りたい。

など、今後、介護職としてどのようなことができるようになりたいのか、もう一歩深く考えてみるといいでしょう。
さらに、それらの経験を通して「自分の存在意義を感じた」など、貢献することへのやりがい、手応えの経験を振り返り、言葉にしていきましょう。

その事業会社を志望する理由を整理しよう

希望する事業会社については、ホームページ等で、その会社の理念、サービスコンセプトを確認しましょう。プライベートを充実させるためのコンシェルジュのようなサービスを目指しているのか、家族が交流しやすいアットホームなスタイルか、地域との交流・イベントが多いスタイルなのか、会社の理念やサービスコンセプトによって、介護職に求められるスタンスや業務内容が変わってきます。

また、提供しているサービスによって、日勤・夜勤などの働き方も変わってきます。会社ホームページからの情報だけではわかりにくい場合は、サービス利用者の方向けの案内ページや資料から、具体的なサポート内容が見えるので、参考にしてみるのも一つの方法です。

会社規模が大きい場合、施設間の異動が発生する場合とそうでない場合があります。多くの施設を運営しているから異動があるだろうと、思い込みだけで判断しないよう注意が必要です。小規模の場合は、理念に基づいた事業が行われやすい、転勤がないなど、大きな変化が起こりにくい傾向があります。

大きな施設で、様々なタイプの高齢者を支援したいのか、通所施設で高齢者を活性化させることに集中したいのか、自宅で過ごしたい人を一人ずつ丁寧にケアしたいのかなど、やりがいを見出せるポイントは人によって異なります。自分に合ったスタイルがどういったものか、改めて見直しておくとよいでしょう。

介護職の志望動機例文(経験者・未経験者・NG例)

志望動機は、今までの自身の経験をどのように活かし、貢献できるかを伝えることがポイントです。例文を参考に、より自分に合った志望動機へカスタマイズしてみましょう。

介護職経験者の志望動機例文

私は介護付き有料老人ホームで5年間働いており、入所されている方の日常生活の支援をしながら、入居者のご家族が安心するサポートを心掛けてきました。

中には認知症の方もいらっしゃり、対応に悩むこともありましたが、ご本人が仕事をしていた頃を思い出すような道具のイラストを部屋に飾り、徘徊が減るように工夫をしてきました。

今後は、より幅広い介護度の方をサポートし、将来、介護福祉士として高齢者やその家族を支えられるようになりたいと考えています。
貴社の特別養護老人ホームは、介護度の高い方や認知症の方も受け入れながら、その人らしい生き方をサポートしていくという理念があり、人の尊厳を大事にされている貴社で働きたいと考えております。

「介護職経験者」の志望動機ポイント

まず、介護職としてどのような施設で働いてきたのかを明記し、対応してきたことを伝えます。特にサポートをする中で心掛けてきたこと、工夫したことについて具体的に言葉にしておくと、今までの仕事ぶりが見えてきます。

次に、志望する事業会社が掲げる理念や取り組んでいるサービス内容をよく理解し、共感できる部分に触れましょう。その会社の事業・サービス内容と自分が今後取り組みたい仕事が一致していれば、自分自身も、会社側も、入社してから活躍するイメージが持てることでしょう。

介護職未経験者の志望動機例文

私は携帯電話販売店で販売員として5年間働いて参りました。携帯電話を使用する高齢者は増えましたが、使い方がわからない人が多く、電話帳の設定やアプリの使い方など、便利に使っていただけるよう、親身になって対応してまいりました。その結果、「これで孫とテレビ電話ができる」などと喜んでいただけることに、やりがいを強く感じました。

この経験から、今後は高齢者の方が生きがいをもって生活できるサポートをしたいと考えるようになり、デイケアサービスで介護職として働くことを志望しています。そのために、まずはレクリエーション介護士2級の資格を取得したので、今後は1級を目指し学んでいく予定です。

貴社のデイケアサービスでは、一人ひとりの生きがいを作り出そうという理念の元、地域と連携した活動も多く、慣れ親しんだ地域で暮らすことを大事にしている点に共感しています。自分がサポートすることで、少しでも生きることを楽しんでもらえるよう、介護職として、事業に貢献したいと存じますので、宜しくお願い致します。

「介護職未経験者」の志望動機ポイント

未経験から介護職を志望する場合は、過去に高齢者と関わり、それが自分の喜びだと感じた経験を具体的に伝えましょう。単に人の役に立ちたいだけではなく、高齢者が喜んでくれることに、自分もやりがいを感じられることが大きなポイントです。

また、介護に関する資格の中でも、実務経験がなくても取得できるものがあります。未経験で介護職に就きたい場合は、事前に勉強して資格取得をしておくと、やる気が伝わります。

事業会社については、理念やサービス内容をよく理解し、共感できる点をしっかりと伝えましょう。

介護職の志望動機NG例

私は、スーパーのレジ対応を5年間勤めて参りました。その中で、高齢者の方から声をかけられることが多く、時間があるときは対応していたため、高齢者とのコミュニケーションは得意です。最近はセルフレジが導入され、レジ係の仕事が変わってきたため、今後は高齢者をサポートすることで人の役に立つ仕事をしていきたいと思います。

貴社の施設は自宅から近いため、夜勤や早朝勤務も対応しやすいので、長く働けると考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

介護職志望動機NG例の改善ポイント

仕事で高齢者とのコミュニケーション経験があることを伝えるだけで、サービス向上のために、自ら積極的に高齢者のサポートをしていたと受け取れない言い方である点が気になります。高齢者のサポートをすることが、自分にとって、どのような喜びや、やりがいにつながっているのかを伝えられるようにしましょう。

また、介護職の志望理由について、単にスーパーのレジ係の仕事が減少しているため、ほかに選択肢がなく、応募したようにも受け取れます。消極的な理由ではなく、介護職の仕事を通して、社会にどのように役に立っていきたいのかを見直してみましょう。

事業会社を志望する理由について、夜勤や早朝勤務に対応しやすいことは仕事の積極性を示す一つの方法ですが、それだけではなく、会社の理念やサービス内容についての理解を、きちんと言葉で表現していきましょう。

リクルートエージェント キャリアアドバイザー 藤本しのぶ
リクルート(旧:リクルートキャリア)の転職エージェントサービス「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして介護職への転職支援を担当。

あわせて読みたい参考記事

* 志望動機の書き方とおさえたい3つのポイント~履歴書・面接で使える例文付き
* 志望動機が書けない!転職活動で志望動機を伝える3ステップとは?【例文つき】
* 転職の「志望動機」と「自己PR」の違いとは?履歴書の書き方のコツと例文を紹介
* 営業の「志望動機」の伝え方・書き方と例文

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。