転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職ケーススタディ > 年収と引き換えに手に入れた大きな安定と安心

転職ケーススタディ

成功・失敗事例を通じて転職活動を上手に進めるコツをご紹介いたします。

[成功]年収と引き換えに手に入れた大きな安定と安心

中村さん(30歳) の転職ケース

外資系投資銀行の法人営業職 → メーカー系金融会社の経営企画職
年収 : 1,000万円 → 650万円

  • 落ち着いて仕事ができる環境で働きたい
  • しっかりした将来像を描きたい

不安定な仕事環境からの脱却を求めて

先行き不安定な投資会社で働き続けることに不安を感じ、はじめてリクルートエージェントに相談にいった日のこと。キャリアアドバイザー(CA)さんの口から、転職先の候補として、某メーカー系の金融会社の名前が出てきました。僕にとっては予想外の提案でしたね。というのも、僕はずっと外資系投資銀行で働いてきていて、転職するなら同じような会社しかないだろうと思っていたので。
僕が給料が下がってでも安定した環境で働きたいという希望を持っていたことに加え、CAさんはなぜこの企業が僕に合っているか、丁寧に説明してくれました。
まず、この会社は海外で製造品関係の金融商品を展開しており、僕のように海外の大学を卒業してから外資系金融企業でキャリアを積んだ人物を求めているというスキル面でのマッチング、また.僕のキャラクターが穏やかなので、金融関係の投機的な世界より、メーカー系の安心感のある世界が合うだろうという性格面での判断でした。
すべてを聞き終えたとき、深く納得して、その企業を受ける気になっている自分に気がついたのです。

ポイント

客観的な視点からだからこそできるご提案

この方のように、現在外資系金融業界だから次もそうだろうという風にお考えの方は多いようです。しかし私たちは、全く異なる業界や職種をご提案することがあります。
なぜなら、転職理由が叶えられて、かつスキルの転用ができる仕事は同じ業界内とは限らないため。一見意外に感じられるような提案でも、実は企業のニーズも踏まえた必然性の高い内容となっているのです。

妻からも賛同を得る

ただ、僕は自身は納得したものの、妻が了承してくれるかどうかが心配でした。というのも、会社の所在地が僕の故郷に近い場所なため、もし転職することになったら田舎に帰らなければいけない。給料が下がるし、彼女自身が仕事を持っていることもあって、反対されるかもしれないと思ったんです。
ところが、それは杞憂でした。彼女はあっさりと賛成してくれたんです。「いい話じゃない。田舎に行けば物価も安いし、給料が下がったってその分は充分にカバーできる。なによりも、地元に近いところにあるちゃんとしたメーカーで、落ち着いて仕事に打ち込めるのはいいことだと思う。 私も、向こうで仕事を探すことにするわ」。
ホッとするとともに、感動してしまいました。CAさんは、「転職では、プライベートの問題も大きく関わってきます。ご家族ともしっかり相談をしてください」と言っていたんですが、大きな課題をクリアできたような気分になりました。

ポイント

転職はプライベートのことも含めてご検討ください

転職は、お客さま一人の問題ではありません。一緒に生活するご家族にとっても大きな問題となります。私たちは、これまでの事例に照らし合わせ、その方のプライベートも考慮した案件をご提案することもできます。是非ご相談ください。

この一社に集中して行った転職活動

多忙な勤務の傍らでの転職活動となることから、僕は当面のターゲットを、そのメーカー系金融会社一本に絞ることにしました。
CAさんもそれに同意してくれました。「通常は複数の企業を並行で応募するものなのですが、今回は双方のニーズが合致していることもあるので、一社のみ応募するやりかたでもいいと思います。しっかりと集中してがんばりましょう。我々も、リクルーティングアドバイザー(企業担当者)を通してプッシュしていきますので」とさえ言ってくれたのです。
無事に書類が通り、いよいよ面接に臨むことになりました。企業は地方にあったので、現職の合間に何度も新幹線に乗ることを覚悟していたのですが、CAさんが先方と日程を調整し、1日で役員面接まで行えるようにしてくれたのです。結果は内定。僕はほどなく、そのメーカー系金融会社に入社することになりました。
現在、会社まで車で15分程度の実家から通う形で通勤しています。仕事内容も自分にフィットしていて、大きな満足を感じながら働いています。

担当キャリアアドバイザーより

中村さんは、年収が下がってでもいいから落ち着いて仕事ができる環境で働きたいという思いをお持ちでした。 今回の成功は、そうした明確な希望の優先順位があったからこそできたといえます。これで、もしも年収も維持したいというようなご要望があったとしたら、こういうハッピーエンドにはならなかったかもしれません。ご自分の中で、なにを一番叶えたいのか、プライオリティを明確にしておくことは、とても重要なことなのです。

転職支援サービスに申し込む【無料】

関連する転職ケーススタディを見る

失敗事例

一刻も早く転職したいという焦りが導いた誤判断

佐々木さん 39歳  賃貸仲介会社の仲介営業 → 賃貸仲介会社の仲介営業
年収 600万円 → 600万円

数多くの成功も失敗も見てきたキャリアアドバイザーがあなたの状況に合わせて、転職をサポートします。

転職支援サービスに申し込む【無料】