転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職エージェント > 転職活動の流れまとめ | 働きながら転職するやり方や期間について

転職活動の流れまとめ | 働きながら転職するやり方や期間について

転職活動の流れについて「何にどのくらいの期間が掛かるのか」「何をすればいいのか」「現職で働きながら転職を成功させられるだろうか」と不安に思う人は少なくないでしょう。今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、転職活動の流れや全体のスケジュール感、やるべきことと注意点について伺いました。

転職活動の流れと期間

転職活動の流れにおいては準備から内定まで含め、目安の期間は「3カ月〜半年程度」と考えると良いでしょう。事前準備から内定承諾までの期間についてはケースバイケースと言えますが、一般的には早くても2カ月程度、通常は3カ月程度、長引いても6カ月程度で転職先を決めるケースが多くあります。

一般的な転職活動の流れと所要期間

転職活動の流れ 期間
事前準備 2週間~1カ月
応募~面接 1カ月~3カ月
内定~入社 1カ月~3カ月

事前準備:転職活動の準備に必要なことを確認

転職活動を始める際には、自分のキャリアの棚卸しや企業探しなどの事前準備が非常に大事です。これらの準備をきちんとしないまま応募すれば、書類選考や面接選考に通らず長引いてしまったり、ミスマッチな企業を選択してしまったりする可能性があります。さらに、転職活動が長引くことで転職の目的を見失うこともあれば、転職先で「自分に合わない企業だった」と痛感して早期離職することもあります。転職活動を成功させるためには、準備期間をしっかり取って選考に臨むことが重要だと考えましょう。

また、活動期間を長引かせないために転職活動全体のスケジュールを決めておくこともポイントです。自分一人では何をすればいいのかわからない場合や、在職中のために多くの時間を割くことが難しい場合は、転職エージェントに相談すれば各種準備へのアドバイスをもらうこともできます。

転職活動全体のスケジュールのポイント

一般的な転職活動に掛かる期間は「キャリアの棚卸し」「情報収集~書類作成」に2週間〜1カ月、「応募~面接」に1~3カ月、「内定~入社」までに1~3カ月程度が目安となります。計画的に活動を進めるためにもスケジュールを立て、それに沿って準備を進めていきましょう。

キャリアの棚卸しと企業探しを始める

転職準備では、まず過去の経験・スキル・実績などについてキャリアの棚卸しを行い、自分が転職先に求めることや希望する条件を整理しましょう。そこから希望にマッチする企業を探すために、情報収集と企業研究を行います。進め方については以降のポイント解説や関連リンクを参考にしましょう。

経験・スキル・実績の棚卸しのポイント

これまでの経験・スキル・実績を振り返り、自分の強みや転職する理由、転職先で実現したいことを整理します。仕事内容や働き方、社風、キャリア形成、福利厚生、企業の安定性・将来性などの多様な面から転職先に求めることを考え、優先順位をつけて譲れないポイントを決めましょう。

情報収集と企業研究のポイント

転職サイトや転職エージェントなどで情報収集を行います。求人情報に掲載されている募集要件や求める人物像、平均年収、ポジション、企業規模などを比較しながら「どのような企業なら採用水準を満たすことができそうか」を検討してみましょう。転職市場の相場観を理解した上で、自分の経験・スキル・実績で活躍できそうな企業を考え、興味を持った業界について調べていくことがポイントです。転職エージェントを活用する場合は、志望業界における転職市場の相場観なども教えてもらえます。

そこから、先に行ったキャリアの棚卸しで整理した「転職先に求めること」にマッチしそうな業界・企業を探します。興味を持った企業については、企業のホームページ、採用ページ、業界ニュース、転職関連の口コミサイトなどに掲載されている情報を調べ、自分の希望にマッチするかどうかを確認しながら応募先を絞り込んでいきましょう。

応募書類を作成する

転職活動で作成する応募書類は「履歴書」「職務経歴書」の2種類が一般的ですが、クリエイティブ系の職種などの場合は別途ポートフォリオを求められることもあります。求人情報の応募要項を確認した上で必要な書類を作成しましょう。

特に、職務経歴書は書類選考に通過できるかどうかを左右するものなので、応募企業で発揮できる自分の強みや貢献できること、入社意欲の高さなどが伝わる内容とすることが大事です。転職エージェントを活用する場合は、適切な書式や書類に書く内容についてアドバイスをもらうこともできます。

リクルートエージェントの書類作成サポート

履歴書を作成するときのポイント

市販の履歴書に手書きする方法と、テンプレートをダウンロードしてパソコンで作成する方法がありますが、どちらでも問題はありません。複数企業に応募する場合は、テンプレートを利用してベースとなる履歴書を作成すれば、応募企業に合わせて内容を修正することができるので効率的です。

各種項目に記載する内容を整理してから、履歴書の書き方に沿って記入しましょう。志望動機は、転職理由や転職先で実現したいことを結びつけて書くことがポイントです。「応募締め切りまでの期間が短く、志望動機を考える時間がない」という場合は、志望動機の欄がない履歴書を使用し、面接までに志望動機を考えると良いでしょう。

職務経歴書を作成するときのポイント

職務経歴書も履歴書と同様に、市販のものを使ってもテンプレートを利用しても問題ありません。経験・スキル・実績の棚卸しで整理したことをベースに、自分の職歴に沿って「これまでの仕事で経験したこと」「具体的な実績」「身につけたスキル」「自己PR」などを記入します。
応募企業に対し、よりアピールできそうな強みを盛り込むことがポイントです。転職回数や職務経歴が多くてアピールしたい点をまとめにくい場合などは、これまでの経験を職務内容別にまとめる「キャリア式」のテンプレートがお勧めです。

職務経歴書エディターのご紹介
職務経歴書エディター職務経歴書エディターを利用するリクルートエージェント独自の職務経歴書作成ツール
豊富な入力例を参考に、ガイドに沿って必要事項を入力するだけで、簡単に職務経歴書が作成できます。

企業の求人に応募する

応募の際には、書類選考に通過しない可能性を踏まえた上で、複数の企業に応募して選考を同時並行することが大事です。複数企業の選考を並行することで、応募書類の内容や面接での回答などもブラッシュアップでき、選考過程の中で複数企業を比較できるため、より自分の希望にマッチする企業を選択することに役立ちます。

面接や筆記試験の準備に必要なこと

書類選考に通過した場合、応募企業から面接の案内メールが届き、面接日程を調整するやりとりをします。その際、メールや電話でやりとりすることが多いため、失礼にならないメールの書き方や、電話応対での話し方を事前にチェックしておくと良いでしょう。

日程調整のメールには、迅速に返信することが重要です。転職活動では、日程調整ができた候補者からどんどん選考を進めるため、日程を先延ばしにしていく中で採用枠が埋まっていく可能性もあります。このタイミングで、プライベートより転職活動を優先する意識に切り替えていくことが大事です。「働きながら転職活動をしているために平日の面接は難しい」という場合は、応募企業の人事担当者に相談してみると良いでしょう。企業によっては夜間や休日などの面接にも対応してくれることがあります。

また、現職の業務が忙しいなどで面接日程の再調整が必要になった場合は、相手に配慮し、謝罪の言葉を述べて丁寧にお願いしましょう。転職エージェントを活用する場合は、企業とのやりとりを全て行ってくれるため、日程調整もしやすいと言えます。

筆記試験が行われる場合は、応募企業のメールにその旨が記載されているので確認しておきましょう。実施内容が記載されていることも多いので、どのような試験が行われるのかを確認した上で、しっかりと試験対策をすることがポイントです。

面接対策をする

一般的には、応募から1週間程度で面接を実施することが多いです。スピーディに選考を進める企業の場合、応募の翌日や数日後などに面接を実施するケースもあるので、なるべく早めに面接対策をしておくことが大事です。よくある面接の質問を想定して回答する内容を整理し、簡潔に答えられるようにまとめておきましょう。また、面接の場でスムーズに話せるよう、口に出して練習しておくことも重要です。身だしなみや面接会場での立ち居振る舞いなども把握しておくことも忘れないようにしましょう。

オンライン面接の場合は、パソコンやスマートフォン、イヤホンなど必要なものを準備し、通信環境が良い静かな場所の確保や、使用するオンラインツールの確認などもしておきましょう。

転職エージェントを活用する場合は、面接でよりアピールにつながる回答や話し方の改善点などについてアドバイスをもらえるでしょう。

面接で回答する内容をまとめるポイント

自己紹介、退職・転職の理由、志望動機、強みと弱み、自己PR、逆質問は、面接で必ず聞かれる質問だと考えて準備しておくことが大事です。面接では、履歴書や職務経歴書に書いた内容をベースに質問されるため、再度内容を確認し、一貫性のある回答を心がけましょう。
回答する内容は簡潔にまとめ、1〜2分程度に収めることがポイントです。まずは伝えたい内容を文字に書き起こして整理し、300〜400文字程度にまとめると良いでしょう。

面接の練習におけるポイント

面接で緊張せず、スムーズに回答できるよう、声に出して練習しておくことが大事です。その際、音声の録音や動画撮影をして「話す内容が長過ぎないか」「論理的に伝わる構成となっているか」「相手に聞き取りやすいスピードで話せているか」を客観的にチェックしましょう。動画の場合は、話し方や表情、身振り手振りなどの改善にも役立ちます。転職エージェントを活用する場合は模擬面接も実施してもらえるので、客観的なアドバイスを受けながら改善していくことができるでしょう。

また、オンライン面接の場合には、背景に邪魔なものが写り込まない場所を選び、目線はカメラ位置に保つことを意識することがポイントです。面接時に使う予定のパソコンやスマートフォンをセッティングし、カメラに映る表情なども確認しながら練習してみましょう。

筆記試験の準備をする

転職活動の筆記試験では、SPIや論述形式のテスト、専門知識についてのテストを行う可能性があります。それぞれについて事前に対策をすることが大事です。転職エージェントを活用する場合は、過去に実施された筆記試験の内容や傾向なども教えてもらうことができるでしょう。

筆記試験の対策におけるポイント

SPIは性格検査と能力検査を実施します。性格検査では矛盾が発生しないよう、自分を良く見せようと思わず、正直に回答することを心がけましょう。能力検査の対策では、SPIの問題集を解いて勉強し、時間内に問題を解くことに慣れておくのも大事です。

一方、論述式の筆記試験が実施される場合は、時事問題や業界ニュースなどをチェックし、自分なりに考えをまとめておくことがポイントです。事前に書き方を把握し、想定問答に対して実際に書いてみる経験をしておけば、試験当日にも落ち着いて文章をまとめることができます。また、専門性の高い職種の場合は、専門知識についての試験が行われる可能性があるので、業界知識や専門用語などの勉強をしておきましょう。

筆記試験の実施方法

筆記試験は、オンラインで試験を受けるケースと、テスト会場や面接会場で試験を受けるケースがあります。テスト会場や面接会場で試験を受ける場合は、筆記用具などをしっかり準備することが大事です。

面接選考・筆記試験に進む

1次面接、2次面接、最終面接など、企業によって面接選考のステップは異なります。それぞれの面接でどんな部分を見られているのかを把握し、回答内容を整理しておきましょう。
筆記試験は面接当日に実施されるケースもあります。筆記用具などの必要な持ち物を準備することも忘れないようにしましょう。転職エージェントを活用する場合は、面接選考の過程に合わせ、必要なアドバイスをもらえます。

1次面接で意識したいこと

1次面接は、人事担当者や現場の先輩社員などが担当するケースが多いでしょう。企業が求める採用水準を満たす経験・スキルがあるか、定着性があるか、社風や職場にマッチする人材であるかを見ています。企業の求める人物像にマッチする強みをアピールすること、応募書類に書いた内容と一貫性のある回答をすることが大事です。

2次面接・最終面接で意識したいこと

2次面接以降は、現場の責任者や役員などが担当するケースが多いでしょう。現場で発揮できるスキルや強み、貢献できること、社風や企業文化とマッチしているかなどを見られているため、より具体的なエピソードや仕事に対する価値観などを話せるようにすることが大事です。1次面接で質問されたことをより掘り下げて聞かれるので、1次面接の回答内容を振り返っておくことを忘れずに。また、役員が登場する場合には、事業展開に対する考えや業界展望などを聞かれる可能性もあるので、自分なりに考えをまとめておくと良いでしょう。

内定時と内定後に必要なこと

応募企業に内定した際には、メールや電話などで連絡をもらいます。労働条件等をしっかり検討した上で、回答期限内に返事をすることが大事です。また、内定を辞退する場合も、相手に配慮し、なるべく迅速に返事をした上で、これまで選考に時間を割いてもらったことに対して感謝の意を伝えるのも忘れないようにしましょう。

内定承諾するかを決める際のポイント

選考を並行している企業と比較検討し、より自分の求める条件にマッチする企業かどうかをしっかり考えることが大事です。選考中の企業を優先したい場合、期限を区切って内定承諾までの期間に猶予をもらえるようお願いすると良いでしょう。

また、現職にとどまるべきかどうかも検討した上で、後悔することがないように結論を出すことも重要なポイントです。内定承諾するか判断に迷っている場合は、人事担当者に先輩社員との面談やオフィス訪問などをお願いすることもできます。働く社員の生の声や職場の雰囲気などを知り、最終的な決断に役立てましょう。

転職エージェントを活用している場合は、内定承諾をしたほうがいいか、他の企業の選考も進めた方がいいかなどの客観的なアドバイスをもらえます。また、先輩社員との面談やオフィス訪問なども設定してもらいやすいでしょう。

内定後に必要な手続きをする

内定先の人事担当者に内定承諾書を提出し、入社日・退職日を決定します。現職の会社には退職したい旨を伝え、退職時期について交渉しましょう。内定承諾の際に決めた入社日までに退職することが難しい場合は、内定先の人事担当者に相談し、入社日を再度調整してもらいます。

この後、内定先の企業と雇用契約書を交わし、入社手続きに必要な書類を準備します。同時に、現職に退職届を提出し、退職に際して必要な手続きや引き継ぎを行いましょう。転職エージェントを活用している場合は、各種手続きなど必要なことを教えてくれます。

入社手続きに必要な書類

源泉徴収票、雇用保険被保険者証などの必要な書類を準備し、マイナンバーや基礎年金番号なども伝えましょう。また、前職を退職後に転職活動を進め、失業給付金を受け取っている場合は、ハローワークに転職先が決まったことを報告する必要があります。

退職に際して必要な手続き

現職の就業規則に沿って、退職願や退職届を提出します。前職の退職日から転職先企業への入社日まで間が空く場合は、健康保険、年金などにおける各種手続きや、住民税の支払い、確定申告などが必要になるケースもあるので、事前にしっかり確認しておくことがポイントです。

転職活動をするのは働きながらと退職後、どちらがおすすめ?

在職中に転職活動をする場合は、定期的な収入があり、転職先が見つからなくても現職にとどまれるメリットがあります。しかし、業務と転職活動を並行することで多忙になり、仕事にも転職活動にも集中できなくなる可能性もあります。

一方、現職の会社を退職してから転職活動をする場合は、転職活動に集中して取り組める点がメリットです。しかし、長引くことで収入への不安を感じたり、離職期間の長さが応募企業にとっての懸念材料となったりする可能性があるでしょう。

どちらを選択すれば良いかは個々の考え方によりますが、現職の会社を辞めずに転職活動を行う求職者の割合が高い傾向にあります。いずれにしても、転職活動の期間が長引くことで焦りが芽生え、自分にマッチしない企業に転職して後悔するケースは少なくありません。長引かせないためにもきちんとスケジュールを立て、それに沿ってしっかり準備していくことが重要だと考えましょう。

働きながら転職を成功させるためには?

転職活動の流れの中ではやるべきことがたくさんありますが、転職後に後悔しないためにも一つひとつしっかり進めていくことが大事です。準備不足でチャンスを逃したり、面接日程を失念するなどの失敗をしたりすれば、自分にとっての選択肢を減らし、今後の可能性を狭めてしまうことになります。

とはいえ、「準備からスケジューリングまで全て一人でやるのは難しい」と思う人は少なくはないでしょう。転職エージェントを活用すれば、必要なことのほとんどをサポートしてもらえる上、抜け漏れがあればリマインドをしてくれるというメリットまであります。大事な面接の場に集中するために、転職エージェントを上手に活用していくことも一つの方法だと考えましょう。

仕事をしながら転職活動する際にやってはいけない6つの過ち

転職活動をしていることが現職の職場に発覚すると、活動がしづらくなったり、会社に居づらくなったりする可能性があります。また、転職先から内定を得たときにも、現職の会社に残る選択肢があった上で転職するかどうかを判断したほうが、より納得度を高めることができます。これらを踏まえ、在職中の転職活動は、転職の決断をするまで発覚しないように注意することが大事です。6つの気をつけたいポイントを紹介するので、働きながら転職活動をする場合には参考にしてみましょう。

1.業務時間内に応募企業と電話でやりとりする

業務時間内に応募企業から電話を受け、現職の職場で面接の日程調整などを行えば、不審に思われたり、通話内容を聞かれたりする可能性があります。あらかじめ応募企業には「在職中のため、やりとりはメールにてお願いしたい」と伝えることが大事です。

2.業務時間内の面接のために有休の取得や早退などを繰り返す

急に有給休暇の取得や早退などを頻繁に行うようになると、転職活動をしていると疑われる可能性があるので、面接の設定時間は業務時間外にしてもらいましょう。

3.面接予定日のみスーツを着用する

私服勤務の職場で面接日だけスーツを着用すれば、転職活動を疑われる可能性があります。服装はできるだけ変化させないようにし、スーツを持参してどこかで着替えるなどの配慮をしましょう。

4.同僚に転職活動の話をうっかりしてしまう

仲の良い同僚に話した場合でも、うっかり口外するなどで社内に転職活動の噂が広まる可能性があります。現職の職場に関係する人物には、転職活動の話を一切しないことが大事です。

5.SNSに転職活動に関する情報を投稿する

転職活動の情報はもちろん、応募企業に面接に行った際に撮影した建物外観の画像などもSNSにはアップしないようにしましょう。直接つながっていなくても、誰かに見られている可能性があります。

6.転職活動に会社支給のパソコンやスマートフォンを使う

選考スケジュールの書き込みやオンライン面接などに会社支給のパソコンやスマートフォンを使用し、そこから発覚するケースがあります。転職活動に使うパソコンやスマートフォンは、個人所有のものに限りましょう。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏

約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。