転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 自己PRの書き方と面接での伝え方(職務経歴書や面接で使える例文つき)

自己PRの書き方と面接での伝え方(職務経歴書や面接で使える例文つき)

「自己PR」は、自身の「強み」や「応募企業にどう貢献できるのか」をアピールするもの。企業が重視する項目の一つです。履歴書や職務経歴書などの応募書類に記入するだけでなく、面接で質問されるケースもあります。

自己PRをどういう視点でまとめればいいのか、注意したほうがいい点は何か、「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーに詳しく聞きました。

企業が自己PRを問う意図

企業は自己PRから、応募者のこれまでの経験・スキルや強みを知り、自社に合う人材なのか、入社したらどのように活躍してくれそうかを見ています。

志望動機と混同する人がいますが、自己PRは「これまでの仕事での成果やこだわり」をアピールする項目で、志望動機は「なぜ応募企業を選んだのか、入社後何を実現したいか」をアピールする項目です。どちらも選考中によく聞かれる項目なので、一貫性を意識しながら整理しておきましょう。

自己PRをのまとめ方3ステップ

企業の視点を理解し、「入社後の活躍ぶり」をイメージできるようなまとめ方を意識しましょう。

Step1:キャリアを棚卸しし、自身の強みを洗い出そう

自身のキャリアを振り返り、経験・スキルの棚卸しを行い、「強み」を洗い出しましょう。仕事を通じて上げた成果はもちろん、周りから評価されたこと、自分が得意としていることなどを洗い出していくといいでしょう。

仕事に対する信念、信条も「強み」になり得ます。仕事において大事にしていること、これだけは譲れないポイントなども、併せて洗い出してみましょう。

【参考】
下記の記事では、強みを見つけるための自己分析の方法を解説しています。
「強み」が見つかる自己分析

Step2:応募先のニーズ、求める人材像を読み取ろう

企業のホームページや求人情報からは、企業の社風や求める人材像をつかむことができます。そこから、どんな人が活躍できるのか、どんなことが実現できる人材を求めているのか読み取り、自身の強みとの接点を見つけましょう。

とはいえ、内定がほしいあまり、求める人材像に無理に合わせるのは禁物。相手に違和感を与えるうえ、入社後のミスマッチにつながりかねません。「ありのままの自分」との接点を見つけ、アピールすることが大切です。

Step3:求める人材像と自身の強みの接点について、エピソードを交えてまとめよう

接点が見つかったら、それを自己PRとしてまとめましょう。その際、例えば「コミュニケーション力がある」などといった抽象的な表現では、入社後の活躍をイメージすることができません。コミュニケーション力と一口に言っても、リーダーシップにおけるものか、普段の業務を円滑に進めるための調整力なのか、顧客との関係性構築のためのものか…によって意味合いが大きく異なるからです。

強みをアピールする際は、具体的なエピソードを交えて伝えると、よりリアルに強みが伝わり、「当社でも同じように活躍してくれそうだ」と具体的な活躍イメージが湧きます。シチュエーションをイメージさせるようなまとめ方を意識しましょう。

なお、スキルアップやキャリアアップのために努力していることも、強みとしてアピールできます。例えば、エンジニアとしてスキルアップするために、新しい言語を勉強している、新しいアイディアや視点を得るために、異業種交流会や勉強会に積極的に参加している、など。実際に成果につながったエピソードまで語れると尚いいでしょう。

自己PRの書き方・面接での伝え方のポイント

自己PRを職務経歴書などの応募書類に記入したり、面接で伝える際は次の3つを軸を意識すると良いでしょう。

  1. 仕事における信条(大切にしている考え方、こだわっていること)・自分の強み
  2. それを裏付ける具体的なエピソード
  3. その結果として出た成果

応募書類に書く際も、面接で伝える際にも、意識したいのは「伝えたい強み→エピソード→成果」の順で説明すること。人事担当者に簡潔かつ効果的に、強みを伝えることができます。

伝える強みは1つ、多くても3つまでに。多すぎると冗長になり、相手に強みが伝わらないばかりか、「要点を絞り切れない人」という印象を与えてしまうので損です。面接の場で説明する際も同様。1~2分程度で収まるようにまとめましょう。

応募書類も面接も、企業と応募者が互いに理解し合うためのもの。企業が求める人材像を意識し、的外れなアピールをしないことは大切ですが、無理に飾ったり、合わせたりする必要はありません。思う存分力を発揮できる場を見つけるためにも、自身の強みに合った企業を探し、ありのままの自分を率直にアピールしましょう。

自己PRの例文

上記の「3つの軸」を踏まえた、自己PR例をご紹介します。この例文を参考に、自身の自己PRを組み立ててみましょう。

現在までの5年間、戸建て注文住宅の営業職に従事してまいりました。注文住宅は購買者にとって一生に一度の高額商品であり、心から納得して購入していただくものだと考えています。そのため、お客様のご要望にノーと言わずとことん向き合うことを信条としてきました。ニーズに応えるため、住宅・不動産・建築に関するさまざまな知識の習得にも努めてまいりました。

その結果、ありがたいことにお客様から高い支持をいただき、入社以来継続して目標数字を達成。昨年度は全国表彰(全国の営業員210名中、上位10名に贈られる賞)も獲得することができました。そして何より、お客様から「希望通りの自宅ができて嬉しい」「担当が田中さんでよかった」との感謝の言葉をいただけることが嬉しく、喜びにつながっています。お客様からのご紹介で、今までに25件の成約をいただいたのは、私の誇りです。

地域密着経営で、地域のお客様一人ひとりに最良の物件を提供することを経営理念に置いている御社において、この私の経験および信条は存分に活かせると考えております。

【職種別】自己PRの例文

代表的な職種の自己PR例をご紹介します。自身の強み、大事にしている考え、目指したいキャリア、応募先に対する思いなどを簡潔にわかりやすくまとめましょう。

営業職の自己PR例文

人材派遣会社の法人営業に丸6年従事してきました。人材派遣業界においては、営業職の対応や熱意がクライアントの業者選定基準になりやすく、同業他社との差別化が難しいという特徴があります。そのような環境下で私が常に意識していたことは「訪問」「レスポンス」です。顧客接点を重視し行動することで、クライアントからの高い信頼を得られていたと自負しております。ある大手顧客から、競合他社とのコンペを経て「常に当社のことを考え、伴走し続けてくれている田中さんだから、お任せしたい」という言葉をいただけたときには、この上ない喜びを感じることができました。

また、単なる御用聞きにならないように、きちんとクライアントのニーズを理解し、積極的にこちらから提案を仕掛けるということも心掛けていました。この姿勢や取り組みをメンバーのときもマネジメントの立場でも実践することで、高い実績を残すことができています。

IT・通信系技術職の自己PR例文

下流工程から経験を積んだテクニカル知識に加え、最近では上流工程を中心に経験し、マネジメントスキルも身に付けました。特に現在のプロジェクトでは、10名のチームメンバーが仕事での達成感を得られるようコミュニケーションを重視し、一人ひとりのスキルアップが図れるように業務を配分しながら、プロジェクトの成功を導いてきました。先日はクライアントから「今までで一番パフォーマンスの高いプロジェクトチーム」との評価をいただき、新規の大型プロジェクトを受注することができました。メンバー一人ひとりが自身のスキルを最大限発揮できた結果だと自負しています。

今後はこれまで培ってきた上流から下流工程までの一貫したシステム構築経験と、プロジェクト管理経験、マネジメント経験を活かし、より大きなステージで企業の経営課題解決に携わっていきたいと考えております。

事務系職の自己PR例文

経理職として、現場でさまざまな経験を積んできました。本社の決算業務はもちろん、若手のうちから子会社の経理全般や連結決算を一人で任され、現在では管理職として先輩社員、新入社員を含めた7名の部下の指導・育成に努めております。また、変わっていく税制に対応するため税理士資格取得を目指しており、日々勉強に取り組んでいるほか、経営戦略を学ぶ勉強会にも定期的に参加しており、知識・スキルの研鑽に務めております。

これらの知識や経験を、創業期にある貴社において存分に活かし、決算業務体制を整えながら企業運営の大きな力となれるよう努めてまいりたいと考えております。

企画職の自己PR例文

現在、化粧品メーカーの商品企画担当として、主にスキンケア化粧品のブランドコンセプトの立案から、パッケージのデザインに至るまでの商品開発業務、および販売促進を行っております。スキンケア以外にもメイクアップ製品の商品企画も経験し、自社製品だけではなく、OEM製品の商品企画にも携わってきました。また、営業部との情報交換を積極的に行い、流通現場にも頻繁に足を運ぶことで、顧客の本当のニーズを汲み取った商品作りや現場で効果の高い販促物の企画にも取り組んでまいりました。

これらの経験を活かして、商品企画業務の専門性をさらに高めるとともに、業務管理を通じてマネジメント能力も養っていきたいという目標を持っています。また、引き続き「現場視点」を大切に、顧客ニーズを第一に考えた商品作りに注力し続けたいと考えております。

【アピールしたい強み別】自己PRの例文

下記の記事では自身のアピールしたい強み(長所)毎に自己PRの考え方・まとめ方と例文を紹介しています。

自己PRで「協調性」はどうアピールすればいい?
自己PRで「継続力」はどうアピールすればいい?
自己PRで「行動力」はどうアピールすればいい?

リクルートエージェント キャリアアドバイザー

文 悠児

ITメーカーで営業やマーケティングに従事した後、リクルートキャリアに転職。現在は転職エージェントサービス「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、主にインターネット領域全般を担当。

リクルートエージェントでは企業ごとの特色だけではなく、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。面接対策が自分一人では難しいと感じる方は、ぜひご活用くさい。
※ただし、ご経験・ご要望によっては、サービスをご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください