転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 転職の面接対策は「自分を知る」「企業を知る」ことがカギ

転職の面接対策は「自分を知る」「企業を知る」ことがカギ

第一志望の面接を突破して、内定を得るにはどうすればいいのだろう?
面接前は、誰しも不安になるもの。そんな不安を軽減し、面接を成功させるためにも、「事前の準備」が重要です。「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーに、具体的な準備の方法を詳しく聞きました。

 

「自分を知る」「企業を知る」が面接準備の基本

面接は、応募企業に対して自分の経験や適性をアピールする場。自分の強みは何か、そしてそれを応募先企業でどう活かせるのかを最大限伝えましょう。
企業が面接で重視するポイントは、大きく分けて次の3点です。

能力・資質・経験(CAN)

経験や能力・資質が、採用したいと考える人物像と一致するか?

意欲・意気込み・将来性(WILL)

本気で新しい仕事に取り組もうとする気持ちが感じられるか。将来的に活躍してもらうイメージが沸くか?

社風に合うか(CULTURE)

仲間として迎え入れて楽しくやっていける人か、価値観や目指す方向性に大きな隔たりがないか?

いずれのポイントでも最大限自分を発揮するためには、「自分を知る(自己分析)」、「相手を知る(企業分析)」ことが重要。自分の強みが活かせて、やりたいことが実現できる企業かどうかを確認するためにも、相手に伝わる志望動機を考えるためにも、この2つを準備しておきましょう。

「自分を知る(自己分析)」方法

「自己分析」は、多くの人が就職活動時に行ったことでしょう。ただ、就活では自身の性格やヒューマンスキルを中心にアピールしたと思いますが、転職活動では今までの業務の中で培ってきた経験、スキル、強みといった「ビジネススキル」を伝えることが大切です。

そのために行っていただきたいのが「キャリアの棚卸」。これまでの仕事におけるすべての経験を振り返って整理し、応募先企業でも活かせるスキルを洗い出していきましょう。お勧めしたいのは、仕事の中でやりがいを感じたこと、周りに褒められたことを書き出し、深掘りしてみること。なぜやりがいを感じたのか、なぜ最後まで頑張り抜けたのか…と「なぜ」を繰り返すことで、自身の強み、仕事において大切にしていることが見えてきます。

たとえば、「部内での業務改善提案が評価され、やりがいを感じた」のであれば、「なぜそれをしようと思ったのか」から掘り下げてみましょう。「皆の業務を効率化することで、ありがとうと言われたかったから」であれば、ホスピタリティの高さがあなたの強み。「上司に評価され重要な仕事に抜擢されたかったから」であれば、目標達成意欲、自己実現意欲の高さが強みになります。

「相手を知る(企業分析)」方法

面接官は、あなたの応募意欲を面接の場で判断します。しっかりと企業研究を行っていれば、その姿勢から意欲を伝えることもできます。ぜひ十分な情報収集、企業研究を行ってください。

情報収集源として有効なのが、応募企業のホームページ。会社概要、業務内容にはもちろん目を通してほしいですが、最もチェックしてほしいのは「社長メッセージ」です。社長メッセージには、その企業が大事にしていること、理念、目指す方向性などが盛り込まれています。企業の軸になる情報が詰まっていますので、自身が共感できる部分をピックアップしていきましょう。

なお、「採用情報」ページも情報の宝庫。企業の戦略、それに伴う「欲しい人物像」などが紹介されています。先輩社員の声からは、社風や職場の雰囲気、仕事のやりがいなども推し量ることができます。

そしてこれらの情報をもとに、「入社後の自分」をシミュレーションしてみましょう。自分の経験や能力がどう活かせるのか、足りない部分をどう補えばいいのか、事業や仕事のどこに面白みを感じるのか…などを考えてみましょう。それが入社意欲となり、「相手に伝わる志望動機」にもつながります。

面接前日までの準備

面接のマナーを知らなかったために、あなたを理解してもらう以前に悪い印象を持たれてしまってはもったいない!前日までに、マナーに沿った準備をしておきましょう。

身だしなみチェック

□体に合った、しわのないスーツ・シャツを着用
□ネクタイ、アクセサリーなど小物は派手すぎないものを
□髪型は手入れの行き届いた状態で
□靴はオフィス向きのもので、手入れにはつま先まで気配りを
□手元は意外と目につくもの。ツメの手入れも怠りなく。また面接前に喫煙、飲食などをした場合は、口臭や口まわりにも気を配りましょう

スケジュール・持ち物チェック

□応募書類(キャリアシート、職務経歴書など)の提出が求められた場合は、忘れず持参しましょう。
□当日、筆記試験が実施される可能性に備えて、筆記用具も忘れず持参しましょう。
□面接開始時間前に余裕を持って到着できるよう、前日までに応募企業(面接会場)までの交通手段や所要時間などを確認しておきましょう。会場には10分前到着がベストです。
□会場に入ったら、スマートフォンの電源はOFFに。バイブレーション機能にしておく人も多いようですが、面接中に鳴ってしまうと集中力が削がれます。

 

リクルートエージェント キャリアアドバイザー

菅原明日香
IT系企業の営業職を経て、2015年1月リクルートキャリアに転職。
現在、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとして、主にインターネット業界全般を担当。

リクルートエージェントでは、キャリアアドバイザーが業務内容を詳しく伺い、掘り下げて質問することで、一人ひとりの強みを引き出すお手伝いをします。また、企業ごとの特色だけではなく、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。面接対策が自分一人では難しいと感じる方は、ぜひご活用くさい。
※ただし、ご経験・ご要望によっては、サービスをご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください。