転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職活動に欠かせない「自己分析」の4つのステップとは?

転職活動に欠かせない「自己分析」の4つのステップとは?

転職を考え始めたとき、まずは求人サイトを訪れてどんな求人があるのかを眺めてみる人も多いことでしょう。しかし、選択肢が多すぎて、自分に合う求人をどう探せばいいかわからず、そこで止まってしまうこともあるようです。転職活動を開始するなら、まずは「自己分析」から始めてみましょう。自己分析の意義、やり方について、リクルートキャリアのキャリアアドバイザーが解説します。

転職活動において「自己分析」はなぜ必要なのか

転職活動を開始する前に自己分析をするべきなのはなぜか。目的は大きく2つ挙げられます。「転職先選びの軸を明確にする」「自分自身を相手に伝え、理解してもらう」です。

転職先選びの軸を明確にする

「どこかいい会社があれば…」「面白そうな仕事があれば…」というように、目的があいまいな状態で求人を探し始めると、選択肢が多すぎて目移りし、志望企業をなかなか決められません。そして、「何となく興味を持った」会社に応募したとしても、目的があいまいでは「志望動機」をしっかり語れず、選考を通過できません。

「仕事において、自分が大切にしたいことは何なのか」「自分の強みはどんなところで、今後どう活かしたいのか」「どんな仕事や環境なら、自分はイキイキと働けるのか」「今後何を目指し、将来どんな自分になりたいのか」などを整理することで、企業選びの軸も明確になります。

自分自身を相手に伝え、理解してもらう

転職活動では、A4紙1~2枚程度の職務経歴書+1回・1~2時間程度の面接で、自分を相手に伝えなければなりません。「自分のことだから話せる」と思っていても、いざ面接となると、なかなか言葉が出てこない、適切な表現ができない、というのはありがちです。

自分の強みや個性を相手に正しく理解してもらえるように、自分自身を客観的に振り返り、「言語化」しておくことが大切です。

自己分析の4ステップ

自己分析を行う際、整理するポイントを、ステップごとにご紹介します。

【STEP-1】これまでの経験を洗い出す

これまでの仕事について、以下の項目を整理してみましょう。

● どんな業界でどんな業務を担当してきたか
● 社内外のどんな人たちと、どのように関わってきたか
● 組織の中でどんな役割を果たしてきたか
● どんな成功体験があるか。成功した要因は何か
● どんな失敗体験があるか。そこから何を学んだか

【STEP-2】強みとするスキルを整理する

STEP-1の経験から、身に付いたスキル、特に長けていると思うスキルを挙げてみましょう。
次のスキル一覧を参考に、自分に該当するものをピックアップしてみてください。

●他人に関わる力
親しみやすさ/気配り・ホスピタリティ/チャーム(可愛がられる要素)/素直さ/誠実さ/真面目さ/約束を守る/協調性・チームワーク力/指導・育成力/働きかける力(巻き込み力)/わかりやすく伝える力/傾聴力/プレゼンテーション力/ 理解力/調整・交渉力
●自分に関わる力
決められたことをやり抜く力/忍耐力/継続力/粘り強さ/実行力/活動意欲/集中力/ストレス耐性/主体性(自分で考え行動できる力)/挑戦心・チャレンジ精神/改善・成長意欲/前向き志向/学ぶ姿勢/度胸・本番に強い/感情をコントロールする力/タフさ(精神力)/使命感・責任感/目標指向性・達成意欲/パッション(情熱)/探究心/どんな仕事でも面白みを見つける好奇心/変化対応力・柔軟性
●課題に対する力
論理的思考力/物事の本質を突き止める力/課題発見力/企画力/計画力/想像力/提案力/分析力 /広い視点で捉える力/正確性/スピード/PCスキル/文章作成力/計算能力

【STEP-3】自分の特性、価値観を客観視する

もともと持っている特性や、価値観を見つめ直してみましょう。

● 周囲の人からどんな人物だと言われるか
● 人とどのようなスタイルでコミュニケーションをとっているか
● 仕事をする中で、どんな場面で喜びややりがいを感じてきたか
● 仕事をする中で、どんな場面で苦痛やストレスを感じてきたか
● 仕事をする中で、どんなことを大切にしているか
● どんなビジネスパーソンに憧れるか。「自分もこうなりたい」と思う人物像

【STEP-4】今後目指したい目標、ビジョンを描く

STEP1~3をもとに、今後やりたいこと、目指す将来像を考えてみてください。

● 今後、どんなスキルを活かしていきたいか
● 今後、どんなスキルを伸ばしていきたいか
● どんなやりがいを感じながら働きたいか
● どんなことを大切に働きたいか
● 将来どんな自分になりたいか

以上を整理しておくことで、求人票や求人広告を読む際の「キーワード」が明確になり、自分の志向に合う企業を見つけやすくなります。

自己分析で得たポイントを、応募書類&面接でアピールする

STEP1~4で言語化した自分の強みや志向を応募先に伝えるために、それを裏付ける具体的なエピソードを用意しましょう。このとき、「大切にしていること」「具体的な行動」「成果」をセットで伝えることを意識してください。

<キャリア・強み・今後の目標を伝える例文>
「私はIT企業で○年間、○○システムの営業として、主に中小企業の新規顧客を担当してきました。商談の相手は主に経営者です。2年目の頃、あるクライアントに対し、当初は業務オペレーション上の課題を聞いてシステム導入を提案していたのですが、対話を重ねるうちに、真の課題は組織体制にあると気付きました。

そこで、独自に組織作りや人材育成手法のトレンドを調べ、社長に情報提供したところ、信頼を得て、後に○○円の大型受注につながりました。

それ以来、クライアント企業の経営者と対話する際には、経営における根本的な課題を探るようになりました。そして、お客様と一緒に課題解決の方法を考えることにやりがいを感じるようになったのです。

しかし、システム導入だけでは解決できない課題も多くあるため、幅広い課題解決を手がけられるよう、組織コンサルタントを目指したいと考えました」

自己分析がうまく進まないときは……

「自分一人では、どうもうまく整理できない、客観的に判断ができない」という場合は、次のような方法も試してみてください。

モチベーショングラフを作ってみる

子ども時代までさかのぼり、自分が取り組んできたこと、頑張ったこと、印象に残っている出来事などを振り返って年表に書き込んでいき、その時々の感情を振り返ります。

自分の歴史を年表にすることで、「自分はどんなことに楽しさ、喜びを感じてきたのか」「何をしているときがつらかったのか」などが明確に見えて、自分が人生の中で大切にしたいことが具体化されてきます。

モチベーショングラフの作成例

「他己分析」を参考にする

上司、同僚、友人などは、あなたが自分では気付いていない強み、弱み、個性をつかんでいたりします。「僕(私)はどんな人間だと思う?」「僕(私)の強みってどういうところだと思う?」などとたずねてみてはいかがでしょうか。新たな自分の一面を発見できるかもしれません。

また、転職エージェントでは、キャリアやスキルについて「転職市場での価値」の診断を受けられます。「こんなのは大した経験ではない」「こんなことは誰でもできる」と思い込んでいることが、実は社外に出ると高く評価されることもあります。逆に、自分が自信を持っている経験・スキルが、転職市場ではそれほど価値を認められないこともあります。転職のプロによる客観的評価も参考にしてみてください。

あわせて読みたい参考記事

* 転職活動のやり方とスケジュール
* 転職する業界の選び方と業界研究のやり方
* 転職活動の流れー転職サイト・転職エージェントを利用する場合ー
* 転職活動の期間はどのくらい?転職までの流れとスケジュール事例

リクルートエージェントでは、応募した企業の面接で質問されることなどの傾向や、どんな候補者が評価されるかなどの情報をお伝えすることができます。面接対策にお悩みの方はぜひ相談に来てみてください。