転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 面接で転職理由を聞かれたら?転職(退職)理由の答え方

面接で転職理由を聞かれたら?転職(退職)理由の答え方

転職理由

「志望動機」「自己PR」と同様に、「転職(退職)理由」は面接でよく聞かれる質問の一つです。では、転職理由はどのように伝えればいいのでしょうか。転職理由の考え方や採用企業が判断しているポイント、転職理由の例文などを人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏が解説します。

転職理由とは?退職理由との違い

中途採用の面接では、必ずと言っていいほど「転職理由」を聞かれます。転職理由を「給料が低いから」「転勤があるから」など、「退職理由」と混同している方もいるかもしれませんが、転職理由は「転職を考えたきっかけ(退職理由)」だけではありません。「転職によって実現したいこと」を含めて伝えるのが理想的です。

転職理由で採用企業が判断していること

ではなぜ採用企業は転職理由を聞くのでしょうか。転職理由によって採用企業が判断しているのは、入社後の「定着」と「活躍」の可能性です。

入社後の定着…同じ理由でまたすぐに辞めてしまわないか
入社後の活躍…転職理由を実現できそうか

転職によって退職理由が解消し、転職理由を実現することができないと、入社後にまた同じ理由で退職してしまうかもしれません。また、転職理由を実現できれば、モチベーションを維持し長く活躍できる可能性が高まります。そのため、転職理由は重要な質問とされています。

転職理由の答え方のポイント

転職理由を聞かれたら、どのように答えたらいいのでしょうか。転職理由の答え方のポイントをご紹介します。

エピソードを交え、事実ベースでまとめる

「残業が多い」「上司と合わない」など、退職理由がネガティブな内容になることもあります。「ネガティブな理由だとマイナスの印象を持たれるのでは…」と不安に感じる方もいるようですが、退職理由がネガティブであっても、伝え方次第でマイナスとはならないこともあります。

逆に、ネガティブな退職理由を隠そうとして建前で転職理由をまとめてしまうと、採用担当者も定着性や活躍の可能性を判断することができません。また、取り繕った転職理由で内定を得たとしても、入社後にミスマッチを感じるリスクもあります。転職理由は具体的なエピソードを交えて、事実ベースでまとめるようにしましょう。

「退職理由:2割」+「転職で実現したいこと:8割」で構成

転職理由をまとめる際は、「退職理由:2割」+「転職で実現したいこと:8割」を意識して構成するのがお勧めです。特に退職理由がネガティブな内容だった場合、退職理由のボリュームが多すぎると、採用担当者が「前向きな入社後の活躍イメージ」を持つことができません。退職理由はあくまで「転職のきっかけ」程度にとどめ、「転職で実現したいこと」を中心に構成するようにしましょう。

退職理由を前向きに言い換える

転職理由を考えるにあたり、「退職理由は明確でも、転職理由が浮かばない…」という方もいるかもしれません。転職理由がなかなか浮かばない場合は、退職理由に隠されている、前向きな仕事への思いを考えてみましょう。

退職理由の変換例

・残業が多くてつらい
→効率的に仕事を進めて成果を出したい

・仕事が単調でつまらない
→やりがいを感じる新しい仕事にチャレンジしたい
・ギスギスした職場の人間関係が合わない
→チームワークを活かして働きたい

「実現可能な目的」を意識する

応募している仕事内容と転職理由がかけ離れていて、入社後に実現できそうもない転職理由では、採用担当者も評価することができません。前向きな転職理由が明らかになったら、応募する企業でどのように実現できるのかを考えましょう。また、面接では転職理由とともに志望動機も聞かれることが一般的です。転職で目的を実現するために、なぜ応募企業を選んだのか。志望動機との整合性もチェックしておくことが重要です。

転職(退職)理由の回答例

転職理由の回答例とNG例をご紹介します。転職理由を考える際の参考にして下さい。

「年収が低い」が退職理由の場合

前職ではITサービスの法人営業を担当していました。グループ会社の案件を請け負うケースが多く、新規顧客を獲得しても評価や報酬に結びつきませんでした。
営業活動が評価に反映される職場であれば、モチベーション高く仕事にまい進できると考えています。御社は新サービスのリリースに伴い、営業部門を強化されています。新規の法人営業で培った経験を活かして、サービスの拡大とトップシェアの獲得に貢献したいと考えております。

NG例

前職ではITサポートの法人営業を担当していました。グループ会社の案件を請け負うケースが多く、新規顧客を獲得しても給料は低いままでした。
御社の求人には賞与やインセンティブ制度が整っていると記載されていました。給与アップを目指して、売り上げに貢献したいと考えております。

解説:
入社して、給与アップが実現すると、どのように活躍できるのかを伝えきれていません。「もし給与が上がらなかった場合、辞めてしまうのでは?」と不安を抱かれる恐れがあります。これまでの経験・スキルを活かして入社後に何を実現したいのか、具体性を高めましょう。

「スキルアップ」が退職理由の場合

前職では人事アシスタントとして、面接日程の調整や会議室の手配などを行っていました。ベテラン社員が多く役割分担が明確に決められており、人事としてのスキルアップを図ることができませんでした。
御社は人事の裁量が大きく、採用から教育まで幅広く担当するという方針をお持ちです。また、多店舗を展開し採用を積極的に行われておりますが、採用ページや転職サイトに掲載している求人がとても分かりやすく、人事の方のスキルが十二分に発揮されていると感じました。これまでアシスタント業務が中心でしたが、採用業務の効率化のために、採用管理ツールの使い方を工夫したり、書類をテンプレート化したりした経験もあります。これまでの人事経験を活かし、「御社で活躍する人材」の採用に貢献したいと考えています。

NG例

前職の人事部門はベテラン社員が多く、若手は面接日程の調整や会議室の手配など、アシスタント業務が中心となっていました。アシスタント業務だけで手一杯でスキルアップができないため、業務の効率化を図りましたが、ITに疎い組織でなかなか認めてもらうことができませんでした。

御社は人事の裁量が高く、採用から教育まで幅広く担当するという方針をお持ちです。様々な業務を通じて、スキルアップを実現したいと考えております。

解説:
ネガティブな内容の比率が高く、業務改善のエピソードを活かしきれていません。また、「スキルアップができない」は「退職理由」としては問題ありませんが、もう一歩踏み込んで、スキルアップを図ることによって人事として何を実現したいのかを明確にしましょう。

「人間関係」が退職理由の場合

前職では経理として、請求管理や月次決算を担当していました。上司である経理責任者が社長の身内で、経理担当者として納得のできない指示も多く、顧問税理士との板挟みになることもしばしばでした。
御社は〇〇をメイン事業として上場しており、前職での業界特有の経理知識を活かすことができます。将来的には経理の視点での財務体質や経営の改善提案を行いたいと考えておりますが、まずは即戦力として、一日も早く御社の成長に貢献したいと考えております。

NG例

前職では経理として、請求管理や月次決算を担当していました。上司である経理責任者が社長の身内で、経理担当者として納得のできない指示も多く、顧問税理士との板挟みになることもしばしばでした。疑問を抱きながらも、社長の身内なので誰も強く言えませんでした。
上場企業である御社なら、適切な会計が行われているので安心です。経理経験を活かして貢献したいと考えております。

解説:
入社後に実現したいことが含まれておらず、採用担当者から受け身の印象を持たれる可能性があります。意欲を伝えるためにも、転職で実現したいことを具体化しましょう。
組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルティングを行っている。