転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 転職の面接で聞かれる「長所と短所」、どう答えるのが正解?

転職の面接で聞かれる「長所と短所」、どう答えるのが正解?

面接でよく聞かれる、「あなたの長所と短所(強みと弱み)を教えてください」という質問。どう答えればいいのか悩んでしまう人は少なくないのでは?

企業はこの質問から何を読み取っているのか、そしてどういう視点で考え、答えればいいのか、「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーに詳しく聞きました。

面接官が「長所と短所」を質問する意図

企業が面接で「長所・短所」「強み・弱み」を質問する意図は、次の2点です。

1)応募者が自分のことを俯瞰で捉え、「客観視」できているかを見ている

2)その答えから人柄や仕事の進め方などを判断し、一緒に働くイメージが湧くかどうかを判断している

この質問の答えに正解・不正解はありません。「こういう短所を持つ人は採用しない」など、短所自体で採否をジャッジするわけではありません。応募者が自身を俯瞰でとらえ、客観視できているか、そして仕事上それらの要素をどう活かし、どう補おうとしているかを見ています。そして、その答えから応募者の「人柄」や「仕事に対する姿勢」をつかみ、その人と一緒に働くイメージが湧くかどうかも判断しています。

応募者のスキルが求める水準に多少満たなくても、一緒に働くイメージが湧けば、採用してから自社で育てたいと考える企業は少なくありません。つまり、企業からの注目度は高い質問であり、事前にしっかり準備しておきたい項目です。

長所と短所は「表裏一体」。長所の裏側にあるマイナス面を短所として伝えよう

自身の「仕事における持ち味」を軸に、長所と短所を考えましょう。長所と短所は表裏一体です。例えば、「慎重な性格で、絶対に抜け漏れやミスは起こさない」のが長所という人は、「スピード感に欠け、何事にも時間がかかる」という側面があるのでは。表裏一体の関係にある長所と短所をセットで伝えれば、人事にも違和感なく伝わります。

なお、短所を伝える際は「短所を改善するために実践していること」も併せて説明するといいでしょう。短所をどう捉え、改善するためにどんな努力をしているのかまで伝えると、課題認識能力、課題解決能力の高さが伝わり、人事に入社後の活躍ぶりをよりリアルにイメージさせることができます。「入社後にもし壁にぶつかったとしても、現状を冷静に捉え、自身の努力で改善・克服してくれそうだ」という、ポジティブな印象も持ってもらえるでしょう。

また、「自分では長所・短所がわからない、ピンとこない」という場合は、あなたの働きぶりを近くで見ている職場の友人や、性格を理解しているプライベートの友人に客観的な意見をもらうといいでしょう。自分が思っている姿と、周りが見ている姿との違いが分かり、新たな発見が得られます。1人だけでなく立場の異なる複数の人に聞くと、自分のさまざまな側面をより客観的に捉えられるので、お勧めです。

長所・短所の答え方例

(例文) フットワークがよく、スピード感を持って仕事を進められる点が長所です。ただ一方で、スピード感を重視するあまり、たまに抜け漏れがあるのが短所であるとも認識しています。この短所をなくすために、毎朝ToDoリストを作って日々やるべきことをチェックするようにしてから、かなり抜け漏れが減りました。

長所・短所を伝える際の注意点

長所・短所を面接で伝えるとき、以下の理由で失敗してしまう人が少なくありません。事前準備の際には十分注意しましょう。

長所ばかり伝えすぎ

好印象を与えたいがために長所ばかりを伝える人がいますが、逆効果となる場合も。自分を客観視できていないと判断される恐れがあるので注意が必要です。

前述通り、短所はマイナス評価をするために聞いているわけではなく、応募者が短所をどう認識し、どう克服しようとしているのかを見るためのもの。長所と短所をバランスよく伝えたほうが好印象であると覚えておきましょう。

ほかの質問の答えと整合性を考える

例えば、志望動機として「社員一人ひとりが裁量権を持ち、スピード感を持って仕事を進められる点に惹かれた」と伝えた後に、「長所は慎重に物事を進める点、短所はスピード感に欠ける点」と言われたら、企業は「スピード感に欠けるのに、なぜうちを志望したの?」と違和感を持ちます。

面接で良く聞かれる質問について準備する際は、答えの整合性にも気を配りましょう。自分を少しでもよく見せようと無理に取り繕うと、バランスが崩れることが多いので、この機会に改めて自身を客観視し、自己分析することが大切です。

リクルートエージェント キャリアアドバイザー

文 悠児

ITメーカーで営業やマーケティングに従事した後、リクルートキャリアに転職。現在は転職エージェントサービスを手掛ける「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、主にネット領域全般を担当。

リクルートエージェントでは企業ごとの特色だけではなく、面接で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。面接対策が自分一人では難しいと感じる方は、ぜひご活用くさい。
※ただし、ご経験・ご要望によっては、サービスをご提供できない場合がございます。あらかじめご了承ください