転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 内定を受けて入社の準備をする > 内定への返答は何日待ってもらえるのか

内定への返答は何日待ってもらえるのか

晴れて内定を獲得しても、「第1志望の会社がまだ選考中」「他社も受けたい」など、素直に喜べない場合もあるもの。対処法を間違うと、全てを棒に振りかねません。ポイントをしっかり押さえて、慎重に進めましょう。

 

転職成功者に聞きました「内定への返答は何日待ってもらえましたか?」

待ってもらえるのは3日~1週間程度

内定から返答を待ってくれた期間

「1週間」が最多ですが、「3日」、「1日」と回答をすぐに迫る企業も多いようです。返答を待ってもらえるのは3日から長くても1週間程度、場合によっては翌日には意思表示を求められることも覚悟したほうがよいことがわかる結果です。学生時代の就職活動と異なり、転職活動では短期間で入社意志を表示できなければ、内定は無効になってしまいます。悔いのない決断をするにはどうすればよいのか。キャリアアドバイザーのアドバイスを見てみましょう。

転職エージェントのアドバイス~内定対応に困らないようにするには?~

「現時点の志望ランキング」を常に意識する

中途採用では採用枠が「1人」など限られていることも多く、かつ複数人数の選考を同時に進めています。あなたは常に何人かのライバルと比較されていることを認識してください。入社意志をすぐに示さないと、「意欲が低い」と見なされて評価がマイナスになる恐れがありますし、場合によっては経験・スキルよりも、早く入社できる人が優先されることもあります。
複数企業に応募している方は、その中の一社から内定を得たときに、すぐに比較検討できるような「基準」を持っておくことが大切です。「現時点ではA社が1位、B社が2位…」と、早い段階から自分の中でのランキングを意識するといいでしょう。

希望順に内定が出るよう、面接スケジュールを組み立てる

とはいえ、できるものなら「第1志望の結論が出る前に、第2志望から内定通知がきた」といった事態は避けたいもの。
そのためには、できる範囲でそれぞれの会社の選考ステップやスケジュールをつかんでおくことが大切です。そのうえで、応募や面接設定のタイミングを測り、希望順に内定が出るように進めたいものです。

リクルートエージェントでは、各社の選考の期間・ペースをふまえ、面接スケジュールの調整を代行致します。また、第2志望以下の企業で先に内定が出たときなど、内定企業に返事を待ってもらう一方、第1志望企業に選考を早めてもらうように交渉するといった調整も、場合によっては可能です。