転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 38歳で転職は可能?─実例から見る成功のポイントとは

38歳で転職は可能?─実例から見る成功のポイントとは

「転職するなら35歳まで……と聞くけど、30代後半になると転職するのは難しいのだろうか?」──今回はそんな不安を抱いている38歳の方のご相談 にお応えします。38歳で転職に成功し、活躍している事例をもとに、成功の秘訣を探ってみましょう。

35歳以上でも、異業種・異職種を含め、転職チャンスは広がっている

<相談者>Aさん(38歳・男性・サービス業界・営業マネジャー)
会社の先行きに不安を感じており、IT業界への転職を検討しています。「35歳を過ぎると転職は難しい」と聞いたことがあります。私はすでに38歳ですが、異業界への転職はやはり厳しいでしょうか。40歳前ならまだまだ転職できそうな気もしますが……。

<アドバイザー>
たしかに一昔前は、「転職するなら35歳が限界」などという声もありました。しかし、少子化に伴って労働人口が減少し、シニア層の活用が必須課題となった昨今では、「35歳の壁」はすでに崩れています。定年が延長される企業も増えており、年金制度の先行き不安から70代まで働くことも現実的となってきました。

そうした社会変化の中、「30代後半」という年齢に対する捉え方も変化してきています。20代と比較すると、未経験でのキャリアチェンジの選択肢は狭まりますが、経験・スキルがマッチする求人に出会えれば、転職成功のチャンスは十分にあります。

経験豊富な30代後半は、同業界・同職種には「即戦力」として迎えられます。しかし、異業種・異職種であっても、これまで身に付けたスキルを応用できることをアピールできれば門戸が開かれるケースも多数あります。

実際に38歳で転職を果たした人の事例をご紹介しましょう。

【転職成功事例①】「個人顧客との関係構築力」を活かして転職

不動産会社 に勤務していた個人向けの営業職のAさん(38歳)。 M&A により他社に買収され、組織も制度も一新。年収がダウンしたのを機に、転職活動に踏み切りました。異業界にも応募した結果、転職した先は宝飾品の輸入・販売会社。「せっかく転職するなら、華やかな世界を体験してみたい」と、これまでとは違う業界に興味を抱き、応募したのです。

Aさんが評価され、採用に至ったポイントは「個人顧客との関係構築力」でした。不動産会社では土地オーナーに対して資産活用の提案を行っており、それぞれの顧客の家族構成や趣味なども覚えていたというBさん。顧客と「人同士」としての関係を築き、距離を縮めた上で相手の状況に応じた提案を行い、信頼を獲得することが得意でした。

そうした営業スタイルは、固定顧客の獲得を目指す宝飾品の営業にも、共通して評価されたのです。宝飾品の知識はありませんでしたが、営業としての即戦力性を期待され、採用に至りました。

入社後は新規顧客開拓を担当し、数カ月後には売り上げ目標200%を達成。顧客との関係構築力が認められ、後に既存顧客を任されるようになったそうです。「前職では会社の方針に縛られていたが、今の会社では自分のアイデアを活かして自由に活動できるのがいい」と、嬉しそうに語っていました。

<成功のポイント>
分野が異なっても活かせるスキルを「ポータブルスキル(持ち運びできるスキル)」といいます。Aさんの場合は「個人顧客との関係構築力」でしたが、「課題分析力」「交渉力」「企画提案力」「調整力」など、さまざまなポータブルスキルがあります。自分が強みとするポータブルスキルは何なのかを整理・認識し、それを活かせる業種・職種・企業を探してみてはいかがでしょうか。

自分のポータブルスキルを知りたい場合は、「一般社団法人人材サービス産業協議会」が提供している「ポータブルスキル セルフチェック」も活用してみてください。

【転職成功事例②】「マネジメント経験」を活かして異業界へ転職

新卒で生命保険会社に入社したBさん(38歳)。営業、営業企画、営業マネジャーのキャリアを積んできましたが、保守的な風土に閉塞感を抱くように。「自分は社外で通用するかどうか試してみたい」という気持ちが強くなり、転職活動を開始しました。

転職先候補として、金融機関のほか、金融機関を顧客とする大手IT企業などが挙がりましたが、Bさんが選んだのは通信サービス会社です。転職エージェントから紹介を受けたときは、思ってもみなかった選択肢に驚いたといいます。しかし、業種は異なっても、Bさんの「マネジメント経験」が活かせたのでした。

その通信サービス会社では、営業メンバーが地域密着で個人宅や商店を訪問し、サービスの案内を行っていました。Bさんは前職で、地域ごとに個人顧客への営業やフォローを行う部門のマネジメントを手がけていたため、その経験が活かせると評価されたのです。

入社後は個人向け営業部門のマネジメントにとどまらず、法人向け営業の企画にも携わり、キャリアの幅が広がったそうです。個々の社員の裁量権が大きく、スピーディに物事が進むため、「前職では2週間かかっていた稟議が、今が1日に片付く」とか。そのスピード感を心地よく感じるとともに、「自身も成長を感じられる」とのことでした。

<成功のポイント>
30代後半になると、「マネジメント」の役割が期待されます。異なる業種であっても、マネジメントの対象層(若手が多い組織/派遣・アルバイトが多い組織/ワーキングマザーが多い組織……など)やマネジメント手法などが一致していれば受け入れられます。

マネジャー経験を積んできた人は、自身のマネジメントスタイルを見つめ直し、メンバーの育成・モチベーションアップのためにどんな取り組みをしてきたかを整理してみましょう。それをアピールすることで、異業界のマネジメントポジションへの転職チャンスも広がります。

転職エージェントに相談してみよう

転職エージェントでは、採用市場の動向、キャリアの「市場価値」、同世代の転職成功事例、30代後半の人が職務経歴書作成や面接で注意すべきポイントなど、さまざまな情報、アドバイスをご提供します。情報収集に、転職エージェントのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい参考記事

* 転職は35歳が限界はホント?―転職を成功させるための6つのポイント
* 30代転職のポイントと企業選びのコツは?
* 40代転職のポイントと選択肢を広げる方法

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。