転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職事例 > 知人の紹介で転職。入社後に落とし穴が…

知人の紹介で転職。入社後に落とし穴が…

転職を「成功した人」と「失敗した人」は、それぞれどんなきっかけで、どんな方法で転職活動を進めたのでしょうか。
ここでは、転職にまつわる成功・失敗事例を通じて転職活動を上手に進めるコツをご紹介します。

入社直後、担当するはずの物件が消え、不本意な業務に就くことに…

転職事例:倉田さん(35歳)
不動産ファンド運営会社のプロパティマネージャー → 不動産ファンド運営会社のアセットマネジャー
年収 : 780万円 → 650万円

・アセットマネジャーにキャリアアップしたい

不動産ファンド運営会社でPM(プロパティマネージャー)を務めていたんですが、経営が傾き倒産寸前となったため、転職することにしたんです。せっかく転職するからには、AM(アセットマネージャー)にキャリアアップしたいと考えました。仕事を通じて知り合った知人に声をかけたところ、知人が勤める不動産ファンド運営会社の人事担当者を紹介してくれて、とんとん拍子で、近々手がける物件のAMとしての入社が決まりました。

ところが、入社して間もなく経営状態が悪化。担当するはずだった運用物件を手放すことになり、私のポジションは宙に浮くことに…。結局、ビル管理の仕事にまわされることになり、再びPMに戻ってしまいました。PMの仕事に戻るだけならよかったのですが、前職よりも仕事のレベルが落ちてしまったんです。以前は、AMに提出するレポート作成や収益計算なども手掛けていたのに対し、今では警備会社・清掃会社との折衝や業務計画が中心。もちろん、それも大切な仕事ですが、キャリアアップを目指しての転職だっただけに、ギャップの大きさは受け入れがたいものがありました…。会社の経営状況悪化に伴い、年収も最初に提示されていた金額から約100万円下がることになりました。

けれど、業務内容や給与額に不満があっても、紹介してくれた知人の手前、文句もつけにくい。そうはいっても、このまま続けていくのも辛い。早めに軌道修正しなければと思い、リクルートエージェントに相談しました。

 

転職成功のポイント!
知人の情報だけで結論を出さず、広い視野で情報収集

知人からの生の情報はついつい信じてしまうものですし、実際に信頼性が高い情報も多いと思います。

しかし、その情報は、あくまで知人の主観的な情報であることを忘れてはいけません。限られた情報だけで判断するのではなく、客観的な視点で企業の経営方針や今後の事業展開を把握しましょう。
併せて、企業の中での自分のポジションがどういった位置付けなのかも、事前に確認しておくといいでしょう。

転職市場の実情、相場観を知り、自分の認識の甘さを反省

CA(キャリアアドバイザー)さんとの面談では、「再び、AMとして転職するのは可能ですか?」と、質問をぶつけてみました。

CAさんは、現在の市況を説明しながら、その可能性を教えてくださいました。その時点での話ですが、AMのニーズは急速に減っているのだとか。それは、不動産業界の中でも一定のビジネスモデルで経営している企業が採用を手控えていることが原因だということを知りました。加えて、私と同じような経験を持つ人が、今、どんな転職を果たしているかの事例をいくつか教えてもらいました。

この話を聞いて、AMへのキャリアアップがいかに市況とミスマッチだったのかがわかり、転職に失敗してしまったのは無理もないことだと思い知らされました。しかも、CAさんのお話では、AMやPMなど歴史の浅い職種は、働く会社によって役割や業務範囲、活動スタイルの切り分けが曖昧なんだとか。

自分の会社の中でのPMという仕事の役割や業務範囲が他社でも同じだと思っていましたが、実際は違ったんですね。実は、自分の職種についてさえ、よく理解していなかったんだと思いました。自分がいる業界のことや他社との違いなどを把握した上で比較検討するべきなんだと痛切に感じました。

 

転職成功のポイント!
業界動向とその背景、企業のビジネスモデルを把握することで、進むべき道が明らかになります。

「転職するなら安定した業界がいい。」と異業界への転職を考える方は少なくありません。しかし、業績が不安定だったり急に落ち込んだりするのは、企業のビジネスモデルが問題である場合も。他社に目を向けてみれば、景気に左右されないビジネスモデルで安定経営をしている企業がきっとあるはずです。「業界の仕組み」「企業のビジネスモデル」を研究し直すことによって、次の選択肢を発見できるかもしれません。

幅広い情報を取り入れて、自分にとって最適な選択をしたい

今は、転職活動を進めている途中です。企業によってPMの役割や仕事内容が異なると伺ったことで、PMとしてまだまだスキルアップが可能だと感じました。

当初はAMにキャリアアップすることばかり考えていましたが、今では今後もPMとして、しっかりキャリアを築いていきたいと思っています。前職・前々職では業績の急激な悪化を経験し、不安な思いをしましたから、業界の動向や各社のビジネスモデルをしっかり把握して、次こそは業績が安定していてキャリアアップが可能な会社を選びたいと考えています。また、前回の転職では知人の情報だけを信じて転職してしまいましたが、今後は自分で得た情報に加え、リクルートエージェントの客観的な意見も参考にしようと思っています。

 

担当キャリアアドバイザーより

業界内のつながりが強い不動産業界では、知人の紹介で転職するケースがよく見られます。

ところが、リクルートエージェントには、「知人経由で転職したが失敗した」と相談に来る人も多数いらっしゃいます。仕事内容や条件面など、口約束のみで入社してしまい、入社後に「話が違う」という話は少なくないのです。しかも、紹介者の手前、「強く交渉、主張することができない」「早く軌道修正したくても、すぐに辞めるわけにいかない」といった声も聞こえてきます。
相手の会社に悪気はなかったとしても、お互いの認識がすれ違ってしまうことはあります。「アセットマネジャー」「プロパティマネージャー」のように歴史の浅い職種は特にそうなのですが、同じ職種でも、会社によって役割や仕事内容が全く異なることは珍しくありません。その誤解が失敗を招くことも多いので、その職種は具体的にどんな役割、業務範囲を指しているのかを確認した上で、慎重に判断しましょう。