転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 履歴書の「賞罰」欄の書き方(書き方見本付き)

履歴書の「賞罰」欄の書き方(書き方見本付き)

履歴書の賞罰欄は、何をどのように記載すればいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

「賞」は応募先企業へのアピールになるけど、「罰」はマイナス印象を与えそう。そもそも「賞」と「罰」とはどのようなものを指すの?必ず書かないといけないの?などいろいろな疑問があると思いますが、どのように対応すべきなのでしょう。
今回は、賞と罰とは何を指すのかを解説し、具体的な書き方を紹介します。

取材協力
スパイラル社会保険労務士事務所
代表 所長 社会保険労務士 村松 鋭士

 「賞罰」とは何か?

履歴書の「賞罰」欄は、そもそもどのような内容を記載するもので、どういった目的で設けられているのでしょうか。「賞」と「罰」、それぞれが指す内容と目的は以下の通りです。

「賞」とは

応募者の特技や得意分野を知るために設けられており、過去の受賞歴や表彰歴が該当します。しかし、何を書いてもよいというわけではなく、募集職種に関連性があり、比較的大規模で社会的認知度が高い賞を記載することが望ましいとされています。ただし、人命救助活動などの表彰は、募集職種に関連性がなくても人間性をアピールできるものとして有効なので、記載してもよいでしょう。
これらに該当しない事項については、「特技・趣味」「自己PR」などの欄、または職務経歴書でアピールすることをおすすめします。

 「罰」とは

応募者の犯罪歴の有無を知るために設けられており、懲役、禁錮、罰金などの刑事罰が該当します。交通違反については、違反点数6点以上が対象となります(「Q&A」項目を参照してください)。
ただし、懲役刑については刑期満了から10年、執行猶予については終了から5年が経過したら効力消滅と見なされ、記載しなくてもよいとされています。

「賞」と「罰」それぞれの書く内容と書き方

「賞」「罰」ともに、具体的な年月と事実のみを簡潔に書きましょう。
両方に該当する事項があるときは、まず「賞」、次に「罰」の順に書きます。いずれも該当するものがないときは、『なし』と記載します。

■いずれも該当するものがない場合の書き方見本

賞罰
なし

「賞」の書き方

受賞した年月と、賞の正式名称を記載します。必要があれば賞の詳細を書き添えます。

賞罰
2015 7 第●回 △△国際コンテスト優勝
2017 3 ●●消防署長より感謝状(△△の際の人命救助により)

 

「罰」の書き方

刑が確定した年月と、刑の正式名称を記載します。懲役・執行猶予の年数と刑期終了時期についても書きましょう。

賞罰
2010 2 道路交通法違反(速度超過40キロ以上)で罰金刑
2007 11 △△罪 懲役●年 執行猶予●年 終了

 

「賞罰」欄に記載しなかったら、どうなる?

日本における雇用契約は、民法の「信義誠実の原則」に則って結ばれます。「信義誠実の原則」とは、“互いに相手の信頼を裏切らないように行動すべき”という原理であり、雇用契約は企業と応募者との信頼関係の上に成り立っています。ですから、賞罰欄には該当する事項を隠さずに記載しましょう。
とくに「罰」に該当する事項は書きにくいと思いますが、履歴書に記載しなくても事実が発覚することもあります。面接時に刑事罰の有無を問われたり、応募先企業が前職の勤務先に確認したり―といったことも考えられますから、事実を隠さずに伝えましょう。
一般的に、企業では就業規則に「従業員が重要な経歴を偽り採用されたとき、懲戒解雇する」といった一文を設けています。実際に内定取り消しや解雇にいたったケースもあるので、気を付けましょう。

ちなみに、履歴書用紙には「賞罰」についての記入欄がないものもありますが、この場合、記載しなくても問題ありません。
応募先企業から賞罰の告知を求められた場合は、「賞罰」欄のある用紙を選びます。記入欄のない用紙で記載する事項がある場合、「学歴・職歴」の後に「賞罰」について書きましょう。

 その他のQ&A

賞罰欄の記載について、「こんな場合はどうすればいい?」という質問にお答えします。

 前職での営業成績表彰は書いてもいいの?

「賞」の記載事項として望ましいのは、募集職種に関連があり、比較的大規模で社会的認知度が高いものという前提があります。
ですから、“優秀な営業成績で社内表彰を受けた”といった事実については、賞罰欄ではなく、職務経歴書でアピールするのがよいでしょう。

交通違反経験も書くべき?

交通違反の場合、交通違反点数制度における減点6点以上が刑事罰(罰金刑)となります。これに該当する場合は記載しましょう。

 前職で懲戒解雇された場合も記載が必要?

「罰」に該当するのは刑事罰のみ。懲戒解雇について書く必要はありません。
ただし、退職理由が懲戒解雇だったにも関わらず、職歴欄に「一身上の都合により」と書いた場合は、経歴詐称に問われる可能性があるので注意しましょう。