転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職事例 > 面接力を磨き、大手外資系メーカーの壁を突破しました

面接力を磨き、大手外資系メーカーの壁を突破しました

転職を「成功した人」と「失敗した人」は、それぞれどんなきっかけで、どんな方法で転職活動を進めたのでしょうか。成功・失敗事例を通じて転職活動を上手に進めるコツをご紹介いたします。

自信を持ってモノを売る立場になりたい

転職事例:高橋さん(29歳)
電子部品商社の営業 → 大手外資系メーカーの営業
年収 : 450万円 → 600万円
・自社製品を売るメーカー営業をやりたい
・収入をアップさせたい

僕の転職理由は、自社で作った製品を自信を持って売れる立場になりたいと思ったことと、年収をアップさせたかったこと。それなりに責任の重い仕事を任されていたのですが、そのわりには給料が安いことにいつしか不満を抱いていました。

転職の相談はリクルートエージェントにお願いしました。最初の面談でキャリアアドバイザー(CA)さんに希望を伝えたところ、「その二つを叶えるには、外資系メーカーへの転職という選択肢がありますね」と言われたのです。

確かに外資系のメーカーであれば僕の希望は叶います。納得し、外資系メーカー数社をターゲットに活動することにしました。CAさんといっしょに、今までのキャリアの棚卸しをすることで強みを明らかにするとともに、模擬面接を受けるなどして、それをしっかりとアピールできる能力を磨いていったのです。とくに外資系企業特有の面接対策には力を注ぎました。

 

転職成功のポイント!
外資系という選択肢もあります

外資系は実力主義を採用している場合が多く、それにともなって給与水準も比較的高い傾向にあります。また、年収アップを転職理由にすることを違和感なく受けとめる文化もあります。年収アップを希望される方には選択肢の一つとしてお勧めですが、企業によっては強みのアピールや質問に対する答え方に対策が必要な場合も。リクルートエージェントでは企業別に面接動向を把握していますので、細かいアドバイスが可能です。

 

外資特有の面接に、四苦八苦

しかし、活動を始めてすぐはその成果をまったく活かせませんでした。いくつか書類が通り、面接まで進んだのですが、予想以上に交渉力が必要でまともに会話することができなかったのです。というのも、質問の内容がダイレクトで、掘り下げるものが多く、答えていくうちにだんだんと追いつめられることになってしまったのです。

例えば、年収はいくら欲しいと明解に答えられたとしても、「それはなぜ?」「どういう裏付けでその数字になるんですか?」と深い理由を求めてきたりするわけです。僕が受けた企業に関しては、面接の場に話しやすい和やかな雰囲気というのは一切なかったですね。もし、そのように面接を進めたければ、自分の力で場の空気をつくりあげていくしかない。内心では、「厳しいな…」と弱音を漏らしていました。

ただ僕は、こうした失敗体験を次に活かせるよう努力しました。具体的には、一度聞かれた質問に対しては必ず次の面接までに深い根拠まで考えて、どの方向から聞かれても答えられるようにすることと、面接の度に自分のキャリアや考え方を何度でも整理してから臨むことです。それが功を奏して、一次、二次、そして三次と、面接をクリアできる確率が次第にアップしていったのです。

 

転職成功のポイント!
選考での失敗で学んだことを次に活かしましょう

優秀な方であっても、書類選考や面接でお見送りになることは度々あります。自信をなくしたり落ち込んだりするのは、もったいないこと。それよりも、失敗で学べたことはなにかを考えましょう。そして、それを次に活かすように努力することで最初に失敗した時とは比べものにならないくらい成長することが可能なのです。

 

キャリアの不足分も、アピールポイントを総合的に伝えることでカバー

そうした面接の経験から、最後に設定していた第一志望の大手外資系メーカーの面接は、かなり上手くいきました。最終面接で5人の役員を目の前にした時も、臆することなく自分をアピールできたという実感があったのです。

実はCAさんからは、スキルだけで考えると僕は求めるレベルに達していないと言われていたのです。その代わり、理系の知識と商社で培った折衝力、外資系に必要な語学力を総合的にアピールすることでそのギャップを埋めていくという方法をアドバイスされていたので、そのとおりアピールできるように工夫しました。

結果は待望の内定。うれしかったです。厳しい面接をクリアできたことの喜びはもちろん、通常商社からメーカーに転職するのはかなり難しいことらしく、ましてや希望通りの外資系メーカーからの内定とあって、喜びもひとしおでした。

世の中には、商社からメーカーへの転身を望んでいる方もたくさんいると思うのですが、ぜひともがんばってもらいたいと思います。たしかに難しいことはいっぱいあるでしょう。でも、対策さえしっかり講じれば、必ず道は拓けるはずですから。

 

担当キャリアアドバイザーより

通常、メーカーの営業職には、製造過程に関する理解力が求められます。そのため、製造に接する機会が少ない商社の営業職からの転身は簡単ではないとされています。しかし、高橋さんは工学部出身で、製造の基礎知識は豊富でした。すぐに製造過程を完璧に把握するのは難しいものの、ある程度はカバーできる。であれば、そのわずかに足りないところを、語学力や理系の知識力、折衝力などで補い、総合してアピールすれば内定の可能性はかなり大きいと言えたのです。

また、高橋さんは外資系特有の面接に苦労されたようです。しかし、面接をする側も粗探しをしているわけではなく、しっかりとした将来のビジョンを持っている人を迎え入れたいからこそ、そうした手法を採っているのです。高橋さんはそのことを理解した上でご自分の将来のビジョンを物怖じせずに相手に伝え、見事内定を勝ち取られました。

 

数多くの「成功事例」も「失敗事例」を見てきたキャリアアドバイザーがあなたの状況に合わせて、転職をサポートします。