転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職事例 > 営業から事務職への転職を希望していたが、やりがいのある営業へ転身

営業から事務職への転職を希望していたが、やりがいのある営業へ転身

転職を「成功した人」と「失敗した人」は、それぞれどんなきっかけで、どんな方法で転職活動を進めたのでしょうか。
成功・失敗事例を通じて転職活動を上手に進めるコツをご紹介いたします。

上司の営業方針に抵抗感を抱き、営業から事務職への転職を希望

転職事例:早川さん(27歳)
証券会社 リテール営業 → コンサルティング会社 営業
年収 : 500万円 → 530万円
・営業職をやめて事務職に移りたい

 

5年間、証券会社で営業を務めてきました。私としては「顧客満足」を追及したかったのですが、上司からはお客様の利益につながらない商品を売るように強いられて…そのストレスに耐えきれず、転職を考え始めたんです。

リクルートエージェントに登録したときは、「もう営業は嫌!」という状態で、CA(キャリアアドバイザー)さんとの初回面談で「事務職に移りたい」と訴えました。「営業以外の仕事」と考えると、専門的なスキルがあるわけじゃないし、事務職しか思いつかなかったので…。

けれど、未経験で応募できる事務職求人は限られているとのこと。未経験可の求人を何件か紹介していただきましたが、経験豊富な人も多数応募するので、選考を勝ち抜くのはかなり難しいと言われました。面接に進めたとしても、事務職を志望する理由があいまいなままでは苦戦するでしょう、と。

転職成功のポイント!
異分野への転職を思い立ったら、まず「目的」「目標」の分析を

異業界や異職種に移りたいと希望する方は大勢いらっしゃいますが、その理由をくわしく聞いてみると、「とにかく今の仕事から離れたい」という気持ちが先行し、漠然とした興味や憧れで業界・職種を選んでいるケースが少なくないようです。そうした状態のままで面接に臨んでも、相手企業には「逃げ場を求めているだけではないのか」と思われてしまいます。目指す業界や職種を研究して正しく理解し、なぜその仕事をしたいのか、その仕事をすることで自分はどうなりたいのかを考えてみましょう。

 

「もう営業は嫌!」から「この営業ならぜひやりたい!」へ

CAさんからは、「事務職の求人に応募するのと並行して、これまでの経験が生かせる営業職にも応募してはどうか」と勧められました。

最初は、思い切り否定してしまいましたね。厳しい目標数字に追われ、毎日のように上司から詰められるのはもうコリゴリ…そう思っていたんです。

するとCAさんは、「日々詰められる営業ばかりではありません。長期スパンで取り組む営業やチームで動く営業など、業界によって営業スタイルは異なります。たとえばこの業界の営業は…」というように、いくつもの例を挙げて説明してくださいました。同じ営業でもそんなに違うものなのかと、ちょっと驚きました。

もともとお客様と接するのは好きだし、自信を持てる商品やサービスを提供して喜んでいただければうれしい。そこで、興味のある業界を選び、数社の営業に応募しました。

面接で実際の仕事の話を聞いてみて、「ぜひやってみたい」と思ったのが、法人に向けて自社サービスの導入を提案するコンサルティング会社の営業です。金融業界の顧客が多いので、証券業界で得た知識・経験が生かせるし、本当にお客様の役に立てるサービスを提供できると確信したんです。

事務職の求人は結局すべて不採用になってしまったけれど、その会社からは無事内定をいただき、入社を決めました。

 

転職成功のポイント!
同じ職種でも、業種や会社が変わればスタイルは異なる

「営業職をやめたい」という方は多いのですが、自分が経験してきた営業スタイルだけを「営業」だと思い込んでいるケースもよく見られます。業界や扱う商品が変われば、営業活動の手法や対象は大きく異なります。他の業界に目を向けてみれば、自分に合う営業スタイルが見つかるかもしれません。

 

自分に合う営業スタイルなら、やりがいを持って働ける

証券会社時代は何百という顧客をフォローしていましたが、転職した今、担当は4社。今後、経験を積んで担当が増えたとしても10社以上抱えることはないでしょう。担当顧客が少ない分、お客様の懐に入り込み、密にコミュニケーションを取って信頼関係を深めていく活動が中心となります。

しかも、専門スキルを持ったスタッフ達とチームで担当するので、以前のような「孤独な戦い」ではないですね。チームのメンバーと相談、協力し合いながら、同じ目標に向けて一丸となって働く…前の会社では考えられないことです。私にはこういう営業スタイルの方が合っている、長く続けていけそうだと感じています。

担当キャリアアドバイザーより

「とにかく営業職から離れたい」という希望をよくお聞きします。しかし、現在の景況の中、未経験から専門職などに転職するのはかなり難しいといえます。転職を成功させるなら、営業経験を上手に生かす方が得策。商材、顧客層、営業手法を変えることで、これまでの経験を生かしつつ、自分の持ち味を発揮できたり、やりがいを感じられるようになるケースは多数あります。
ただし、自分に合う働き方は、求人票を見るだけではなかなかわからないこともあります。早川さんの場合、面談でお話しする中で、A社の営業スタイルのほか社風の面でも相性がいいはず、と感じました。それがマッチングの成功につながったと思います。