転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職ケーススタディ > 資格を活かし、憧れの企業に入社できました

転職ケーススタディ

成功・失敗事例を通じて転職活動を上手に進めるコツをご紹介いたします。

[成功]資格を活かし、憧れの企業に入社できました

阿部さん(30歳) の転職ケース

中堅システムインテグレーターのSE → 大手システムインテグレーターのSE
年収 : 480万円 → 600万円

  • キャリアアップ、スキルアップを目指したい
  • 今までのスキルを活かしながら、異なる業務に就きたい

自分は中途半端なエンジニアなのでは、という悩み

僕はセキュリティ領域のシステムエンジニアで、前職では受託案件ごとにいろんな会社に派遣されて働いていました。
セキュリティの専門家を夢見る者にとっては最適な仕事場と思われるかもしれません。だけど、案件ごとに担当が変わるため、その技術の上積みができないという大きな悩みがありました。
そこで、転職活動を始めたのですが、当初これがなかなかうまくいかなかった。例えば僕は、仕事の合間にCISSP(セキュリティ プロフェッショナル認定資格)はもちろん、難関な資格をいくつも取得していたんですが、ある人材紹介会社では、資格はほとんど評価されませんでした。「口下手を直しましょう」と諭されるぐらいで、高度なスキルアップを望める企業は紹介してくれなかったのです。落ち込みましたね。このまま中途半端なシステムエンジニアで終わるのかなって、ひどく悲観してしまいました…。
ですから、リクルートエージェントに相談にいったときも、あまり期待はしていませんでした。ところが、担当のキャリアアドバイザー(CA)さんは、僕の資格を一目見て「この資格は企業からの評価が高いですよ」と言ってくれたのです。しかも、僕が憧れていた大手の名前を出して、「ここへの転職にチャレンジしましょう」と提案してくれたんです。

ポイント

資格を含めた、あなたの本当の価値を理解します

取得が困難といわれる資格があっても、その価値を理解できる人に出会うことができず、転職への自信をなくされる方は多いようです。
リクルートエージェントでは、各CAが業界ごとに専門性を持っているので、お客さま本来の価値を正当に評価いたします。そして、その資格や能力を求めている企業をご提案することでキャリアの可能性を広げることができるのです。

理想的な会社にチャレンジすることに

その会社は、大手企業のネットワークセキュリティのコンサルティングや構築をしているんですが、一方で研究機関もかなり充実している企業。高度なスキルアップを目指す僕にとっては理想的な職場と言えました。
ただ、資格はあったとしても、そこに入れるほどの誇れるキャリアが僕にはない気がしたのです。だから最初、CAさんに「勧めてくれるのは嬉しいけど、自信がない」と気弱に答えました。
しかし、CAさんは、むしろこう言って僕を激励してくれたました。「この会社はあなたの持っている資格を評価してくれます。ですから、キャリアが十分でなくても問題ありません。後は、どうやってその資格を取ったかということや、ご自分の熱意をしっかりとアピールできさえすれば大丈夫なはずです」と。
その日から、口下手な僕の面談対策が始まりました。まず、元気にしゃべること。そして、忙しい仕事の合間にどのようにして資格を取得していったのか、その思いと努力の過程を言葉にすること。この二つに焦点を当てて、訓練を重ねていったのです。

ポイント

企業ニーズを知っているからこそできる提案

リクルートエージェントは大量の求人情報をお預かりしていますが、その全てについて、いつどんな人材が欲しいと思っているのか、など求人票では読み取れない細かいニーズを把握しています。
一人の活動では知りえない企業のニーズと、お客さまのキャリアやスキルがマッチングすることも多々あるのです。

面接スキルを磨き夢を叶える

模擬面接、そしてCAさんからの電話でのたびたびのアドバイス。人と会話をするのが得意ではない上に仕事と並行していたため疲れ果ててしまいましたが、僕の面接スキルは、次第に形になっていきました。そして、実際の面接では決してスムーズに話せたわけではないものの、一つひとつの質問になんとか答え、思いを伝えることができたという手応えを感じることができまたのです。
結果が出るまでは期待と不安が入り混じった日々を過ごしましたが、数日後、ついに内定の連絡をいただくことができました。まさか自分が、こんなに理想的な会社に入れるとは思いもしなかったので、夢のようです。
これから僕は、この夢を夢のままに終わらせないようにがんばります。具体的には、セキュリティの第一人者と呼ばれるようなエンジニアを目指し、精進してゆくつもりです。

担当キャリアアドバイザーより

阿部さんは、とても志が高い方で、数々の資格を取得されるなどの努力をされていました。企業は、資格そのものはもちろんですが、こうした努力についても高く評価してくれます。
つい自分のスキルを過小評価しがちですが、自分の判断で希望の企業を諦めてしまうのは非常にもったいないといえます。
実務のキャリアが不足していたとしても、努力をしっかり見てくれたり、ポテンシャルに期待して採用する企業もあるのです。
ご自分で可能性を狭める前に、客観的な視点からアドバイスを受けてみませんか?

転職支援サービスに申し込む【無料】

関連する転職ケーススタディを見る

数多くの成功も失敗も見てきたキャリアアドバイザーがあなたの状況に合わせて、転職をサポートします。

転職支援サービスに申し込む【無料】