転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職ケーススタディ > 社風だけで入社を決意。仕事内容に不満を抱く

転職ケーススタディ

成功・失敗事例を通じて転職活動を上手に進めるコツをご紹介いたします。

[失敗]社風だけで入社を決意。仕事内容に不満を抱く

宮本さん(27歳) の転職ケース

金融機関 営業 → IT企業 総合職
年収 : 520万円 → 510万円

  • 組織がフラットでスピード感のある会社に行きたい

自由な風土を求めて複数企業に応募。しかし、面接で不採用が続き…

大学卒業後、金融機関に入ったのですが、3年経った頃に見切りをつけました。縦割りの組織風土が、自分には合わなかったんです。何を決めるにも面倒な根回しや稟議があって、若手が自分の考えを言えるような雰囲気もなくて。そこで、リクルートエージェントに相談し、「アイデアをすぐに実行に移せるような企業に行きたい」と訴えました。
さまざまな業種の企業を紹介していただき、30社ほどに応募。書類選考はほとんど通過しました。ところが、面接で立て続けに不採用になってしまったんです。CA(キャリアアドバイザー)さんを通じて企業の評価を聞いたところ、「志望動機につかみどころがない」という声が多かったようです。
CAさんの分析はこうでした。「宮本さんはその場の空気に合わせてうまく立ち回るのは得意だろうと思う。それが裏目に出たのではないか。その場その場で相手の調子に合わせて話すうちに、自分の『軸』というものがないように思われてしまったのでは」。
確かに、僕はその場のノリで発言することがよくあるんですよね…。いろいろな業種を受けていたこともあり、自分でも整理がついていなかったようです。

ポイント

仕事を通じて実現したいことを明確にする

企業は選考において、応募者の「目的意識」に注目しています。仕事を通じて何を得たいのか、自分がどうなっていきたいのか。それを明確に持っている人は、早く成長できると考えられているからです。面接ではついつい相手企業に合わせることばかり意識してしまいがちですが、自分が大切にしたい「軸」はしっかりと持っておきたいものです。

社風が気に入って入社したものの、仕事内容に強いストレスを感じる

そんな中でもIT企業・A社から内定をいただいたんです。即、入社を決意しました。迷いはなかったですね。A社の面接を受けたとき、社内の雰囲気を感じ取り、僕が理想とする社風であることを確認できていましたから。
ただ、CAさんは不安そうでした。A社の求人を紹介されてすぐ、あまり深く考えずにすぐ応募したし、書類選考から面接までの期間もあっという間だったので「A社のことを十分理解できていますか?」と。他社でも選考が進んでいたこともあり、「もう少し比較検討して決めてもいいのでは」と言われました。
でも、直感を信じてA社に決めてしまいました。
そして、いざ入社してみると…。社風は確かに自分に合っていて心地よかったです。自由に意見が言えるし、意思決定も早いし。ところが、肝心の仕事内容が、自分の性格に合っていなかったんです。
プログラミング業務からのスタートだったんですが、黙々とPCに向かい、長時間集中し続けるのが苦痛で苦痛で…。嫌々やっているから上達するわけもなくて。半年以上経っても、会社が求めるレベルに到達することができず、再び転職活動をする羽目になってしまいました。

ポイント

仕事内容で大切にしたい「軸」を考えてみる

会社の制度や社風、あるいは知名度や給与などの面で希望通りの転職を実現できたにも関わらず、仕事内容への不満から強いストレスを感じ、再度転職を図る人は少なくありません。逆に、仕事がおもしろいから条件や環境面での不満はそれほど気にならない、という声もあります。転職先を選ぶ際、どんな「軸」を優先するにしても、仕事内容においてもこだわりたい「軸」を意識しておくと、入社後「こんなはずではなかった」という事態を防げるでしょう。

社風と仕事内容、2つの「軸」で納得できる会社を選びたい

再度リクルートエージェントに相談し、2回目の転職活動を開始しました。今回も社風にこだわる気持ちは変わりませんが、仕事内容についても自分がこだわりたいポイントを見つめ直しました。
CAさんとも話し合った結果、自分は「人と対話しながら相手を理解し、相手に喜ばれる提案をする」という仕事にやりがいを感じることを発見。それを「仕事軸」として求人を探すことにしました。
さまざまな業界の営業職を紹介いただきましたが、今、興味を持っているのは、個人向けサービスで成長している企業です。社風の話を聞き、自分に合っていると感じて応募しましたが、面接では、どんな顧客と接し、どんな点に気をつけながらコミュニケーションを取る必要があるのかなど、仕事内容もくわしく確認するようにしています。次こそは、社風にも仕事内容にも納得できる転職を実現させたいですね。

担当キャリアアドバイザーより

宮本さんは「社風」だけに気をとられて失敗した経験をふまえ、「仕事内容」という2つ目の軸を持って2回目の転職活動に臨み、現在順調に進んでいます。転職先を探す際には、「転職の目的」「大切にしたいこと」といった「軸」を複数用意しておき、それに優先順位をつけておくことをお勧めします。さまざまな求人情報を見ていると、つい目移りして、当初の目的を見失いがちです。最初の段階で「軸」を明確にしておくことで、迷わず適切な判断を下しやすくなります。

転職支援サービスに申し込む【無料】

関連する転職ケーススタディを見る

成功事例

「仕事軸」で考え直し、自分に合う選択ができた

高島さん 32歳  大手ハードウェアベンダー プロジェクトマネジャー → 大手SIer プロジェクトマネジャー
年収 800万円 → 730万円

成功事例

書類選考で苦戦も、面接対策で異業界への転職を実現

松下さん 30歳  外資系金融機関 エクイティセールス → 外資系ネット企業 営業
年収 1,100万円 → 600万円

失敗事例

「安定」にこだわりすぎて選択を誤る

山下さん 27歳  中規模SIer ネットワークエンジニア → 公共団体 IT・ネットワーク担当
年収 390万円 → 450万円

失敗事例

理想の転職を実現したはずが、不満を抱く結果に…

藤井さん 29歳  金融機関 営業 → 法律事務所 事務
年収 800万円 → 300万円

数多くの成功も失敗も見てきたキャリアアドバイザーがあなたの状況に合わせて、転職をサポートします。

転職支援サービスに申し込む【無料】