転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 > 【例文】職務経歴書の「自己PR」転職未経験の人もすぐ書ける作成のポイント

【例文】職務経歴書の「自己PR」転職未経験の人もすぐ書ける作成のポイント

職務経歴書 2社

転職の応募書類で職務経歴書を作成する場合、「自己PR」欄を設けるケースが多いですが、特に今回の転職が初めてという場合、どのように書けばいいのか悩む方もいるのではないでしょうか。ここでは、職務経歴書の「自己PR」欄の書き方、作成のポイントについて、組織人事コンサルティングSeguros代表コンサルタントの粟野友樹氏に伺いました。自己PRの職種別の例文も合わせてご紹介します。

企業に評価される職務経歴書の「自己PR」

「自己PR」とは、これまでの仕事の経験を元に、自分が応募企業に入社してどのように貢献できるかをアピールすることです。転職の応募書類を作成するときは、履歴書に書き切れない具体的な経歴を職務経歴書に記載しますが、その中でも、求職者自身の強みや、仕事へのこだわりを伝えるために設けるのが「自己PR」欄です。

職務経歴書において、採用担当者の目に留まりやすく、面接で重ねて質問したくなる自己PRの特徴としては、大きく次の4つがあります。

  1. 文章が長くなりすぎず、端的で簡潔に書かれている。
  2. 具体的な数字やエピソードが入っている。
  3. その人らしさを表すキーワードが入っている。
  4. 応募企業が求める経験・スキル、人物像に合った内容である。

自己PRの内容や構成を考える時は、これらのことを念頭に置くと良いでしょう。

職務経歴書で「自己PR」文を作成するときのポイント

職務経歴書で自己PRを作成するときのポイントと、その際、初めて転職する人にありがちな注意点についてもご紹介します。

自分の強みや、仕事において大切にしていることを伝える

自己PRでは、「これまでの仕事のどのような場面で力を発揮してきたか」という自身の強みや、「仕事に対してどのようなこだわりを持って取り組んで来たか」「何を大切にしてきたか」といった信条がテーマとなります。例えば「人から指示されたことも必ず自分で工夫する」「常にチーム全体を見渡してやるべきことを考える」といった、仕事においての心がけや姿勢も自己PRの材料になるでしょう。

具体的なエピソードや成果を伝える

「○○が強みです」「○○を大切にしています」だけで、その裏付けとなる独自のエピソードがなければ、自己PRは説得力に欠けるものになってしまいます。自己PRには、強みやこだわりを発揮した具体的なエピソードと、それによって得られた成果を必ず盛り込みましょう。その際には部署の人数や担当した顧客の規模、売上、目標達成率など、できるだけ具体的な数字を盛り込むことで、イメージが読み手に伝わりやすくなります。

過去の経験と新たな仕事との接点や、活かせるポータブルスキルを伝える

どんなに優れたスキルや魅力のあるエピソードがあっても、企業の求める人材とミスマッチであれば、選考で評価されることは難しいでしょう。自己PRをする場合は、自分の強みの中から、応募企業が必要としているスキルや人物像に繋がる要素を選び、アピールをすることが大切です。

未経験職種に転職するケースなど、新たな仕事にすぐ活かせる経験・スキルが見つからない場合は、「ポータブルスキル」をアピールしましょう。ポータブルスキルとは、あらゆる業種や職種に活かせる「持ち運び可能な汎用スキル」。例えば、コミュニケーション力、課題発見力、交渉力、調整力、数値分析力などがあります。これまでの経験を通じて身に付けたポータブルスキルを整理し、応募企業でも活かせるものを選びましょう。

意欲や向上心アピールが評価されるのは「未経験転職」や「第二新卒」まで

 新卒採用では就業経験のない学生を対象としているため、採用にあたって企業は「学ぶ意欲の高さ」「チャレンジ精神」「向上心」などの、いわゆるポテンシャルの要素を重視しています。それに対して一般的な中途採用では、企業が求める働きやポジションの要件が明確であるため、即戦力性の高い経験・スキルが求められます。つまり、意欲や向上心の高さだけで評価されるのは、「未経験者歓迎」をうたう求人の場合か、まだ社会人経験の浅い第二新卒の転職に限定されると言っていいでしょう。

従って、転職で自己PRを作成する場合は、これまでの実務経験を元に「入社したら○○ができます」「○○で貢献できます」という要素を盛り込むことが大切です。

自己PRの書き方

職務経歴書に自己PRを書く時の、具体的な作成手順は以下になります。

キャリアを棚卸して強みを洗い出す

自己PRを作成する際はいきなり書き出すことをせず、まずこれまでの自分の仕事を振り返り、経験してきた業務のなかで、周囲から評価されたこと、得意としていることを洗い出します。この時、自己PRに具体性を持たせるためにも、当時の細かなエピソードや感情の変化、周囲との関わり、苦心したことなどを含めて、できるだけ詳しく思い出すようにしましょう。その中で自分の「強み」がどうしても思いつかない場合は、周囲の人にヒアリングをしてみると、これまで気づかなかった強みが見つかることがあります。

応募先のニーズ、求める人物像を読み取る

 上記で洗い出した自分の強みが、応募する企業が求めている人材とマッチしているかを確認します。募集要項などをよく読み込んで、応募企業が必要としている経験・スキルが何か、どのような人物を求めているのかを意識したうえで、自身の強みとのマッチする点を見つけましょう。未経験業界や職種への転職で、企業が求める人材とマッチする経験・スキルが見つからない場合は、自身の強みと新たな仕事の間に共通点を見出し、「この強みを活かせば貴社でもすぐにキャッチアップできる」というアピールに繋げましょう。

求める人物像と強みの接点についてエピソードを交えてまとめる

 最後に、これまで洗い出しを行ってきた強みを言語化し、それを裏付けるエピソードを交えながらまとめます。強みやこだわりをうまく言語化できない場合は、一般的に企業が求職者に求めるスキルから、自分に合った表現を探す方法もおすすめです。例えば厚生労働省では、ポータブルスキルの例として以下を挙げています。

<仕事の仕方>

・課題を明らかにする力(現状の把握、課題の設定方法)
・計画を立てる力(スケジューリング、タスク・関係者整理)
・実行する力(実際の課題遂行、状況への対応)

<人との関わり方>

・社内対応力(上司・経営層からの指示への対応力や提案力)
・社外対応力(顧客・パートナー企業との関係構築や継続)
・部下マネジメント力(部下の指導や評価)

スキル例として以下の記事もぜひ参考にしてください。

自己PRの構成

自己PRを職務経歴書に記入する際は、下記の流れを意識して構成すると、採用担当者に伝わりやすい文章に仕上がるでしょう。

  1. 自身の強みや仕事における信条
  2. それを裏付ける具体的なエピソード
  3. 結果として得られた成果
  4. 応募先でどう活かせるか

ポイントは「伝えたい強み→エピソード→成果」の順で説明することです。簡潔でわかりやすく強みを伝えることができます。また、伝える強みは1〜2つに絞り込みましょう。多すぎると冗長になり、かえって伝わりにくくなります。

文頭に見出しを付けるのもおすすめです。「顧客との調整によるプロジェクト遂行力」や「論理的思考力」など、自己PRで最も伝えたい実績や自身の強みなどを、見出しにしましょう。そうすることでテーマが一目でわかり、読み手に伝わりやすくなります。

職務経歴書の「自己PR」例文

職務経歴書の自己PR例として「事務職」「営業職」「技術職」の例文をご紹介しますので、ご参考にしてください。

事務職の例文

 「生産性を上げる主体的な改善努力」

私の強みは事務職として業務改善に取り組んできた経験です。
現職では事務部門の退職者が相次ぎ、業務の引き継ぎや整理ができず混乱が続いた時期があり、残業や他部門からの苦情も増加していました。そこで、部署の生産性向上のためにRPA等のITツールの導入を進め、○年間の事務経験を活かしたマニュアル作成・研修会の企画に取り組みました。その結果、事務部門の残業時間を○%削減することができました。貴社でも既存業務の枠を超えて改善努力に取り組み、周囲に働きかけていきたいと考えています。

営業職の例文

 「商品のみに頼らない提案力」

提案営業が私の強みです。○○の法人営業に携わる中、価格やスピード以外で他社との差別化を図ることが課題でした。そこで、顧客と同規模・類似課題における成功・失敗事例や、最新の法規制情報などを提供することで、私と会う価値を感じてもらい、顧客の上長や他部署とも接点を持つことを心掛けました。次第により深い顧客の悩みを把握でき、実質的に自社独占で契約を継続できるようになりました。同じ手法を他の顧客にも展開することで、大口顧客での営業成績が立ち、〇%の目標達成率を実現。今後、業界や商材が変わっても、磨いてきた提案営業力は活かせると考えています。

技術職の例文

「学ぶモチベーションを刺激する育成力」

私の強みは育成力です。プロジェクトマネジャーとして15名の若手を率いた当初、メンバーの経験・スキル不足が課題でした。そこで、私自身が参考にしたWebサイト、書籍、勉強会、動画などを、各自の課題に応じて提供し、社内外で「学び」を定期的に発表する場を設けました。受け身ではなく自ら学ぶことで習熟スピードが上がり、周りから称賛されることでモチベーションアップ。1年後には無事プロジェクトを納期通りに完成させることができました。ベテランにも応用できる「学ぶ意欲を刺激するマネジメント」を活かし、貴社においても貢献できると考えています。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

記事作成日:2019年12月27日 記事更新日:2023年2月24日

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。