転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 自己PRで「計画性」はどうアピールすればいい?【例文つき】

自己PRで「計画性」はどうアピールすればいい?【例文つき】

「自己PR」は、自身の「強み」や「応募企業にどう貢献できるのか」をアピールするもの。履歴書や職務経歴書に記すほか、面接で聞かれることもあり、企業が採用選考において重視するポイントの一つです。

ここでは「計画性」をアピールしようと考えている方のために、「自己PR」を書く際のポイントや例文を交えてご紹介します。

計画性をPRできる「自己PR」を作成する際の基本ステップ

<STEP1>志望企業で求められている「計画性」のタイプを探る

どんな仕事においても「計画性」は大切ですが、どんなシーンで、どんな行動をすることに価値があるのかは、企業によって異なります。

例えば、オーダーメイド型のメーカーやシステムインテグレーターのように、依頼を受けて納期までに製作やシステム開発を行うような仕事、あるいは業種に限らずプロジェクトをマネジメントする役割を担う場合は、各工程がスムーズに進むように計画を立てる力が求められます。

一方、チームの一員として役割を果たすというより、仕事の進め方が個々人に任され、単独で活動するような仕事においては、「セルフコントロール」「セルフマネジメント」が必要という点で計画性が重視されます。

応募する求人について、組織体制や社風、仕事内容などを調べ、自分の計画性がどのように活かせるかを考えてください。応募先企業が重視しているものをつかむには、ホームページや求人情報のほか、社長のインタビュー記事なども探して読んでみるといいでしょう。

また、中途採用への応募であっても、新卒採用ページにも目を通してみてください。学生向けに作られたページなので、仕事の進め方がわかりやすく、具体的に紹介されています。また、どんな社員が活躍しているかを知ることで、その会社が求めている要素がわかります。

<STEP2>自身の経験で「計画性」を発揮したエピソードをピックアップ

自身の経験を振り返り、志望企業が求めているような計画性を発揮した場面を思い出してください。そして、そのときの状況や行動を具体的なエピソードとしてまとめます。
シチュエーションがリアルにイメージできるように書くことで、読み手は「うちの会社でもこんなふうに働いてくれるといいな」と、活躍するイメージを描くことができます。

<STEP3>計画性を発揮した結果、得られた効果・評価をまとめる

計画性を持って仕事を進めた結果、どんな成果を挙げたのかもまとめます。応募書類には成果まで記すことで、プラス評価につながりやすくなります。

職務経歴書の自己PR欄で「計画性」を伝える例文

例)納期までのプロセス管理、プロジェクトマネジメントを手がける仕事に応募する場合

「前職では3ヵ月から半年程度の納期の案件を担当していました。納品日の決定後は、いつまでにどの工程まで完了させるかを週単位で設定し、それを踏まえ、どのタイミングで外部業者に作業を依頼するか、資材を発注するかなどを日単位で設定し、スケジュール表を作成しました。

計画を立てるにあたっては、不測の事態が起きた場合を想定し、作業内容によって2日から5日程度の余裕を持たせて段取りを組むように心がけ、こまめに進捗管理のチェックを行いました。その結果、納期に遅れたことは一度もなく、予定より早く納品できて喜ばれ、リピート受注につながったこともあります」

例)個人で活動するスタイルの仕事に応募する場合

「○○の営業を担当してきました。目標売上件数の達成のため、何件の訪問アポイントを取るか、そのために何件にアプローチするかの目標を週単位で設定し、必ずそれを達成するようにしました。また、アポイントを取りやすいのは午後の時間帯のため、企画書作成は午前中に、社内打ち合わせは夕方にまとめて行うようコントロールしていました。

突然のアポイントのキャンセルがあった場合に備え、空き時間でできる仕事の資料を常に持ち歩き、効率的に進めるように心がけています。結果、他のメンバーより多くの顧客訪問を実現し、目標未達成に終わったことは一度もありません」

面接での質問に備えておく

相手企業が、応募書類の自己PR欄を読んで興味を持ったなら、面接でさらにくわしく聞かれる可能性があります。多くの企業では、計画を立てられるだけでなく、いかにして「実行」するかを重視しています。そこで、以下のようなポイントも伝えられるように準備しておきましょう 。

* 計画を立てるにあたり、どんな事態を想定し、事前対策を考えているか
* 関係者に計画通りに動いてもらうために、どのようなコミュニケーションや折衝を心がけているか
* 全体のスケジュールを管理するために、どのような方法をとっているか
* 計画通りに運ぶために、どんな工夫や努力をしてきたか
* 計画が狂ったとき、どのようにリカバーしてきたか

【参考】基本的な自己PRの考え方、応募書類や面接での伝え方

⇒ 転職における「強み」が見つかる自己分析
⇒ 自己PRを面接や履歴書・職務経歴書で効果的に伝える方法
⇒ 面接や履歴書・職務経歴書で使える自己PRの例文サンプル
⇒ 転職の面接で聞かれる「長所と短所」、どう答えるのが正解?
⇒ 自己PRの書き方と面接での伝え方(職務経歴書や面接で使える例文つき)
⇒ 自己PRで「継続力」はどうアピールすればいい?【例文つき】
⇒ 自己PRで「行動力」はどうアピールすればいい?【例文つき】
⇒ 自己PRで「協調性」はどうアピールすればいい?【例文つき】

リクルートエージェントでは、応募した企業の面接で質問されることなどの傾向や、どんな候補者が評価されるかなどの情報をお伝えすることができます。面接対策にお悩みの方はぜひ相談に来てみてください。