転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職理由 > 転職理由の考え方と面接での回答例

転職理由の考え方と面接での回答例

転職の面接の際、面接官からよく聞かれる質問として「転職理由」があります。仮に現在の職場の退職理由がネガティブであったり、給与や勤務地などの条件面による場合、転職理由として本音を伝えた方がよいのか、それとも建前を伝えた方がよいのか悩んでしまう人も多いかもしれません。

それでも、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは本音で伝えることを推奨しています。
企業がなぜ「転職理由」を問うかの解説とネガティブになりがちな転職理由をどのように伝えればいいのかをアドバイスします。

転職理由で企業が見ているポイント

企業が転職理由を応募者に問う意図として大きく2つ上げられます。

  • 入社後の定着…同じ理由でまたすぐに辞めてしまわないかを見ている
  • 入社後の活躍…求職者が転職によって実現したいことを実現できれば、モチベーション高く活躍できると判断する

表向きの建前ばかりで本音が見えないと、面接官もこれらの判断がつかず、面接が良い結果に結びつかないケースも考えられます。また、応募者にとっても取り繕った転職理由を伝えた結果に内定を得たとしても、入社後にミスマッチを感じるリスクもあります。
そのため、双方にとって「本音で」転職理由を伝えることが重要であるといえるでしょう。

転職理由の考え方

ただし「本音で」転職理由と伝えるとなると、ネガティブになってしまう、条件面の話になってしまうと心配される方も多いです。ここでは、転職理由の考え方のコツを解説します。

考え方のコツ1:ネガティブなのは退職理由。実現したいことも合わせて考える。

転職理由を考える時、下記の法則にあてはめると整理しやすくなります。

『転職理由=転職を考えるきっかけ(退職理由)+転職によって実現したいこと』

「会社の方針に納得がいかない」「キャリアアップできない」といった負の感情が退職のきっかけになっていることは多々あります。しかし、面接の際、この事実だけをそのまま伝えてしまうと、入社後の定着も活躍もイメージがわきづらく、さらには愚痴や不満ばかりでその解決策を講じていない人、物事を建設的に考えられない人などと判断されてしまう可能性があります。

これは、転職のきっかけだけで考えているから。転職によって実現したいことが付け加えられると、面接官に与える印象は格段によくなるでしょう。

考え方のコツ2: 希望条件にふれる場合は、背景やアピールポイントなども加える。

今よりも高い年収や残業が少ない会社で働きたいと願う人は多くいます。しかし、多くの人が望むことなだけに、希望年収や勤務時間などの希望条件は、それだけでは活躍のイメージにつながりづらいともいえます。また、転職理由を年収や勤務条件に絞ってしまうと、その次に問われるであろう、「なぜ当社を志望したのか」という志望動機へのストーリーへつながりづらいというデメリットもあります。

そこで、条件面を転職理由にする際は、なぜその条件を求めるかの背景や、「責任ある仕事をしたい」「専門スキルで価値を発揮したい」などの「転職によって実現したいこと」を伝えることで、面接官が受ける印象も変わり、志望動機にもストーリーがつながりやすくなるでしょう。

ケース別の転職理由の例と解説

以下では、転職を考えるきっかけとして多くあげられる「人間関係」「仕事内容」「条件面」へのネガティブな退職理由を転職理由に変換する際の例をご説明します。

退職理由…上司との人間関係がうまくいかない

【回答例】
「営業目標を達成するために自分なりに行動計画を立て取り組んできましたが、上司からもっとやる気を見せて、新規のアポイントを増やすようにと指導を受けました。営業目標は達成する見込みだったため、その指導に疑問を持ち、上司と話し合いの場を設けたのですが、残念ながら折り合いがつかず、とにかく行動量をあげる要求が続きました。目標達成のためにKPIを設定し行動することは得意なので、それを活かせる環境で挑戦したいと考えました。」

【注意ポイント】
単に現状の人間関係の不満だけではなく、転職すれば何が実現できるかを伝える。

 

退職理由―仕事内容を変えたい

【回答例】
「これまでプログラマとして、ひとりでプログラミングを担当していましたが、増員で後輩が入社し、プログラミングチームとしてリーダーを任されるようになりました。ここで、自分は技術よりも周囲を巻き込んで力を発揮するタイプということを発見しました。そのため、今後は顧客折衝や開発工程管理など、多くの人と関わるポジションでスキルの幅を広げていきたいと思い、転職を決意しました。」

【注意ポイント】
現状の仕事が嫌だという思いつきや感情ではなく、まずは嫌な理由何なのか?を考えてみましょう。その上で、経験と自己分析を踏まえ、転職先で何を実現すれば、それらを解消できるのかをロジカルに伝えるとよいでしょう。

 

退職理由―成果が評価され、残業が少ない会社で働きたい

【回答例】
「私は今の会社で、新規サービスを立ち上げた経験があります。このサービスが3年連続売上●%アップを達成し、新規事業部として立ち上がりました。ですが、これまで会社としての評価はまったくなく、気が付けば残業の毎日。もっと正当に評価してくれるところがあるのでは?という思いが強くなり、転職を決意しました。また、残業が多かった影響で、家庭内のことがまったく手伝えず家族に負担をかけてしまっているとも感じているのも理由のひとつです。

【注意ポイント】
「あまり残業ができる状況ではない」「なるべく早く帰りたい」とストレートに伝えた場合、面接官は、なぜ残業できないのか?なぜ勤務時間を減らしたいのか?という理由を知りたいと思うでしょう。そのため、勤務時間を削減したい理由・根拠を示すと同時に、これまでの仕事で身に付けたスキルや知識が活かせるなど、プラス・アルファの情報を組み合わせ、「活躍してくれそう」「定着してもらえそう」という印象付けを心がけてみましょう。

 

参考記事:面接でよく聞かれる質問をあわせて対策

面接でよく聞かれる質問6つと評価される回答のポイント

不意の質問に慌てない!転職の面接で聞かれる質問23

 

リクルートエージェント キャリアアドバイザー


地村 晃

地方銀行営業職を経て、リクルートキャリアに転職。現在、転職エージェントサービス「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、IT業界全般を担当。

これまで多くの転職希望者を面談し、転職成功をお手伝いしてきたリクルートエージェントのキャリアアドバイザー。豊富なサポート経験を活かし、面接が上手くいく転職理由の整理についても相談に乗っています。
※ただし、求人をご紹介できない場合など、サービスをご提供できない可能性もありますのでご了承ください。