転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職理由 > 面接での転職理由の伝え方│ポジティブに伝わる回答例文

面接での転職理由の伝え方│ポジティブに伝わる回答例文

面接での転職理由の伝え方│ポジティブに伝わる回答例文

転職の面接でよく聞かれる質問に「転職理由」があります。退職理由が人間関係や給与などネガティブな場合、本音を伝えたほうがよいのか迷う人も多いかもしれません。この記事では、転職理由の伝え方のポイントとケース別の例文を紹介します。

転職理由で企業は何を見ている?

面接担当者が転職理由を応募者に聞く意図としては、大きく分けて以下2つがあります。

・入社後の定着…同じ理由でまたすぐに辞めてしまわないかを見ている
・入社後の活躍…求職者が転職によって実現したいことを実現できれば、モチベーション高く活躍できると判断する

もし応募者が表向きの建前ばかりを話し本音が見えないと、面接担当者もこれらの判断がつかず、面接が良い結果に結びつかない場合もあります。また、応募者にとっても取り繕った転職理由を伝えて内定を得たとしても、入社後にミスマッチを感じてしまうこともあります。

そのため、双方にとって「本音で」転職理由を伝えることが重要であるといえるでしょう。

転職理由の考え方と面接での答え方

しかし、「本音で」転職理由を伝えると、ネガティブになってしまったり、条件面に偏った話になってしまったりすることもあります。本音で転職理由を伝える際には、「志望動機との一貫性」と「ネガティブな理由はポジティブに変換」することが重要です。

志望動機と一貫性のあるものに

転職理由を考える際には、志望動機とのつながりを考慮しましょう。

例えば、
志望動機「バックエンドエンジニアとしてキャリアを積める会社で働きたい」
転職理由「現状はフロントエンジニアを任され、異動の見込みがない」
というように、転職理由と志望動機が一貫していると説得力が増し、転職したあとのキャリアを建設的に考えていることを伝えられます。

また、「今よりも高い年収」や「残業が少ない会社で働きたい」といった希望条件にふれる場合はさらに工夫が必要です。その条件を求める理由や、「責任ある仕事をしたい」「専門スキルで価値を発揮したい」といった「転職によって実現したいこと」を伝えるようにしましょう。

転職理由が希望条件だけでは面接担当者も自社で活躍しているイメージがしづらいですが、このように背景やアピールポイントを加えることでどのような働き方を希望しているのかが伝わりやすくなり、志望動機との一貫性も生まれるでしょう。

本音はネガティブな理由だとしてもポジティブに変換する

ネガティブな理由が退職のきっかけになることは多々ありますが、面接でそのまま伝えてしまうと、面接担当者は入社後の定着や活躍がイメージしづらくなります。
さらには愚痴や不満ばかりでその解決策を講じていない人、物事を建設的に考えられない人などと判断されてしまう可能性もあるので、ネガティブな転職理由はポジティブに伝えるようにしましょう。

たとえ退職理由がネガティブなものであったとしても、見方を変えることでポジティブに変換することができます。転職理由をポジティブに変換した例を紹介します。

ネガティブな理由 ポジティブな変換例
キャリアアップができない 応募先企業の企業だからこそできる業務を経験し、より専門性を高めたい
上司からのパワハラが改善されなかった 風通しのよい職場で、能力を最大限に発揮しながら働きたい
会社の将来性に不安がある 新規事業にチャレンジするため、新たな試みが受け入れられる職場で働きたい
やりがいが感じられない 業務の幅を広げ、今まで以上に自分のスキルを発揮したい

 

ケース別の転職理由回答例文

転職を考えるきっかけとして多く挙げられるのは、「人間関係」「仕事内容」「条件面」「スキルアップ」「将来性」へのネガティブな退職理由です。こうした理由をポジティブな転職理由に変換する際の回答例とポイントをケース別に紹介します。

退職理由:上司との人間関係がうまくいかない

【回答例】

 営業目標を達成するために自分なりに行動計画を立て取り組んできましたが、上司からもっとやる気を見せて、新規のアポイントを増やすようにと指導を受けました。営業目標は達成する見込みだったため、その指導に疑問を持ち、上司と話し合いの場を設けたのですが、残念ながら折り合いがつかず、とにかく行動量をあげる要求が続きました。目標達成のためにKPIを設定し行動することは得意なので、それを活かせる環境で挑戦したいと考えました。

【注意ポイント】

単に現状の人間関係の不満だけではなく、転職すれば何が実現できるかを伝えましょう。

退職理由:仕事内容を変えたい(キャリアチェンジしたい、やりがい)

【回答例】

これまでプログラマーとして、ひとりで開発を担当していましたが、増員で後輩が入社し、開発チームとしてリーダーを任されるようになりました。ここで、自分は技術よりも周囲を巻き込んで力を発揮するタイプということを発見しました。そのため、今後は顧客折衝や開発工程管理など、多くの人と関わるポジションでスキルの幅を広げていきたいと思い、転職を決意しました。

【注意ポイント】

現状の仕事が嫌だという思いつきや感情ではなく、まずは嫌な理由何なのか?を考えてみましょう。その上で、経験と自己分析を踏まえ、転職先で何を実現すれば、それらを解消できるのかをロジカルに伝えるとよいでしょう。

退職理由:残業が少ない会社で働きたい

【回答例】

 私は今の会社で3年前に新規サービスを立ち上げ、事業の成長のために仕事を最優先して取り組み、1つの事業部として確立させるに至りました。しかし、ふと顧みると家族に大きな負担をかけてきたことも事実であり、今後は仕事と家庭のバランスを取れる環境で働きたいと考えるようになり、転職を決意しました。

【注意ポイント】

「あまり残業ができる状況ではない」「なるべく早く帰りたい」とストレートに伝えた場合、面接担当者は、なぜ残業できないのか?なぜ勤務時間を減らしたいのか?という理由を知りたいと思うでしょう。そのため、勤務時間を削減したい理由・根拠を示すと同時に、これまでの仕事で身に付けたスキルや知識が活かせるなど、プラス・アルファの情報を組み合わせ、「活躍してくれそう」「定着してもらえそう」という印象付けを心がけてみましょう。

退職理由:給与が少なかった

【回答例】

入社○年目からエリア内で上位の営業成績を残しているものの、年功序列に重きを置く企業であるため、勤続年数が短いからという理由で成績がほとんど給与に反映されませんでした。積み重ねてきた経験やスキルを活かし、公正な評価制度がある貴社で高いモチベーションを保ちながら働きたいと考え、転職を決めました。

【注意ポイント】

面接担当者が入社後の活躍をイメージできるような内容を盛り込むことが重要です。単に「給与が少ないので、給与アップのために転職したい」としてしまうと、ネガティブな印象を与え、応募先企業で働きたい熱意や理由も伝わりません。「公正に評価してくれる企業でしっかり成果を出し、その分給与を増やしたい」といった前向きな理由に変換するように意識しましょう。

退職理由:スキルアップできる会社に行きたい

【回答例】

 社内SEとして、自社の社員が抱えるITの課題解決に務めてきました。企業でビッグデータの活用が進んでいることから今後の必要性を感じ、自分なりに勉強をして、データベーススペシャリスト試験の認定を受けました。しかし、現職では身につけた知識を活用できる機会が少なく、転職を決めました。貴社のデータベースエンジニアとなり、ゆくゆくはプロジェクトリーダーを目指したいです。

【注意ポイント】

現在の職場でスキルアップやキャリアアップが叶わない場合は、転職して何ができるようになりたいのか、具体的に伝えるようにしましょう。「現状ではできないこと」だけではなく、「転職先で実現したいこと」もアピールすることが重要です。

退職理由:将来性のある会社に行きたい

【回答例】

 RPAツール開発のプロジェクトマネージャーを担当していました。経営方針の変更によりRPA事業が縮小となり、担当していた開発プロジェクトもストップし、私は別の開発部署に異動となりました。ツール開発を通してRPA事業の将来性を実感していたため、引き続きRPA事業に携わりたく、○○(RPAツール)のシェアを拡大し急成長している貴社を志望します。RPAツールの開発を通して、多くの企業の業務効率化に貢献していきたいです。

【注意ポイント】

「将来性のなさ」が退職理由である場合、特に同業種・業界での転職を希望する際には「同じ理由で早期退職するのでは?」と見られてしまう可能性もあります。「将来性のある会社」に入社したあと、「何を実現したいのか」を主軸に置き換えるようにするとよいでしょう。

参考記事:面接でよく聞かれる質問をあわせて対策

面接でよく聞かれる質問6つと評価される回答のポイント

不意の質問に慌てない!転職の面接で聞かれる質問23

転職理由の応募書類への書き方

転職理由の詳細は応募書類に書く必要はありません。以下では、応募書類への書き方を解説していきます。

詳細を書く必要はなく、職歴欄にひと言で書く

一般的に、履歴書や職務経歴書には転職理由を書く欄はありません。また、応募書類に転職理由を書くことで、採用担当者にマイナスなイメージを与えることのほうが多いため、基本的には書かなくてよいでしょう。

ただし、書類上で「在職中なのか、離職中なのか」を明確にしておく必要はあります。そのため、履歴書の職歴欄や職務経歴書の経歴欄に、過去~現職までの職歴を書き、その下に年月と簡単に退職理由を書くようにしましょう。ここでは詳細は書かずに、「一身上の都合」、「会社都合」、「契約期間満了」など一言で表現しましょう。

万が一、応募先から書類のフォーマット指定があり、転職理由を書く必要がある場合は、面接での答え方と同じく、ネガティブな内容はポジティブなものに変換し、志望動機と一貫性のあるものにします。

例外的に詳しく書いたほうがいいケース

例外的に、以下のケースでは職務経歴書に退職理由や転職理由を記載するほうがよいことがあります。

転職回数が多いケース

転職回数が多いと、「採用したとしても、またすぐに辞めてしまうのでは」と懸念される可能性もあります。それを回避するためにも、転職回数が多い場合は自分なりの転職の軸や、やむを得ない理由や背景(会社倒産、家族事情など)があることを書類の段階から伝えておくといいでしょう。

ブランク期間が長いケース

ブランク(仕事をしていない)期間が長い場合も、企業側の理解を得られるよう、理由や背景(海外留学や介護など)を応募書類に記載し、あらかじめ伝えておくといいでしょう。

業界・職種などキャリアに一見して一貫性がないケース

「なぜこのようなキャリアを歩んできたか」を企業側が理解しづらい場合、「仕事に対する軸がない人なのかもしれない」という印象を与えてしまう可能性があります。これまで経験してきた業界や職種にバラつきがあり、一見してキャリアに一貫性がない場合は、自分なりにどのようなキャリアの軸があるのかを転職理由で補足しておくとよいでしょう。

リクルートエージェント キャリアアドバイザー


地村 晃

地方銀行営業職を経て、リクルート(旧:リクルートキャリア)に転職。現在、転職エージェントサービス「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーとして、IT業界全般を担当。

これまで多くの転職希望者を面談し、転職成功をお手伝いしてきたリクルートエージェントのキャリアアドバイザー。豊富なサポート経験を活かし、面接が上手くいく転職理由の整理についても相談に乗っています。
※ただし、求人をご紹介できない場合など、サービスをご提供できない可能性もありますのでご了承ください。