転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 面接でノックは何回すれば良い?ノック後の入室・面接・退室までの流れ

面接でノックは何回すれば良い?ノック後の入室・面接・退室までの流れ

面接 ノック

対面での面接は、採用担当者が面接会場で待機しているケースと、求職者が面接会場に通されてから採用担当者が入室するケースに分かれます。では、採用担当者が面接会場で待機している場合、どのように入室したらいいのでしょうか。人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏に、入室の際のノック回数や面接の流れなどを伺いました。

面接会場にはノックしてから入室する

面接会場にはノックしてから入室します。ノックの回数は「3回」が一般的ですが、明確なルールはないようです。回数に迷っている方は、3回ノックで入室しましょう。

なお、経験やスキル、人物像などがマッチしているのであれば、ノックの回数だけで不採用になるケースはめったにありません。入室のノックの回数を気にするよりも、「志望動機」や「転職理由」、「自己PR」など、面接で必ず聞かれる質問事項の回答を事前に準備する方が重要です。面接準備をしっかりして、悔いの残らない面接を目指しましょう。

対面面接の流れ

以前は、面談や面接の場ではマスクを外すことがマナーとされていましたが、新型コロナウイルスの影響で、感染予防への意識が大きく変わっています。特別の事情がない限り、対面での面接はマスク着用のままで問題ありません。また、風邪や花粉症など、新型コロナウイルス以外の理由でマスクを着用したい場合も、事前に採用担当者に一言添えておけば、マナー違反にはならないでしょう。

【受付】5~10分前の到着が基本

面接会場に到着するのは、5~10分前が基本。遅刻は厳禁です。事前に道のりや交通機関をチェックして、時間にゆとりを持って伺いましょう。ただ、早すぎる到着は迷惑だと思われるかもしれないので要注意。まだ準備が整っていなかったり、別の応募者の面接が行われていたりする可能性があります。早めに現地についても、5~10分前まで待ってから受付に申し出るといいでしょう。その際は、「〇時の面接に伺いました〇〇です」と訪問の趣旨を伝えましょう。なお、コートを着ている場合は、会場に入る前に脱ぎ、手に持って入ります。

【入室】ドアを3回ノックし、「どうぞ」と声がかかったら入室

先に面接担当者が部屋で待っている場合は、軽く3回ノックをして「どうぞ」という声が聞こえたらドアを開け入室しましょう。その際、「本日はよろしくお願いします」と一礼を。そして席には「どうぞお座りください」と言われてから着席しましょう。

先に部屋に案内され、面接担当者を待つケースもあります。待っている間、席に座っていて問題ありませんが、面接担当者が入ってきたら立ち上がってお迎えしましょう。そして、「どうぞお座りください」と言われてから着席を。

【面接中】姿勢よく座り、ハキハキと話そう

面接中は背筋を伸ばし、姿勢よく。席に深く腰掛けすぎないのがポイントです。そして「声はワントーン高く」を意識しましょう。緊張したりマスクを着用していたりするとどうしても声が低くなり、くぐもってしまいます。マスクで表情も分かりにくくなるため、なるべく笑顔を交え、ハキハキと話しましょう。

なお、面接に履歴書や職務経歴書、筆記用具を持ち込むのは問題ありません。話の内容をメモに取りたくなったら、「メモを取ってよろしいですか?」と一言添えましょう。PCやタブレットでも問題ありませんが、こちらも「PCでメモを取ってよろしいですか?」と一言断りを。ただ、面接はあくまで会話のやりとり。メモを取ることばかりに没頭しないよう、注意しましょう。

【退室】あいさつをしてから退室しよう

面接が終わったら、応募書類やメモなどをカバンにしまって立ち上がり、「本日はありがとうございました」とお礼を伝えましょう。そして、ドアの前でも一礼してから退出し、静かにドアを閉めること。コート類は面接会場を出てから身につけましょう。

面接の入室に関するQ&A

面接の入室に関する質問にお答えします。

Q.ノックしたのに返事がない場合はどうしたらいいですか?

A.返事がない場合は、聞こえなかった可能性があるのでもう一度、強めに3回ノックしてみましょう。それでも返事がない場合は、ドアを開ける前に「失礼いたします」と告げて入室してみましょう。

Q.ドアがなく、パーテーションで区切られている会場の場合は?

A.入室に際してノックできない場合は、「失礼いたします」と告げ、返事が聞こえたら面接会場に入りましょう。返事がない場合は、念のためもう一度「失礼いたします」と告げて入室しましょう。

Q.オンライン面接の場合はノック機能がないのですぐに入室しても良い?

A.オンライン面接の多くは、ゲストユーザーである求職者がログインしたら採用担当者にリクエストが届き、承認されると入室できる流れになっています。事前に準備を整えておき、面接時間の2~3分前にログインするようにしましょう。

あわせて読みたい参考記事

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。