転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 企業の面接を受ける > 転職に役立つ!面接の「自己紹介」で押さえるべきポイントと例文

転職に役立つ!面接の「自己紹介」で押さえるべきポイントと例文

自己紹介 例文

転職活動の面接では、自己紹介を求められることがよくあります。

「その場で考えればいい」と思ってしまう人もいますが、自己紹介は、面接においてかなり大事なポイントとなるものです。

今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、自己紹介の重要性や押さえておきたいポイントについてお話を聞きました。アピール例文も参考にしてみましょう。

自己紹介は何のためにあるもの?

最初に、企業が面接で自己紹介を求める理由や、自己紹介と自己PRの違いについて理解しましょう。

面接で自己紹介を求める理由

そもそも面接は、企業の採用担当者が「自社で活躍できる人材か」「自社にマッチする人材か」を見極めるために行います。スタート時に自己紹介を求めるのは、アイスブレイク的な意味もありますが、「応募者の経歴を大まかに把握し、掘り下げて聞くポイントの判断に役立てている」というケースも少なくありません。つまり、自己紹介の内容に合わせて、質問される内容も変化する可能性があるため、アピールしたい要点を伝えることが非常に重要といえるのです。

企業が自己紹介を通じて見ているポイント

企業は自己紹介を通じて、「簡潔に要約できる力」「コミュニケーション力」「表情や話し方なども含めた第一印象」なども見ています。特に「第一印象」は非常に大事です。冒頭の自己紹介で悪印象を与えれば、その印象を引きずったまま面接を続けることになり、評価にも影響を及ぼす可能性があります。また、悪印象を与えた場合、話したい経験やスキルがあっても、相手に積極的に質問してもらえず、短い時間で面接を打ち切られてしまうケースもあるのです。

自己紹介は、志望動機や自己PRよりも軽視されがちですが、しっかり準備して面接に臨めば、第一印象で好感を持ってもらいやすくなります。相手が興味を持っていろんな話を引き出そうとしてくれれば、自分も語りやすくなり、より面接で能力を発揮できるでしょう。

「自己紹介」と「自己PR」の違いは?

「自己紹介」は、面接の冒頭で自分の概要を知ってもらうためのものです。本で言えば「目次」のようなものだと考えましょう。氏名や現職(会社・部署・職種など)、職務経歴・実績などを簡潔にまとめて話すことが大事です。

「自己PR」は、自分の強みについて具体的にアピールするためのものです。志望動機や退職理由などと同様に、面接でよく聞かれる項目といえます。経験・実績・スキルと共に、それを裏付けるエピソードを伝え、その企業でどう活躍できるかをイメージしてもらう内容とすることが重要です。

自己紹介で押さえておきたいポイント

ここでは、自己紹介で話す内容や気を付けたいポイントについて紹介します。

自己紹介で話す内容

自己紹介で話す内容は、以下のような流れにするといいでしょう。

<自己紹介の流れ>
・氏名と挨拶(卒業大学・学校名や入社年度なども入れると良い)
・現職または前職について(社名・所属・職種など)
・職務経歴・実績(アピールしたいことの要点をまとめる)
・締めの言葉(入社への意気込みなどを語る)

冒頭の「氏名と挨拶」では、「◯◯(名前)と申します。本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます」と、氏名に加えて、面接を実施してもらうことへの謝意を述べましょう。また、最後は「本日はどうぞよろしくお願いいたします」で締めましょう。どちらも定型文ではありますが、礼儀正しさは印象アップにつながるものなので、きちんと挨拶を述べることを忘れないようにしましょう。

職務経歴や実績の要点を文章にまとめる

ただ職務経歴や実績を並べるだけでなく、その企業の仕事に重なる内容などをピックアップしましょう。アピールしたいことの要点を整理してから、一度文章に書き起こしてまとめることがポイントです。「頭の中でちゃんと考えていたつもりだったのに、その場でうまく話せなかった」というケースはよくあるので、文章にして語るべき内容をきちんと把握しておくことが大事です。

1分程度で簡潔に語る

自己紹介は1分程度で簡潔に語ることが重要です。一人で長く話し続ければ、相手も飽きてしまいますし、「自分の経歴を整理できていない」「聞き手のことを考えていない」と判断される可能性もあります。また、相手に質問する隙間を与えず、自分がアピールしたいことのみを長く話し続ければ、「コミュニケーション力に欠けている」という印象を与えかねないので、注意しましょう。

また、短すぎる自己紹介も、「やる気がない」と思われてしまう可能性あります。氏名と前職の会社名、職種のみを伝える人もいますが、「自己紹介の時間を与えても何もアピールしないのは、うちの会社に興味がないのでは?」という悪印象を持たれるケースもあると考えましょう。

話し方や表情など、第一印象にも注意を

第一印象で好感を持ってもらうために、ハキハキと大きな声で話し、笑顔などの表情にも注意しましょう。ボソボソと無表情で話せば、暗い印象を持たれる可能性がありますし、「やる気がないのでは?」と思われれば、その後の面接の評価にも影響してしまうでしょう。

自己紹介を丸暗記するケースもありますが、抑揚のない話し方でずらずらと経歴を述べても、相手に聞き流されてしまうでしょう。また、丸暗記した内容を話す際には、目線が斜め上や下に向きがちで、相手の目を見て話せていないケースも多いのです。「顧客や上司に対しても、こういう話し方なのだろうか」など、入社後の悪いイメージにつながる可能性があるので、暗記するより、伝えるべき要点を咀嚼(そしゃく)することに注力しましょう。

自己紹介では趣味や特技も話すべき?

中途採用では、基本的に即戦力人材を求めています。企業は、「仕事における経験・実績・スキル」を聞くために面接をするものだと考えましょう。趣味や特技を知りたい場合には別途質問されるものなので、仕事上でアピールできる内容に時間を使う方がいいでしょう。アピールしたい趣味や特技がある人は、履歴書に書いておけば質問してもらいやすくなります。

自己紹介でアピールする職務経歴・実績の探し方

ここでは、「自分の経歴や実績の中で何を語ればいいのか」を見つける方法を紹介します。

「応募職種」に重なる経験・実績・スキルを探す

まずは過去の経験を振り返り、応募職種に重なる経験・実績・スキルを並べてみましょう。職務経歴書を作成しながら、その過程の中で出てきた強みや語りたいことを抽出していくこともできます。それらの中から、応募先企業の業務内容や仕事の進め方などに合致する内容をピックアップするといいでしょう。例えば営業職なら、「既存顧客を大切にしている」「新規開拓を中心に行う」など、企業によって方針に違いがあるものです。その企業に合致していることを伝えれば、より印象付けることができ、話も広がりやすくなるでしょう。

聞いてほしいポイントを「目次」化する

面接で聞いてほしいと思う経歴・実績・スキルについて、本の「目次」のようにわかりやすく要点を並べましょう。また、興味を持ってもらえそうな固有名詞を入れることもポイントです。例えば、営業職で大手企業を顧客としていたなら担当した仕事の規模感が伝わりますし、エンジニアなら扱うプログラミング言語や携わったシステム名などでスキルのレベル感が伝わるでしょう。

自己紹介の例文を紹介

営業職、事務職、エンジニア職の自己紹介の例文を参考にしましょう。それぞれ、冒頭の「氏名と挨拶」の後に続く内容を紹介します。

営業職の自己紹介例文

<経験・実績・スキルの要点>
自己紹介をさせていただきます。私は△△大学を◯年に卒業後、2社に在籍し、合計約6年間、法人営業のキャリアを歩んできております。
1社目の◯△社では、従業員500名規模の中堅企業に対するIT商材の営業を行い、営業約200名中、上位10%の成績を出しておりました。
現職の××社では、△△社や◯◯社などの大手企業を中心に、同じくIT商材の営業を行い、昨年は約500名の営業の中で成績上位5%の営業に与えられる社長賞を獲得いたしました。

<締めの言葉>
中堅から大手向けの法人営業、特に既存顧客への中長期の深耕営業を得意としており、その経験を貴社の法人営業でも活かしていきたいと考えております。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。

事務職の自己紹介例文

<経験・実績・スキルの要点>
◯◯大学を卒業後、新卒で△年に××社へ入社し、一貫して事務業務の経験を積んできております。
企業規模が100名規模と大きくはないため、特定の業務にとどまらず、営業事務、経理事務、総務事務、人事アシスタントと、部署横断での事務業務経験を積んでおります。
柔軟な対応力や早期の業務キャッチアップ、ミスのない業務遂行に強みがあると考えております。

<締めの言葉>
現職で培った幅広い部門での事務業務経験を活用し、成長段階にある貴社の事務部門の組織強化に貢献ができるのではないかと考え、応募させていただきました。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。

エンジニア職の自己紹介例文

<経験・実績・スキルの要点>
学生時代からインターンとしてIT企業の××社でWeb開発業務を1年ほど行い、◯◯大学を●年に卒業後、新卒で△×社へ入社いたしました。
現職では、会員500万人規模の自社Webサービスで、サーバサイド開発を主に担当し、必要に応じてフロントエンド業務も担当しております。
主に××、△△などの言語や〇〇などの領域に携わっておりますが、プライベートを含めて他言語も使っており、新しい技術への適応は比較的得意と考えております。

<締めの言葉>
今回、貴社が新たにWebサービスを開発・立ち上げ中とうかがい、現職での経験を活かしながら、サービスの立ち上げにもかかわらせていただくことで自身も成長していきたいと考え、応募をさせていただきました。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

あわせて読みたい参考記事

* 転職の「マネジメント経験」。どの程度なら職務経歴書に書ける?アピールする方法は?
* 職務経歴書の「職務要約・職務概要」の書き方
* 30代転職を成功に導く!企業が求める「転職スキル」を上手にアピールする方法
* 電話面接・WEB面接・Skype(スカイプ)面接で、気をつけるべきポイントは?

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。