転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 履歴書・職務経歴書 の用意をする > 職務経歴書に志望動機の記載はいらない?

職務経歴書に志望動機の記載はいらない?

職務経歴書にはこれまでに携わってきた業務内容などを記載しますが、ここにも志望動機を書く必要があるのでしょうか?あるいは、志望動機を履歴書に書いていれば職務経歴書では不要なのでしょうか?

以下では、基本となる考え方や対応方法などについて紹介しています。

職務経歴書の場合、志望動機を書くかどうかは自由

一般的に職務経歴書には、志望動機の記載てのルールはなく、書くかどうかは応募者の自由です。職務経歴書に志望動機を提示する方法もありますが、別途志望動機書を作成したほうが効率的です。

志望動機書を提出する場合はどうしたらよい?

志望動機は「職歴」ではないため、職務経歴書に書き込むのではなく、職務経歴書とは別に「志望動機書」を作成することをおすすめします。ここでは、志望動機書を作成するメリットをご紹介します。

書き直しの手間が省ける

職務経歴書の内容は基本的に書き換える必要がありませんが、志望動機は応募する企業ごとに内容が違ってくるので、応募先企業ごとに作成する必要があります。そのため、職務経歴書の中に志望動機を記載してしまうと、応募企業ごとに書き直しをすることになります。志望動機書を別に作成すれば、職務経歴書自体を修正する手間を省くことができるでしょう。

間違えて提出することを防げる

職務経歴書に志望動機を盛り込むと、応募企業の数だけ職務経歴書を作成することになりますが、複数の企業に応募していると、誤って本来提出すべき職務経歴書とは違うものを送ってしまう可能性も考えられます。そのため、職務経歴書はどの企業にも提出できる内容にしておき、志望意欲が高い企業に対して志望動機書を提出する方が効率的といえるでしょう。

もちろん、志望動機書を応募企業ごとに作成する場合でも、提出間違いの可能性がないとは限りませんので、企業ごとに封筒やファイルに入れておく、ファイル名に企業名を付けておくなど間違いを防ぐように管理しておくことをおすすめします。