転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職活動を始めるのに適した時期・タイミング・年齢は?

転職活動を始めるのに適した時期・タイミング・年齢は?

「転職を検討し始めたけれど、具体的にいつから動き始めようか」「長期スパンで考えて、何歳くらいで転職するのが望ましいか」――そんなふうに悩む人は多いようです。転職活動のベストタイミングは当然ながら人によって異なりますが、判断材料の一つとして一般的な転職市場の動向をつかんでおくといいでしょう。転職活動に適した時期、年齢別に求められる要素について、リクルートのキャリアアドバイザーが解説します。

転職活動に適した時期はある?

1年を通して、転職市場はどのように動くのでしょうか。まずは企業側の事情による、それぞれの時期の一般的な傾向をご紹介します。

1月~3月は、新年度の体制づくりを目的とする採用が活発

新年度がスタートする4月に向けて、1月頃から新年度の事業計画にもとづく求人が増えます。「新卒入社者と同時に研修を行える」というメリットもあり、4月1日入社が可能な人を対象とする求人が多く見られます。また、年度末で退職する社員の欠員補充のニーズも生まれます。ただし、3月後半には新卒採用活動がスタートすることもあり、人事が多忙になることから、中途の新規募集はやや鈍ります。

4月は中途採用活動が停滞

4月は人事担当者が新入社員の受け入れや翌年の新卒採用活動に手をとられるため、中途採用活動を一旦ストップする企業が多数。新卒採用と中途採用の担当が分かれている企業では中途採用も継続しますが、新年度は何かと慌ただしく、選考まで手が回らないこともあります。一方、大手企業の採用活動が鈍るこの時期を狙って、採用活動を強化する中小ベンチャー企業も見られます。

5月~7月は採用計画が始動

ゴールデンウィークが明ける頃には、新年度のバタバタも落ち着き、今年度の事業計画・人員計画も定まり、採用が動き始めます。「大量採用」がスタートするのもこの時期です。なお、6月~7月はボーナスをもらって退職する人が増えるため、欠員補充のための求人も出てきます。

8月も採用は継続するが、選考スピードが落ちる

8月は、10月にスタートする下半期の計画に向けた採用が動いています。しかし夏休みをはさむことから、選考のスピードは遅くなります。この時期をはさんで転職活動をする人は、通常より活動期間が長引くことを想定しておきましょう。

9月~10月は下半期の事業計画にもとづく求人が発生

上半期の業績が見えたこの時期、それをふまえた下半期の事業戦略が立てられ、それにもとづく求人が出てきます。

11月~12月は、翌年4月入社者の募集がスタート

次の年度に向け、「4月1日入社者」の募集をスタートする企業が現れ始めます。また、ボーナスをもらって退職する人が増えることから、欠員補充のための求人も出てきます。しかし、12月はクリスマスや年末の忘年会・会合、冬期休暇などのイベントや休みが多いため、選考が進みづらくなります。

転職活動を開始する人が多い時期はいつ?

転職活動を開始する人が増えるのは、ボーナス支給時期が近づいた頃(ボーナスをもらって退職するため)、ボーナス支給直後などが多いようです。9月や3月といった人事異動のタイミングで転職を考える人もいます。

また、ゴールデンウィークや年末年始など、長期休暇の後に転職活動を開始する人も多く見られます。その背景としては、休暇中にじっくり考えて決断する、あるいは友人などと会って近況報告をし合う中で「このままではいけない」と考え始める、あるいは故郷に帰って両親・兄弟と相談し、Uターン転職を決意する……といったケースがあります。

このほか、大手企業が大規模なリストラ策などを打ち出すと、その対象となる人たちが一斉に転職市場に押し寄せることになります。企業側もこうした転職希望者の動きをふまえ、その時期に募集を強化する傾向があります。しかし、多くの転職希望者が動く時期は、「ライバルが多い」とも言えます。

いずれにしても、市場動向は参考程度にとどめ、自分にとってのベストタイミングを見極めて動くことをお勧めします。

転職活動に適した年齢はあるか?

次に、転職活動に適した時期を、「年齢」という角度から見てみましょう。
「自分は何歳で転職するのがベストなんだろう」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

年代によって、企業から求められる要素・役割は異なります。それにマッチする経験・スキルを身に付けていれば、転職成功の可能性は高まります。一方、「自分の年齢にしては、経験・スキルが不十分なのではないか」と感じたら、経験を積める環境へ早い時期に移るという選択肢もあります。いずれにしても、自分の年代に求められる価値・スキルを意識しておくことが大切です。

業界や企業によって差はありますが、大まかには、各世代に対して次のような経験・役割を期待する傾向が見られます。

* 第二新卒(20代半ばまで):ポテンシャル(素養・基礎能力)や成長意欲
* 20代後半~30代前半:基本的な業務スキル+チームリーダーとして後輩の指導・育成経験
* 30代後半~40代:高度な業務スキル、あるいは専門性+マネジメント経験
 (役職に就いていなくてもプロジェクトマネジメント経験が評価対象となる)

30歳・35歳・40歳などは、企業の見る目が変わる境界線といえます。求められるレベルが一段階上がりますので、この時期を一つの目安として転職を検討してみるのもいいでしょう。

転職時期に関するQ&A

Q)転職活動は、在職中にする?退職後にする?

A)よほどの事情がないかぎり、在職中に転職活動をすることをお勧めします。転職活動は予想よりも長引くことがあります。無収入期間が続くと、金銭面の不安が高まります。焦るあまり妥協して入社を決めてしまい、また転職を繰り返すことにもなりかねません。また、なかなか転職先が決まらず、ブランク(離職期間)が半年~1年以上に及ぶと、企業から「働く意欲があるのか」「ビジネス感覚が鈍っているのでは」と懸念され、選考でも不利となります。

Q)転職活動を始めるのは、資格を取った後がよい?

A)目指している業界・職種に必要な資格を取得しようとしている場合、資格取得まで待たなくても、「勉強中」「○月に取得予定」であることを伝え、早い段階から転職活動をしてもいいでしょう。少しでも早く業界に飛び込み、経験を積むことをお勧めします。入社後、有資格者の先輩から試験対策のアドバイスを受けられる可能性もあります。

B)ただし、目指す分野が決まっていないのに、「何か資格を取れば武器になるのでは」という考えで資格を取ることはお勧めしません。企業側は、目的意識なく取得した資格を評価しません。また、資格よりも「実務スキル」が優先されるのが現実です。資格取得に時間とパワーをかけるなら、その分、今の仕事で一つでも新しい経験をしたり成果を挙げたりする方に力を入れてください。

Q)入社したばかりだけど、すぐにでも辞めたい。しばらくは耐えるべき?

A)短期で離職するなら、求人企業から長期就業への懸念を持たれることを覚悟する必要があります。しかし、短期離職した理由について、相手が納得するような理由を語れるのであれば、必ずしもマイナス評価にはなりません。単なる不満や感情的な理由ではなく、「自分にはこんな目標があるが、この企業では実現できないことに、入社してから気付いた」といった理由であれば、納得を得やすいといえます。「転職によって何を実現したいのか」をしっかり伝えられるようにしましょう。

Q)近々、昇給の予定がある。昇給してから転職したほうがいい?

A)企業は採用者の給与額を決定する際、前職の給与額を考慮します。そうした面では、昇給後に活動を開始するのも一つの選択肢です。しかし、時間を重ねるうちに、チャンスが消えていくこともあります。転職市場においては、一時期豊富にあった求人案件が、景況の変化や人員充足などを理由に、半年~1年後にはぱったりと消えることもあるのです。くれぐれもタイミングを見誤らないでください。なお、「現職では、来期より昇給予定」と伝えることで、昇給後の額を考慮してもらえるケースもあります。

あわせて読みたい参考記事

* 転職活動のやり方とスケジュール
* 転職する業界の選び方と業界研究のやり方
* 転職活動の流れー転職サイト・転職エージェントを利用する場合ー
* 転職活動の期間はどのくらい?転職までの流れとスケジュール事例

リクルートエージェントでは、応募した企業の面接で質問されることなどの傾向や、どんな候補者が評価されるかなどの情報をお伝えすることができます。面接対策にお悩みの方はぜひ相談に来てみてください