転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 第二新卒に適した転職時期はある?

第二新卒に適した転職時期はある?

第二新卒として転職する場合、転職に適した時期はあるのでしょうか?
ここでは、第二新卒での応募者を採用する方法と時期について紹介しています。

企業が第二新卒を採用する方法と時期

中途採用の方法としては、「通年採用」と「一時的な採用」の2種類があり、それぞれに適した時期があります。

通年採用

通年採用を行っているのは、たとえば事業が軌道に乗ってきたベンチャー企業などがあります。すぐにでも人材が欲しいものの、新卒採用では入社を翌年の春まで待たなければならないことから、第二新卒の応募を通年で受け付けるといったケースです。

企業側としては、早期の人員確保に加え、第二新卒の人材は社会人としての基本的なビジネスマナーを身に付けているため、新卒よりも育成コストがかからないというメリットもあります。

一時的な採用

毎年10月1日に新卒の内定式が行われることが一般的ですが、計画どおりに採用できずに新卒入社者が不足している企業のなかには、第二新卒の採用に切り替えるケースがあります。この場合、新卒採用の状況が明らかになる7月~9月頃に第二新卒の採用を行う傾向にあります。

また、新卒と同時に研修を行うために、新卒入社の社員と同じ4月入社を目指して第二新卒を採用するケースもあります。この場合はおおよそ1月~3月頃に採用活動が行われます。

転職時期に迷った場合の考え方

人材を募集する時期は企業によって異なります。人事部門の人数が少ない場合や企業の採用活動の方針によっては、3月~6月は新卒の採用活動を重視し、中途入社の採用活動を行わないといったケースもあります。また、実際に転職活動を行ってみて、初めて気づくこともあるでしょう。そのため、希望する企業や転職したい業種・職種、転職して実現したいことがあれば、まずは自分なりのタイミングで転職活動をしてみることをおすすめします。