転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 入社3年目の求人ニーズ、転職を成功させるための秘訣とは?

入社3年目の求人ニーズ、転職を成功させるための秘訣とは?

入社3年目 転職

新卒で入社して3年。転職を考え始めたものの、本当に今動いていいのかどうかわからない……。そんな悩みを抱く人は多いようです。中途採用市場において、「入社3年目」はどのように見られていて、どんなチャンスがあるのでしょうか。
転職市場と転職成功のポイントについて、人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント粟野友樹氏が解説します。

入社3年目で転職活動をするのは早すぎる?

新卒で就職して3年程度以内の人たちは「第二新卒」と呼ばれます。「第二新卒」を対象とした求人は数多くありますから、決して早すぎることはありません。ビジネスパーソンとして一通りの基礎は身に付いていると同時に、新しい環境に適応する柔軟性や「伸びしろ」があるという点で、転職を考えてもいい時期であるといえます。

ただし、世の中に見られる「3年が一区切り」という概念に振り回されないようにしましょう。たしかに入社3年目あたりで転職する人は多く見られますが、友人や同僚など周囲の人の影響を受けて安易に転職に踏み切らないでください。自分自身の目的を明確にし、自分にとって今は転職に適切なタイミングなのかどうかを考えましょう。

企業は「入社3年目」の人材をどう見ている?

求人企業側が入社3年目の人材に寄せている期待として、以下のようなポイントが挙げられます。

ビジネスの基礎が身に付いている

社会人・ビジネスパーソンとしての基本的なマナーや、業務遂行のための基礎的なスキルを身に付けているため、採用する企業としては「基礎的な研修は必要なく、現場ですぐに活躍できる」という点にメリットを感じています。

ポテンシャル、将来性が期待できる

入社3年程度であれば、前の会社の考え方・やり方にとらわれず、新しいことを吸収できると考えられています。これから自社で育成する余地が多く、成長性や将来性が期待されます。

入社3年目の転職市場トレンドは?

中途採用市場では、景気が上昇すると「未経験者」も歓迎する求人が増え、景気が減退すると「即戦力」を求める求人が中心となる傾向があります。

コロナ禍以前は、未経験の第二新卒層や若手を対象とする「ポテンシャル採用」は活発に推移していました。しかし、コロナ禍においては「即戦力となる経験者」を求める傾向が強くなってきました。

少子高齢化が進み、労働人口が減少傾向にある日本では、企業にとって若手人材の獲得は長期的な課題です。経済が回るようになれば、第二新卒採用も再び活発化すると見込まれます。

異業界へのキャリアチェンジを目指すのであれば、景気動向を踏まえてチャンスのタイミングをはかりましょう。

入社3年目の転職を成功させるポイントと注意点

入社3年目の人が転職成功を目指すなら、次のポイントを意識しながら転職活動に臨んでください。

ネガティブな転職理由は、前向きな理由に転換する

今の会社に不満や不安を抱いて転職活動を始めたとしても、「不満の解消」だけを目的にしてしまうと成功にはつながりにくいものです。面接で、「現状から逃げたいだけなのではないか」と思われてしまうと、門戸は開かれません。

転職を考えたきっかけは不満であっても、「転職によって実現したいことは何か」を考え、前向きな転職理由を打ち出すことが大切です。

今後何をやりたいのか、どんなスキルを身に付けたいかを明確にする

転職理由を「前向き」に切り替えるには、転職後に「やりたいこと」は何なのかを考えましょう。転職した先で「こんな経験を積みたい」「こんなスキルを身に付けたい」、さらにはもう少し長期的な視点で「こんなキャリアを築きたい」といった目標を描くのです。それを言語化し、面接で語れるようにしてください。

描いた目標について「今の会社では本当に実現できないのか」を考える

入社3年目程度でビジネスパーソンとしてはまだまだ経験が浅い人が、面接で今後の目標やキャリアプランを伝えた場合、「それは今の会社では実現できないのか?」と突っ込まれることはよくあります。

自分の部署やチームのことしか見えておらず、「今の会社ではやりたいことができない」と思い込んでいるケースは多数あります。別の部署に異動すれば、今の不満を解消し、やりたいことができる可能性もあるかもしれません。今の会社に対しても、視野を広く持って見てみることをお勧めします。

これまでの経験で身に付けた「ポータブルスキル」を整理し、アピールする

2~3年の経験では、専門スキルのレベルはまだまだ低いと見られることも。そこで、これまでの経験で身に付けた「ポータブルスキル」を整理し、選考でアピールしましょう。ポータブルスキルとは、あらゆる業種・職種に活かせる、「持ち運び可能な汎用スキル」のことです。

例えば、コミュニケーション力、課題発見力、交渉力、調整力、数値分析力などです。特に異業種・異職種へのキャリアチェンジを目指す場合、ポータブルスキルを武器として活用するのが有効です。

入社3年目転職の成功事例・失敗事例

「ポテンシャル」が期待される入社3年目では、異業界・異職種に転職するチャンスが数多くあります。最近では、次のようなキャリアチェンジを実現した例があります。

金融機関の営業 → 外資系メーカーの海外営業
人材サービス企業の営業 → 事業会社の人事
技術者派遣会社のSE(システムエンジニア) → サービス企業 のWebエンジニア
SIer(システムインテグレーター)のSE → 外資系ITベンダーのセールス

一方、転職を果たしたものの後悔することになった事例もあります。

銀行の営業 → コンサルティング会社

スピードが速く、ついていけない」「スマートでスタイリッシュなイメージを持っていたが、意外と地道な下積みの業務が多く、期待とのギャップが大きかった」という理由で早期退職。

インターネット広告代理店の営業 → 学習塾の塾長

子どもが好きで、教育に携わる仕事にはやりがいを感じたものの、年収ダウンとなった生活や労働環境に対するストレスが想像以上だったため、半年後に再び転職。

サービス企業の営業 → メーカーの事務職

事務の仕事に憧れていたのだが、残業やパワハラに悩むことになり、「事前に企業風土をしっかり確認しておけばよかった」と反省。

社会経験が浅いと、このように「漠然としたイメージ」「憧れ」だけで転職を決めてしまい、「こんなはずじゃなかった」と後悔するケースが見られます。さまざまな角度から情報収集することが大切です。

なお、転職活動をした結果、「今の会社の良さに気付いた」「今の会社でまだまだ経験を積むべきだと気付いた」など、元の会社にとどまる選択をする人も少なくありません。視野を広げることで自分が進むべき道を見極められることもありますので、試しに転職活動をしてみるのも有効です。

悩んだら転職エージェントを活用しよう

先ほど「失敗例」でもお伝えしたとおり、視点が欠けていることで転職先を適切に選択できないこともあります。転職エージェントでは、多くの転職成功事例・失敗事例を踏まえて、検討すべき項目や判断する際の指標についてアドバイスを受けることができます。

また、「転職したいけれど、自分が何をやりたいのかわからない」「自分の強みがわからない」という人は、キャリアアドバイザーと対話することによって、自分の価値観や志向、強みが見えてくることもあります。

1人での転職活動は心細いもの。転職エージェントをパートナーとして味方につけ、サポートを受けてはいかがでしょうか。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏


約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。