転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職理由 > 仕事をやめたい!転職に踏み切るべき?思いとどまるべき?

仕事をやめたい!転職に踏み切るべき?思いとどまるべき?

「仕事をやめたい」という感情が沸き上がってくるのは誰しも経験することです。「やめたい」という気持ちに従って転職に踏み切るべきか、思いとどまるべきか──そう悩んだときに、現状を整理する対処法と自分を見つめ直すポイントをお伝えします。

仕事をやめたいときに見つめ直すべきポイントは?

仕事をやめたい、会社をやめたいと思った時は、一時的な感情に流されず、今のまま続けることで不満点が解消される可能性があるかどうかを見極めましょう。ここからは、やめたい理由としてよく挙がる不満項目ごとに、現状を整理するポイントについてご紹介します。

【1】「給与」に不満があってやめたい

今の給与額に不満を抱いている場合、「この先、上がる可能性があるかどうか」を検討してみましょう。
「働いている会社の給与水準が他と比べて低く、この先も上がる見込みが少ない」「業界の景気の影響で、勤務先企業の業績が低迷している」──こうした理由で給与が低い場合、自分の努力で年収を大幅アップさせることは難しいかもしれません。生涯年収や、今後給与額が上がる可能性があるかどうかも合わせて確認してみましょう。

このとき、まずは「業界の転職市場」の動向や「自分のキャリアが転職市場でどれほどの価値があるか」などをつかむことが大切です。転職エージェントに相談すれば、「このキャリアなら、世間の年収相場はどれくらいか」を知ることができます。今の経験・スキルが、思いがけない業種や企業に「年収面で高く評価」してもらえる可能性もありますので、 エージェントが持つ情報を活用してください。

短期的に年収アップをはかりたいけど年功序列的な給与体系の企業にいる場合は、成果に応じた評価・報酬制度がある企業、マーケットが急成長している企業、もともとの給与水準が高い業種・企業に注目してみましょう。転職することで賞与を含めて考えると、1年目の年収がダウンすることもあります。一時的な年収ダウン額だけに目を奪われずに、その後に年収を上げていけるかどうか、中長期的な視点を持つことも重要です。

【2】「人間関係」に不満があってやめたい

「人間関係がうまくいかない」ことを理由に、「仕事をやめたい」と考える人もいるのではないでしょうか。しかし、どんな会社に転職したとしても、人間関係の問題は生じる可能性があります。まずは、上司や同僚とのコミュニケーションや付き合い方を工夫し、人間関係構築スキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

上司・同僚と考え方や方針が合わない…と思っていても、「なぜそうするのか」という根拠をしっかりと聞き、かつ自分の考えを率直に話す機会を設けることで、お互いへの理解が深まることもあります。

それでも、自分の部署の上司や同僚とうまくいかない場合は、他部署の人と積極的に交流を図ってはいかがでしょうか。「自分の上司や先輩を尊敬できない」と思っていても、他部署にはロールモデルとしたい人がいて、力になってくれるかもしれません。あるいは、人事部門に相談し、異動の道を探るという選択肢もあります。

それでもやはり社内の人と距離を縮められないといった状況であれば、転職するのも一つの手です。再び人間関係で悩まないようにするためには、さまざまな企業で面接を受けてみて、「この人たちと働きたい」と思える会社を探してみましょう。

ただし、採用担当者に好印象を抱いても、配属先の上司や同僚は雰囲気がまったく違っていた、というケースもありえます。選考が進む中で、配属予定部署のメンバーと話をさせてもらう機会を設けてもらうことをおすすめします。

【3】「仕事内容」に不満があってやめたい

「入社前にイメージしていた仕事と違っていた」「希望しない職種に配属された」など、仕事に面白み・やりがいを感じられないということであれば、「5年後、10年後にどんな仕事をしていたいか」を想像してみましょう。「将来したい仕事」「なりたい自分」を叶えるために、今の仕事は「必要な通過点」であるかもしれません。また、一見、希望とは異なる仕事であっても、今の経験を積むことで先々したい仕事にプラスになることもあります。

「これがやりたい」「こんな自分になりたい」という目標が定まっていて、今の仕事内容ではその目標に近づけない場合は、社内異動の道を探ってみましょう。それも叶わなければ、転職を検討してはいかがでしょうか。

転職活動をする際には、仕事内容の詳細を確認しましょう。業種・職種は同じでも、仕事のスタイルや進め方は企業によってさまざまです。例えば、「マーケティング」という言葉一つとっても、その役割や業務内容は企業ごとに異なっています。

採用情報ページや求人広告などを隅々まで目を通し、社員の体験談などを読んでみてください。「新卒採用」のページも見てみると、学生にもわかりやすいよう、各職種の仕事の流れがくわしく解説されていることもあります。そして面接の場で、具体的な仕事の進め方、個々のメンバーが任せられる範囲などを質問するといいでしょう。

転職エージェントでは、現在のキャリアをもとに、各業界の市場動向や採用情報、転職市場価値を上げるためのアドバイスも提供しています。キャリアアドバイザーの視点も、ぜひ参考にしてみてください。

【4】「労働時間」に不満があってやめたい

残業の多さや休日出勤などが体力的にも精神的にもつらいと感じるなら、深刻化する前に転職する選択肢もあると思います。

この場合、転職先の候補企業を探す際は、「残業はどれくらいか」「休日出勤はあるか」というポイントだけでなく、「リモートワーク」「在宅勤務」「フレックス」などの制度の有無や活用度にも注目してみてください。単に長時間労働を減らすだけでなく、ある程度自分の自由に働き方をコントロールできれば、ストレスを軽減できるものです。

なお、転職の第一目的が「長時間労働の解消」だったとしても、面接で転職理由を聞かれた場合、そのまま答えるのはおすすめしません。「仕事において大切にしていること」「これからやりたいこと」「今後目指したいこと」などをしっかりと整理・言語化しておきましょう。

「転職を考えたきっかけは労働時間への不満からだったが、これを機に自分がやりたいことを見つめ直した結果、こんなことにチャレンジして、こんなふうに成長していきたい」というストーリーを語れるようにしておくことが大切です。

【5】「社風」に不満があってやめたい

自分が不満を感じている「社風」とは、「働く人たち」や「経営方針」、「仕事の進め方」なのか、あるいは「飲み会が多い」「イベントが好き」といった慣習なのか、細かく分解してみましょう。一つの会社でも、部署によって風土・環境がまったく異なることもありますので、今の職場にどうしてもなじめないのであれば、他部署への異動の可能性を探ってみてもいいでしょう。

一緒に働く人たちと合わないと感じるなら、先に挙げた「人間関係への不満」の対処法を試してみてください。
社内全体を見渡してみても、やはり社風が自分に合っていないと感じるなら、よりフィットする会社を探してみてはいかがでしょうか。

社風が合う会社を見つけるためには、まず、企業サイトや採用サイトに記されている「企業理念」「ビジョン・ミッション・バリュー」などを読み込んでみてください。同じ業種で、同じようなサービスを行っていても、目指していることは「顧客満足」「社会にインパクトを与える」「従業員の幸福」……など、会社によって異なっているものです。それが会社のカルチャーに大きく影響しています。

また、経営者やメンバーのSNS、ブログなどでも、公式サイトだけではわからない価値観やカルチャーを伺い知ることができます。それらに自分が素直に共感できるかどうかを確かめてみましょう、面接を受けた本社と、実際に配属された支社などで、職場の雰囲気がかけ離れているケースもあります。配属予定の職場を見学させてもらったり、一緒に働く上司や同僚に会わせてもらったりするよう、交渉してみることをおすすめします。

【6】「評価」に不満があってやめたい

「成果を挙げているのに評価されていない」と感じる場合、会社が社員に求めている行動と自分自身の行動にズレがあるのかもしれません。
例えば、「マイペースな活動で個人の業績を挙げるのではなく、協調性を大事にしてチームで成果を挙げてほしい」「長時間労働によって業績を挙げるのではなく、労働時間を抑えて生産性向上に取り組んでほしい」といった内容です。一度、「自分は何を求められているのか」「どんな行動をすれば評価されるのか」について、上司と話し合ってみてはいかがでしょうか。

一方、会社の評価基準があいまいで、評価が上司の主観に左右されることもあります。そうした場合は、人事部門に相談して異動を申し出るか、それも叶わない場合は転職を考えてもいいでしょう。

転職先を選ぶ際には、自分が納得できる評価制度・報酬制度があるかどうかに注目してみてください。

なお、同じ経験・スキルでも、会社によって価値評価が大きく変わることがあります。例えば、A社では力を入れていない事業分野について、B社ではそれをこれから主力事業に育てていこうと考えているケースも。こうした場合、その事業の経験者は、A社ではあまり評価されなくても、B社では歓迎されるというわけです。

自分の経験・スキルをより高く評価してくれる企業に出会うためには、ぜひ転職エージェントの情報も活用してみてください。

あわせて読みたい参考記事

* 転職活動のやり方とスケジュール
* 転職する業界の選び方と業界研究のやり方
* 転職活動の流れー転職サイト・転職エージェントを利用する場合ー
* 転職活動の期間はどのくらい?転職までの流れとスケジュール事例

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。