転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職にまつわる不安を解消し、成功に導くためのポイント

転職にまつわる不安を解消し、成功に導くためのポイント

転職にはいろいろな不安がつきまといます。「そもそも転職してもいいのか」「自分のキャリアは転職市場で通用するのか」「今の年齢での転職はどうなのか」「希望は叶うのか」「面接でうまく受け答えできるか」――など。そんな不安の解消法を、組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏がアドバイスします。

 

転職を考えたときに抱えがちな不安、どう解消する?

転職は人生を左右する決断。不安を抱くのも当然のことです。しかし不安から立ち止まってしまったままでは、何も変わりません。

では、不安を解消するためにはどうすればいいか。すぐにできることは、「情報収集する」「頼れる相手に相談する」「行動を起こしてみる」です。

転職を考える人が抱きがちな「不安」と、その解消法をご紹介します。

「そもそも転職してもいいものだろうか……」

転職すべきか、今の会社にとどまるべきか。この段階で悩む人は多いようです。この場合、「まずは小さなステップでも行動を起こしてみる」ことをお勧めします。

応募・面接のみが転職活動ではありません。次のような活動をすることで、自分を客観視・相対化して知ることができます。

転職活動では、次のような体験ができます。

自身のキャリアを振り返り、整理する
本当にやりたいこと、将来なりたい姿を考える
さまざまな求人情報に触れ、世の中にどんな会社や仕事があるかを知ることができる
サイトで求人情報を探す
転職エージェントに登録して相談する
合同説明会に参加する
経歴の棚卸やキャリアを考えるために履歴書や職務経歴書を作成してみる

実際、転職活動をしてみた結果、今いる会社の良さに気付き、転職をやめる人もいます。そうした人は、元の仕事や環境に対し、以前より納得感を持って向き合えるでしょう。

転職活動を通じて視野を広げた上で、「自分は転職すべきかどうか」を判断してみてはいかがでしょうか。

「自分の経験・スキルは転職市場で評価されるのか? 希望の条件で転職できるだろうか……」

こうした不安は、「情報収集」によって、その不安を具体化・細分化することができます。
いろいろな求人情報を見てみることで「世の中の相場」がつかめますし、自分のキャリアが転職市場でどの程度ニーズがあるのかもイメージできます。

また、自分のスキルが通用しないと思うなら現職で経験を積むなど、自分の考えや行動を一歩先に進めることができるでしょう。周囲に転職した人がいた場合、その経験談を聞いてみるのも有効です。

「転職のプロ」に相談するのも一つの手です。転職エージェントのキャリアアドバイザーからは、「このキャリアは転職市場でどう評価されるか」「どんな転職先の選択肢があるか」「年収相場はどのくらいか」「同じようなキャリアの人が、実際にどんな転職を実現しているか」などの情報を得ることができます。

自分では「大したことない」と思っていた経験・スキルが、意外な業界や企業で求められていることもありますので、プロの視点での客観的なアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

「今の年齢での転職は不利になるだろうか……」

年代によっては、「転職するには早すぎるのでは」「この年齢では求人が少ないのでは」といった不安を抱くことが多いようです。

この場合も、転職エージェントに相談してみることをお勧めします。求人マーケットの動向と本人の経験・スキルを照らし合わせ、「転職するなら早めがいい」「今の会社にとどまったほうがいい」「あと○年程度、経験を積んでから動けば、より選択肢が広がる」といったアドバイスが受けられます。

年代ごとの転職動向・成功のポイントについては、以下の記事を参考にしてください。

20代転職の特徴と企業選びのポイント

第二新卒に適した転職時期はある?

30代転職のポイントと企業選びのコツは?

転職は35歳が限界はホント?―転職を成功させるための6つのポイント

40代転職のポイントと選択肢を広げる方法

「希望していたことが本当に実現できるだろうか……」

「こんな経験を積みたい」「こんなプロジェクトに関わりたい」「こんな環境で働きたい」など、希望が叶えられそうな求人企業を探し、まずは応募してみましょう。

先にも触れた通り、応募して内定を得たからといって入社しなければならないわけではありません。面接の場で、自分の希望が実現できるかどうかを確かめてみてください。

面接は、企業側から一方的に評価される場ではなく、自分が相手企業を見極める場でもあります。遠慮しすぎずに、自分が判断する上で重要な事柄は積極的に聞くようにしましょう。

人事担当者の話だけでは、実際に働く現場の実情をつかめない可能性もありますので、選考や企業側の状況を踏まえ、タイミングを見て「一緒に働くメンバーの皆さんとも話をさせてください」と交渉してみるのもいいでしょう。

人事担当者や役員クラスが語るのとは異なる、「現場の実際」がつかめるかもしれません。

なお、企業の内情については、転職エージェントを通じて情報を得られることもあります。相手企業に面と向かって聞きづらいことなどは、キャリアアドバイザーに相談してみてください。あなたに代わって、企業に実情を確認してもらうこともできます。

「こんな不安をどう解消すればいい?」――ケース別Q&A

Q)今の仕事を続けながら転職活動ができる?

在職中に転職活動をする場合、苦労するのが面接日程の調整です。「忙しくて面接に行く時間がとれない」「平日の日中は社外に出られない」といった不安を抱いている人も多いことでしょう。

有給休暇を使う手もありますが、最近では平日の夜間や土日に面接を行う企業もありますので、相談してみましょう。また、スカイプなどを使ってのオンライン面談を導入する企業も増えています。

在職中の転職活動、成功させるためのポイントは?

Q)転職活動が長引いてしまわないか?

転職活動スタートから新しい会社に入社するまでの期間は、在職中・離職中といった状況や、転職活動の進め方、退職交渉や業務の引き継ぎ状況などによって幅があります。

一般的には3~6カ月を要するケースが多いようです。企業によって選考スケジュールが大きく異なるため、転職エージェントから情報を得た上で、計画を立てるといいでしょう。

転職活動の期間はどのくらい?転職までの流れとスケジュール事例

Q)面接が苦手。うまくアピールできる?

面接は確かに緊張する場面。その緊張や不安を和らげる対策は、「しっかり準備をしておくこと」以外にありません。

面接では「うまく話そう」と思う必要はありません。自分の経験を振り返って整理しておき、それをそのまま話せばいいのです。「これからやりたいこと」「なぜその会社に入りたいか」などは、事前にじっくりと考えておき、「これだけは伝えたい」というポイントを決めておきましょう。当日は、「想い」を素直に、自分の言葉で語ってください。うまく話そうとするよりも、そのほうが相手に伝わります。

準備にあたっては、面接でよく聞かれる質問や、企業が注目しているポイントを知っておきましょう。

面接でよく聞かれる質問6つと評価される回答のポイント

不意の質問に慌てない!転職の面接で聞かれる質問23

Q)転職活動をするには、お金がどれくらいかかる?

転職活動にかかる費用は、以下のようなものが挙げられます。

● 履歴書の用紙代や証明写真代
● 面接の交通費
● 携帯電話、インターネットなどの通信費
● 面接用のスーツや靴などの服飾費(購入する場合)

応募社数が多い場合や、スーツを購入するなど出費がかさんだ場合には、トータルで10万円以上になることもあります
費用がかさむのが心配であれば、会社を辞めずに収入を確保した状態で転職活動を進めることをお勧めします。

転職活動にはどれくらいの費用がかかる?

Q)今の会社を円満に退職できる?

退職の際に引き留められがちな理由として、「多忙で業務が回らない」「後任者の補充が間に合わない」などがあります。これらは「繁忙期の退職を避ける」「プロジェクトの切れ目で退職する」「引き継ぎの準備を早めに進めておく」といった対策をとることで、退職しやすくなります。

なお、競合他社などに転職する場合は、退職交渉でトラブルになるケースがありますので、転職先企業名を聞かれても答えないようにしたほうがよさそうです。

円満退職のために

退職理由は面接でどう伝える?上司にはどう伝える?

転職活動には不安がつきもの。そんなとき、「1人じゃない」「支えてくれる味方がいる」というのは心強いものです。転職成功までの道のりに伴走してくれるサポーターとして、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。