転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 仕事を辞める時期─最適な見極めポイントは?【3つの事例付き】

仕事を辞める時期─最適な見極めポイントは?【3つの事例付き】

「転職を考えているが、どのタイミングで今の会社を辞めるか悩む」──仕事を辞める時期の判断がつかず、一歩を踏み出せない人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、転職を果たした方々の事例を交え、自分にとって最適な「辞める時期」を見極めるポイントをお伝えします。

転職を検討中。今の仕事を辞める時期、どう判断すればいい?

仕事を辞める時期として最適なのはいつなのか。そこに「正解」はなく、個々の状況によって異なります。そこで、実際に転職した方々がどのように「辞める時期」を設定したのかをご紹介します。

なお、転職活動にかかる期間は、個人差があるものの、一般的には「書類作成~面接~退職」まで3~6カ月かかると考えておいてください。つまり「辞める時期」を設定したら、その3カ月~6カ月前には転職活動を開始することをお勧めします。

なお、「GW」「夏休み」「年末年始」などの長期休暇をはさむ時期は選考が滞りがちですので、長引くことを想定してスケジュールを組みましょう。

3つの事例から考える、仕事を辞める時期のポイントは?

仕事を辞める時期を検討するにあたり、判断する基準には3つの軸があります。

①プライベートの事情…家族の事情、経済的事情を考慮する
②現職の事情…プロジェクト期間、繁忙期、組織編成時期、引き継ぎ期間などを考慮する
③転職市場の状況…希望条件に合う求人の有無、景気による求人市場の変動などを考慮する

次の3人の事例とポイントを参考にしてみてください。

【プライベートの事情】年収を維持すべく、賞与をもらってから辞めた

すぐにでも転職したいが、少しでも年収を減らしたくない。普段の支出を賞与で補っている部分が大きいので、賞与をもらってから辞めたいと考えていたAさん。そこで、賞与が支給された後の「6月末退社」を目標に設定。この時期に合わせてプロジェクトが一段落するように段取りを組み、転職活動のスケジュールを立てた。(大手メーカー・32歳・営業)

<ポイント>就業規則の「賞与規定」を確認

賞与をもらってからの退職を計画する場合、就業規則の「賞与規定」を確認しましょう。賞与の査定対象となる期間は会社によって異なります。「算定期間内に在籍していても、支給日に在籍していなければ賞与を支給しない」という会社が多いため、注意が必要です。

なお、Aさんと同じく6月賞与支給の会社の場合、ボーナスが支給された後の「6月末退社」のためには、5月中旬~下旬には内定を得て退職交渉に入る必要があります。そこから逆算すると、3月下旬~4月初旬に応募し、GW前に1次~2次面接を終えておくと安心です。

2次面接をクリアした企業について、GW明けの最終面接に備え、GW中に企業研究を深めておくといいでしょう。冬のボーナス支給後・12月末退社を狙うなら、9月~10月には活動を開始することをお勧めします。

【現職の事情】同僚に負担をかけないようプロジェクトの切れ目で辞めた

担当しているサービスの新規プロジェクトに関しては、責任を持ってやり遂げたいと考えていたBさん。今の会社のメンバーとの人間関係をこわしたくないし、途中で離脱して迷惑をかけたくない。
そこで、今のプロジェクトが一段落したタイミングで退職できるように転職活動のスケジュールを組み、応募先企業に入社希望時期を伝えた。また、スムーズに引き継ぎを行えるよう、プロジェクトに関連する資料や注意点などを早めに整理して準備しておいた。(IT系企業・28歳・プロジェクトリーダー)

<ポイント>プロジェクトの進捗状況に合わせて行動

プロジェクトの進行中や繁忙期に離脱することは、メンバーに迷惑をかけてしまう可能性もあるため、避けたいものです。転職後も今の会社のメンバーとの付き合いを続けていきたいのならなおさら、円満退職を目指しましょう。

しかし、プロジェクトに予期せぬアクシデントが起こり、予定通りに運ばないこともあると思います。転職活動を進める中で、プロジェクトの進捗状況を見て予測を立て、遅れる可能性があれば(=退職・入社時期が後ろ倒しになる可能性があれば)面接時に伝えておくといいでしょう。

【転職市場の状況】チャンスを逃さないため、時期にこだわらず辞めた

もともと切りがいいタイミングとして、年度の変わり目である「3月末退職」を考えていたCさん。情報収集だけは早く始めておこうと考え、5月に転職エージェントに相談。すると「非公開求人」として、ある会社の新規事業メンバーの求人を紹介され、強い興味を持った。
その新規事業プロジェクトは秋から本格稼働するため、9月~10月までに入社できる人を求めているとのこと。このチャンスを逃すまいと、すぐに応募。内定を獲得できたので、8月末で退職した。(旅行会社・32歳・マーケティング)

<ポイント>興味を持った人気企業への応募は早めに決断しよう

職場に迷惑をかけないようにする配慮は大切ですが、それを気にするあまり、せっかくのチャンスを逃してしまうのはもったいないことです。時期に捉われずに決断することも、ときには必要だと思います。

通年採用の求人であれば時期に関わらず応募が可能ですが、「募集は年1回。来年度の採用計画は未定」「欠員補充目的のため、充足したら募集は終了する」「新規事業のスターティングメンバー募集なので、チームが出来上がったら追加増員はない」といった求人も多々あります。人気が高い求人ほど早く応募が集まり、閉め切られてしまいますので、早急に決断しましょう。

しかし、あまりにも突然に退職意思を告げると、会社側も困惑してしまいます。強く引き留められ、退職交渉が難航する恐れも。そうしたトラブルを防ぐため、選考を待つ間、早い段階から退職の準備を進めておきましょう。

例えば、引き継ぎに必要なマニュアルや資料を作成しておく、自分の「後任」候補となる後輩や同僚にそれとなく担当案件の状況を共有し、可能であれば少しずつ業務を引き継ぐ……など。転職活動と同時に、退職後の業務をなるべく滞らせない準備も進めておけば、円満に退職できる可能性が高まります。

3つの軸を踏まえ、優先順位を検討する

今回ご紹介した3人のケースに表れているように、辞める時期は「プライベートの事情」「現職の事情」「転職市場の状況」の観点で考えてみてください。これらのバランスを取りながら、自分はどの軸を優先したいのかを見極めましょう。

なお、転職エージェントを活用すれば、応募したい求人について、「選考にどの程度の期間を要するか」「入社時期の交渉ができるか」などの情報をつかむことができます。入社時期を相談したい場合、相手企業との交渉をエージェントに代行してもらうことも可能です。
退職~入社時期の見通しを立てるために役立ててください。

あわせて読みたい参考記事

* 転職活動の期間はどのくらい?転職までの流れとスケジュール事例
* トラブルを防いで円満退職しよう─上手な「会社の辞め方」とは

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。