転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 転職の準備をする > 転職に成功した人から学ぶ【転職成功率アップの方法】

転職に成功した人から学ぶ【転職成功率アップの方法】

転職 成功率

転職に成功するために、体験者の実績を参考にすることは効果的な方法の一つです。

今回は転職成功者の数値データをもとに、「どのような転職活動をしたら成功率が上がるか」について、組織人事コンサルティングSegurosの粟野友樹氏に解説いただきました。

転職における「成功」は人それぞれ違う

転職の成功の解は一つではなく、転職を考える人の数だけ存在します。漠然と転職活動を進めてしまうと失敗につながることが多いため、まずは自分にとっての転職の「成功」を定義することが大切です。次の3点を確認することで、整理してみましょう。

1.転職理由と目的
2.個人の属性(経験・スキル、職種、年齢等)
3.おかれている状況(在職中または離職中、家族の状況、仕事の繁閑等)

1.転職理由と目的

そもそも転職する理由や目的が何かを確認します。
たとえば、経理職で決算業務にも携わりたいが先輩が対応しており経験できないため「決算業務まで任せてもらえる企業へ転職したい」ということが転職の目的であれば、仕事の内容が目的に合うことを「成功」とし、企業の規模や年収については優先順位を下げて考えます。

2.個人の属性(経験・スキル、職種、年齢等)

次に、個人の属性(経験・スキル、職種、年齢等)から考えられる「成功」を確認します。
未経験でWebエンジニアへ転職を考えているのであれば、顧客先常駐の案件だとしても、まずはWebエンジニアとして就職できることを「成功」とし、自社サービスを開発したい、などのビジョンは優先順位を下げて考えます。また、経験・スキルが十分あるSEであれば、開発経験を評価してもらえ、プロジェクトマネジメントに携われるポジションへ転職できることが「成功」になる場合もあるでしょう。

3.おかれている状況(在職中または離職中、家族の状況、仕事の繁閑等)

さらに、おかれている状況(在職中または離職中、家族の状況、仕事の繁閑等)を顧みて、何が「成功」かを考えることも必要です。
扶養家族がいて年収は下げたくないため、仕事の内容よりも年収を重視したいという人は、仕事の内容や企業の知名度よりも、年収をアップさせることを「成功」とするでしょう。仕事が忙しすぎてプライベートの時間を確保できない人であれば、ワークライフバランスを保てることが「成功」になるでしょう。

3つのポイントそれぞれについて、自分にとっては何が「成功」なのかを書き出し、その中で優先順位をつけておくと、自分にとっての転職の「成功」が定義できるでしょう。

転職に成功した人の平均応募社数と内定までの期間

では、転職に成功した人の活動ノウハウについて、データを参照しながらポイントを押さえてみましょう。

転職に成功した人の平均応募社数

まず、転職を実現するために応募する企業数を見てみます。

以下はリクルートエージェントを通じて2019年4月~9月にかけて転職活動を行い、転職された26,762名のデータです。約7割以上の人が10社以上に応募、半数に近い人が20社以上に応募しており、30社以上に応募した人も3割に達しています。

【図1】リクルートエージェントを通じて転職した人の応募社数

成功率図1

 

 

 

 

 

 

※調査期間:2019年4月~2019年9月、サンプル数26,762件(リクルート調べ)

一概に何社応募すればいいとは言い切れませんが、第一希望を1社に絞って応募するのではなく、複数企業に同時に応募していることがわかります。

転職に成功した人の応募〜内定までの期間

応募から内定までの期間は、データによると、1ヶ月未満21%、1~2ヶ月未満が40%、2ヶ月以上が39%となっていますので、一般的に内定まで2カ月を目安にして計画を立てるとよさそうです。

【図2】転職活動した人の応募から内定までの期間

成功率図2

※調査期間:2019年4月~2019年9月、サンプル数26,762件(リクルート調べ)

また、転職活動は応募の準備から退職までの期間も含めるため、転職活動にかかる期間は、一般的に3~6カ月程度と言われています。在職中・離職中といった状況や、転職活動の優先度合い、退職交渉や業務の引継ぎ状況などによって幅が出てきます。自分の場合は、転職準備、書類作成、求人応募、面接、内定・退職のどの段階で時間がかかりそうか、あらかじめ想定しておくとよいでしょう。

【図3】転職の流れ

成功率図3

 

転職の成功率をアップさせる方法

転職活動の応募数と内定までの期間がイメージできた上で、さらに成功率をアップさせる応募方法についてポイントをご紹介します。

同時に複数応募する

複数応募するメリット

【図1】で示したように、転職に成功した人の約7割が10社以上の企業に複数応募をしています。これは、複数応募することで次の3点のメリットが期待されるためです。

  1. 転職活動の長期化を防ぐこと
  2. 面接スキルの向上が期待されること
  3. 自分に合った企業を比較検討できること

1社の選考結果が出るごとに次の応募をしていると、選考結果を1週間待ってから2社目に応募となりますが、まとめて5社に応募すると、例えば1週間で5社の選考結果がわかるため、活動に関わる期間を短くすることができます。

また、同時に複数社の面接をすることで、反省点をすぐに活かすことができ、面接スキルが高まります。その過程で、自分に合った企業・仕事内容・社風が見えてくるため、比較検討しながら、フィットする企業を選択することができます。

確保できる面接時間を事前に確認する

複数応募をした場合、面接も複数対応することになります。有給休暇や会社の記念日、リフレッシュ休暇など、使用可能なタイミングを確認して備えましょう。仕事の繁忙期は面接日程調整も難しくなりますから、スケジュールをコントロールしやすい時期を活動に充てることもポイントです。

転職活動の時期は、プライベートの予定よりも面接の優先順位を高くして、週に〇回は面接入れる、などと決めておくとよいでしょう。家族がいる場合は、あらかじめ理解を得ておきましょう。面接時間を捻出する心がけが大切です。

同職種に限定せず異職種にも応募する

リクルートエージェントの転職決定者データ分析(2009~2020 年度)によると、全体の80.4%が異業種もしくは異職種への転職を実現しており、36.1%は異業種かつ異職種と、業種職種の境界線を越えた転職をしていることがわかります。

【図4】転職時の業種・職種異同のパターン別割合

成功率図4転職時の業種・職種異同のパターン別割合(広報より)

【図5】転職時の業種・職種異同のパターン別割合推移

成功率図5転職時の業種・職種異同のパターン別割合推移(広報より)

※図4、図5ともに『リクルートエージェント』転職決定者データ分析10 年間で起きた中途採用市場の構造変化(2021年8月5日)より引用

さらに、年代別で異業種または異職種への転職状況を見てみると、経験年数の短い 20 代前半では「異業種×異職種」への転職が52.0%と、今までの業種や職種にこだわらず転職している人が多いとわかります。また、30代以降は、培った経験を活かした「異業種×同職種」や「同業種×同職種」への転職がメインとなりつつも、新たな業種や職種に挑戦していこうと「異業種×異職種」への転職パターンも増加傾向にあります。

【図6】【年代別】転職時の業種・職種異同のパターン別割合(2020年度)

成功率図6【年代別】

※『リクルートエージェント』転職決定者データ分析10 年間で起きた中途採用市場の構造変化(2021年8月5日)より引用

転職エージェントを活用し面接対策に集中する

一人で転職活動をしていると、自己分析に客観的な視点が持てず行き詰まったり、転職市場の動向がつかみにくかったりします。
転職活動に必要な情報を効率よく集め、面接に集中するため、転職エージェントを活用するのも一つの方法です。
企業の面接調整に行き詰まった場合も、夜の時間帯や土日に対応可能な場合があるため、エージェントに相談しながら進めることができます。相談すれば、転職活動の成功率アップをサポートしてくれることでしょう。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。