転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 自己紹介と自己PRの違いは?転職の面接で語るべき内容、注意ポイント、回答例を紹介

自己紹介と自己PRの違いは?転職の面接で語るべき内容、注意ポイント、回答例を紹介

自己紹介 自己PR

転職活動の面接で、自己紹介と自己PRを求められるケースはよくあるものです。しかし、「そもそも自己紹介と自己PRの違いがわからない」「何を話せばいいの?」と悩んでしまう人も少なくないでしょう。

そこで今回は、組織人事コンサルティングSeguros、代表コンサルタントの粟野友樹氏に、自己紹介と自己PRの違いや、語るべき内容や基本の構成、注意ポイントなどを聞きました。自己紹介と自己PRを関連付けたそれぞれの回答例も紹介するので、参考にしてみましょう。

自己紹介と自己PRで伝えたい内容と構成、注意ポイント

まずは、自己紹介と自己PRで伝えるべき内容と注意ポイントを紹介します。それぞれの違いを把握しましょう。

自己紹介で伝えたい内容と構成

自己紹介は、面接の冒頭で求められるケースがほとんどですが、自分の職歴・経歴を簡潔に伝えることがポイントです。例えるなら、本における「目次」のようなものであり、初対面の面接担当者に自分のことを大まかに把握してもらうためのものと考えましょう。また、アピールしたい項目を最初の自己紹介で要約して伝えることができれば、これから始まる面接で、より質問してもらいやすくなるでしょう。自己紹介の長さは1分程度にまとめることを意識するといいでしょう。

自己紹介の構成

本文自己紹介の内容は、以下の構成を軸に考えるといいでしょう。

<自己紹介の構成>
・氏名と挨拶(卒業大学・学校名や入社年度なども入れると良い)
・現職または前職について(社名・所属・職種など)
・職務経歴・実績(アピールしたいことの要点をまとめる)
・締めの言葉(入社への意気込みなどを語る)

自己紹介の注意ポイント

企業は自己紹介を通じて、「その人の第一印象」「要約して伝える力」「相手にわかりやすく伝えるコミュニケーション能力」なども見ています。「その場に行けば話せるだろう」と考えて何も準備をしないケースがありますが、伝えたい内容をきちんとまとめておくことが大事です。特に、「第一印象」は非常に重要であり、面接担当者が自分に興味・関心を持つかどうかを左右したり、その後の面接のムードが変わってしまったりする可能性も大きいと考えましょう。

冒頭の自己紹介でまとまりのない内容を長々と語れば、「聞き手のことを考えていない」と受け取られかねませんし、話している途中で面接担当者が興味をなくしてしまう可能性もあります。また、丸暗記した内容を抑揚なく語るケースもありますが、表情や話し方でも第一印象は左右されるものなので、自然に話せるように練習しておくことをお勧めします。

笑顔でハキハキと、ポイントをまとめた自己紹介ができれば、第一印象をアップすることにつながり、その後の面接の中で自分のいいところを引き出してもらいやすくなるでしょう。

自己PRで伝えるべき内容と構成

自己PRでは、その企業で発揮できる強みを伝え、入社後にどんな活躍・貢献ができるのかをイメージしてもらうことが大事です。具体的なエピソードを通じて、自分の経験・実績・スキルをしっかりと伝えましょう。

また、志望動機と絡めた内容にすることもポイントです。志望動機では、その企業を志望した理由・背景・思いに加え、「入社後に、どんなことを実現したいか。どんな活躍・貢献がしたいか」までを伝えるものです。自己PRでは、そのように活躍・貢献できるだけの能力や経験があることをしっかりとアピールしましょう。

自己PRの構成

自己PRの内容は、以下の構成を軸に考えるといいでしょう。

<自己PRの構成>
1. 最初に、「結論=自分の強み」を端的に伝える
2. 根拠となる「理由・背景・エピソード」を伝える
3. 強みによる「成果や実績」を具体化・数値化して伝える
4. 志望する企業・職種で「どう活かせるか」を伝える

自己PRの注意ポイント

冒頭で伝える「結論=自分の強み」は、曖昧な表現をせず、より具体的な内容を伝えることが大事です。例えば「柔軟性がある」という場合でも、「臨機応変に顧客の要望に応える力がある」「既存の営業手法にとらわれず、柔軟に新しい考えを取り入れていける」など、自分ならではの強みを具体的に伝えることを意識しましょう。

また、「根拠となるエピソード」については、数字や固有名詞などを使えば、携わった仕事の規模感やイメージが伝わりやすくなります。「成果・実績」においても、客観的な数字や周囲からの評価などを伝えることがポイントです。志望動機の回答と一貫性があることもポイントなので、「自分が入社後に実現したいこと、活躍・貢献できると思うこと」をしっかりと意識した上で、自己PRを考えることが大事です。

自己紹介と自己PRでよく聞かれる質問例と回答例

ここでは、面接で自己紹介と自己PRを求められるときの質問例、回答例を紹介します。自己紹介と自己PR、双方の回答例を参考にしてみましょう。

自己紹介を求められるとき

自己紹介を求められるときの質問例は、以下のようなものが挙げられます。

<質問例>
「自己紹介を簡単にお願いします」
「これまでの職歴・経歴を教えてください」

「自己紹介」という言葉を使っていない場合でも、求めている回答の内容は同じと考えましょう。また、「簡単に」などの言葉に対し、「より短くしないといけないのでは?」と焦ってしまう人もいますが、1分程度にまとまっていればOKなので、あらかじめ用意しておいた回答を短縮・変更する必要はありません。

自己紹介の回答例

自己紹介の構成に沿った面接での回答例を紹介します。「面接の中でよりアピールしたい強み」については、下線を引いてある部分を参考にしましょう。

●回答例
営業職:通信業界からIT系広告業界に転職を希望

<氏名と挨拶>
◯◯(名前)と申します。本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます。

<現職または前職について>
私は△△大学を卒業後、〇年に◯◯社に入社し、〇年間、一貫して通信機器関連の代理店営業職に従事しております。

<職務経歴・実績>
現在、東京都区内のエリアで約30社を担当し、営業方法やツールの見直しや工夫を続け、直近の2年間、営業目標数字の達成を実現しております。

<締めの言葉>
私は、さまざまな物ごとを数字で分析・可視化し、営業の成果につなげることを強みとしております。インターネットメディアによる広告事業を展開されている御社でも、その力を活かせると考え、応募をさせていただきました。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。

自己PRを求められるとき

自己PRを求められるときの質問例は、以下のようなものが挙げられます。

<質問例>
「自己PRをお願いします」
「ご自身の強みについて教えてください」
「あなたの長所は何ですか?」
「これまでの成功体験について教えてください」

どの質問においても、自分の強みを軸に語ればOKです。ただし、「長所」について聞かれた場合は、「社風や働き方にマッチしているか」を見ている可能性が高いので、自分の人柄や他者との関係性の築き方が伝わるような内容を意識しましょう。また、「成功体験」を聞かれた際には、成功に向かう際のプロセスや、その背景にある自分の考えなども伝えるようにしましょう。

自己PRの回答例

自己PRの構成に沿った面接での回答例を紹介します。自己紹介で触れた「面接の中でよりアピールしたい強み」を、自己PRでどう語っているのか参考にしましょう。

●回答例
営業職:通信業界からIT系広告業界に転職を希望

<強み>
私の強みの1つは、数字の分析力にあると考えております。

<エピソード>
背景:現職では担当するエリア内の数字目標を達成していたものの、競合に勝つために「いかに価格を下げるか」という方法しかない状況があり、業績が不安定で、スタッフの入れ替わりも多いという問題がありました。

具体的な行動:その要因は、主婦や高齢者などのエリアごとの顧客特性に対応せず、同じトーク、ツール、企画で営業をしている点にあると考えました。まず、代理店のエリアごとに顧客属性や売れている商品ランキング、購入理由を分析しました。さらに、エリアごとのキャンペーン内容や営業トーク例を集めた資料を作成し、成功事例を可視化した上で、チームや部署内で共有する研修を実施しました。

<成果>
これにより、担当エリアの営業目標達成率150%超を実現することができました。また、社内でもノウハウが共有され、横展開に貢献することができました。感覚値に頼ることなく、顧客特性に応じた整理・分析をすることで、具体的な解決策につなげることができたと感じます。

<どう活かせるか>
御社が事業を展開するインターネットメディアの領域にもさまざまなメディアがあり、かつ、世の中には多種多様の広告手段があるため、非常に競争が激しい業界であると考えております。
御社の自社メディアの価値や広告事業の効果をクライアントに伝えるために、論理的に数字を分析し、可視化する力を活かし、競合他社との差別化を図れるように貢献していきたいです。

自己紹介と自己PRに関するQ&A

自己紹介と自己PRについて、よくあるQ&Aを紹介します。より深い内容が知りたい場合は、リンク先の記事も参考にしてみましょう。

Q. 面接で自己紹介を求められたらどのくらいの時間で答えるべきですか?

A. 基本的には、1分前後で、「長くても1分半まで」と考えましょう。

1分で語れる内容は、文字に書き起こすと300文字前後なので、まずは文章で自己紹介を作成し、文字数内に収まるように要約するといいでしょう。作成した文章は丸暗記するのでなく、口頭で自然に語れる内容に修正し、練習しておくことが大事です。

※自己紹介について詳しく知りたい方は、こちらの記事もお勧めです。
「転職に役立つ!面接の『自己紹介』で押さえるべきポイントと例文」

Q. 自己PRできることがない場合はどうしたらいい?

A. 自己PRに対し、「自分には輝かしい実績や、めざましい成長がないから、語れることがない」と考えてしまう人は少なくありません。

しかし、日ごろの仕事における努力や成長、創意工夫なども、自己PRとして十分に通用するものです。上司やクライアントなどに評価された経験を振り返れば、自分ならではの強みはきっと見つかるはずです。自分一人では難しい場合には、転職エージェントなどに相談すれば、客観的な視点で強みを掘り下げてもらうこともできます。

※自己PRについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もお勧めです。
「転職の自己PRで強みをアピールする方法。書くべき要素から添削ポイント、例文まで紹介」

Q.自己紹介、自己PR以外に、面接でよく聞かれる質問は?

A.「転職の理由・背景」「志望動機」「長所・短所」「成功体験・失敗を乗り越えた経験」などが挙げられます。

全ての回答に自分なりの一貫性を持たせることで、説得力をアップできるでしょう。また、「何か質問はありますか」と、逆質問をされるケースもよくあります。何も質問がない場合は、「志望度が低いのでは?」「企業研究をしていない」などのマイナス評価につながる可能性があるので、自分なりに聞きたいことを準備しておくことが大事です。

※面接でよく聞かれる質問について詳しく知りたい方は、こちらの記事もお勧めです。
「面接でよく聞かれる質問6つと評価される回答のポイント」

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

あわせて読みたい参考記事

* 自己PRを1分間でする方法 転職面接でポイントと好印象を与える回答例
* 転職の「志望動機」と「自己PR」の違いとは?履歴書の書き方のコツと例文を紹介
* 転職の自己PRは「終わりの言葉」が重要。好印象を与える「締め(しめ)」の書き方は?<例文付き>
* 自己PRすることがない時は?転職の自己PRの作り方と例文

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。