転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 自己PR > 自己PRすることがない時は?転職の自己PRの作り方と例文

自己PRすることがない時は?転職の自己PRの作り方と例文

自己PR ない

履歴書や職務経歴書、面接などで必要な自己PR。仕事における自身の強みやこだわりを伝える項目ですが、「自己PRがない」と悩んでしまう方もいるようです。

そこで、今回は自己PRが見つからない方向けに、自己PRの作り方や例文をご紹介します。人材業界に転職する場合の志望動機は、どのような点に気をつけて作成したらいいのでしょうか。人材業界の事業内容と仕事内容、職種別の志望動機の例文と作成のポイントを解説します。

自己PRとは

自己PRとは、仕事における信条や強み、それによって得られた具体的な成果についてアピールする項目。企業は自己PRによって、「自社に合う人材か」「入社後に活躍できるか」を判断しています。

自己PRは職務経歴書に記載し、面接でも聞かれる重要な項目です。特に、応募する仕事の経験・スキルが浅く、アピール材料が少ない第二新卒やキャリアチェンジ転職の場合は、自己PRが選考通過のカギとなることもあるので、しっかりと考えておきましょう。

【参考記事】自己PRの書き方と面接での伝え方(職務経歴書や面接で使える例文つき)

「自己PRがない…」と悩んでいる場合の考え方

自己PRを作成する際に、「“輝かしい成果”や“表彰実績”のような内容でないと評価されない」と考え、「書くことがない」と悩んでいる方も多いようです。自己PRは、必ずしも客観的に分かりやすい成果や実績でなければ評価されないわけではありません。華やかな自己PRでなくても、応募者の仕事への取り組み姿勢がイメージできる内容であれば、採用担当者も人物像を掴むことができます。

では、次にご紹介する「自己PR作成の3ステップ」を参考に、自己PRを考えてみましょう。

自己PR作成の3ステップ

「自己PRが書けない」と悩んでいる方必見の、自己PR作成の3ステップをご紹介します。

Step1:キャリアを棚卸しし、自身の強みを洗い出す

これまでのキャリアを振り返り、経験・スキルの棚卸しを行います。大きく成果が出た取り組みや、表彰実績でなくても構いません。周囲から褒められたことや、自身が得意としていること、こだわっていたことなどを洗い出してみましょう。
なお、第二新卒など経験が浅い場合は、学生時代やアルバイトで得た経験、スキルアップのために努力していることを強みとしてアピールすることも可能です。成果につながった経験があればさらに有効でしょう。

Step2:応募先のニーズ、求める人材像を読み取る

採用担当者が「入社後に活躍してもらえそうだ」とイメージできる自己PRを作成するには、応募企業の人材ニーズを把握しておくことが重要です。求人や企業の採用ページなどの募集要項に記載されている、「仕事の内容」や「必要な経験・能力」から、どのような人物が求められているのかを確認しましょう。

なお、自己PRで伝える強みは、応募企業が求めている人物像との共通点がある方が望ましいのですが、共通点がないからと言って無理に合わせる必要はありません。自身の強みと応募企業が求める人物像との共通点があれば、優先的に自己PRに取り入れるようにしましょう。

Step3:具体的なエピソードを交えてまとめる

アピールする強みが決まったら、具体的なエピソードを交えてまとめます。例えば、「コミュニケーション力がある」とだけ伝えても、抽象度が高すぎて採用担当者はコミュニケーション力がどのように活かせるのか分かりません。「メールだけで終わらせず、あえて電話で補足し温度感を伝えるなど、コミュニケーション方法を工夫した結果、関連部署を巻き込んでプロジェクトを進めることができました」など、具体的なエピソードと成果(結果)を交えて自己PRをまとめましょう。

自己PR例文

自己PR作成のヒントとなる、自己PRの例文をご紹介します。

経験者向けの自己PR例文

経理職として、現場でさまざまな経験を積んできました。本社の決算業務はもちろん、若手のうちから子会社の経理全般や連結決算を一人で任され、現在では管理職として先輩社員、新入社員を含めた7名の部下の指導・育成に務めております。また、変わっていく税制に対応するため税理士資格取得を目指しており、日々勉強に取り組んでいるほか、経営戦略を学ぶ勉強会にも定期的に参加しており、知識・スキルの研鑽に務めております。

これらの知識や経験を、創業期にある貴社において存分に活かし、決算業務体制を整えながら企業運営の大きな力となれるよう努めてまいりたいと考えております。

未経験者向けの自己PR例文

食品メーカーの営業として、自社ブランドの認知度・流通量の向上を目指し、スーパーを対象に営業活動を行ってきました。ただ自社商品を案内するだけでなく、顧客の店舗の利用者層や売れ筋などを分析し、販売戦略に対しても積極的に提案することに力を注いだ結果、顧客店舗で売上が200%伸び、信頼を獲得しました。

この経験を通じ、私は数値分析や課題発見が得意であること、経営改善の提案をしてお客様に喜んでいただける仕事にやりがいを感じることを実感しました。食品・流通業界に対するコンサルティングについては、これまでの経験が活かせると思います。課題分析力・提案力を磨くために、コンサルタントに必要な「クリティカルシンキング」などのスキルについては、すでにビジネススクールに通うなどして勉強しています。

どうしても自己PRが書けない時は?

なかなか自己PRが見つからない場合のヒントをご紹介します。自己PR作成の参考にして下さい。

仕事以外の経験に範囲を広げてみる

これまでの経験を振り返っても、なかなかアピールできることが見つからない場合は、学生時代やアルバイト、学んでいることなど、仕事以外の経験まで範囲を広げてみましょう。

例えば、「老若男女、幅広い世代に対してコミュニケーションを図ることができます。住んでいる地域の町内会で新しい制度を設けたときに、反対される方がいましたが、一人ひとり、メリットとデメリットを相手の価値観や優先順位を意識して伝えるようにしました。結果、反対していた8名の方に納得いただき、新制度を実行することができました。この強みは営業でも活かせると思います」など、具体的なエピソードを交えて人物像や強みがイメージできる内容であれば問題ありません。

マイナス面をプラスに変換する

「長所よりも短所の方が思いつきやすい」という方も多いようです。例えば「優柔不断」は短所ですが、「柔軟性がある」と言い換えれば長所になります。なかなか自分で長所を見つけることができない場合は、まず短所を探してみて、長所に言い換えて強みにするという方法もあります。

周囲の人や転職エージェントに相談する

第三者に意見を仰ぐという方法もあります。普段の仕事ぶりを知っている同僚や、キャラクターを深く知る友人や家族に長所や短所を聞いてみて、強みを発見してみましょう。なお、自己認識と他者認識には差が出ることも多いものです。第三者に聞くことで、自分では気がつかなかった強みを知ることができるかもしれません。

なお、転職エージェントに相談すると、キャリアの棚卸しや自己分析のサポートをしてもらえます。自己PRのまとめ方のアドバイスを受けることもできるので、「自己PRがない…」と悩んでいる場合は、転職エージェントの力を借りるという選択肢も検討してみましょう。