転職エージェント トップ > 転職成功ガイド > 退職準備 > 退職届・退職願・辞表の書き方テンプレートと例文【社労士監修】

退職届・退職願・辞表の書き方テンプレートと例文【社労士監修】

辞表 書き方

退職を決意したら、在籍中の企業の上司に退職意思を伝え、退職の手続きに入ります。その過程では、文書を提出する場面があります。
退職願・退職届・辞表の違い、提出の流れとタイミング、提出時の体裁、退職届にまつわる疑問について、社会保険労務士の岡佳伸氏、組織人事コンサルティングSeguros代表コンサルタントの粟野友樹氏に解説いただきました。書き方見本のテンプレートもご活用ください。

退職願、退職届の書き方と例文

企業に勤務する会社員の場合、一般的には「退職願」「退職届」を使用します。退職願・退職届の基本的な書き方、例文、封筒の選定などについてご紹介します。

書き方

退職願・退職届の一般的な書式・文面は以下のとおりです。

縦書きか横書きか

退職願・退職届ともに「縦書き」が基本です。一般的にはB5サイズの白色の便箋(罫線の有無は問わない)を使用しますが、A4サイズでもかまいません。
記載には、黒のインクのペンを使用します。ただし、摩擦で消せるタイプのペンで書いた場合、時間が経つと消える可能性があります。必ず消えない筆記用具を使いましょう。

「退職願・退職届」の見本例文

退職届 退職願 書き方

「退職願・退職届」の書き方ポイント

1.タイトル「退職願・退職届」
退職願、退職届とそれぞれ書きます。

2.書き出し「私儀(私事)」
本文一行目の下部に私儀(わたくしぎ)と書きます。「わたくしごとではありますが」という意味です。

3.退職理由
自己都合による退職の場合、「一身上の都合」と書きます。
もし、会社都合による退職で、会社から退職届の提出を求められた場合、「一身上の都合」とせず、「部門縮小のため」「退職勧奨に伴い」など退職の理由を具体的に書くようにしましょう。

4.退職希望日
退職願の場合は、退職希望日を書きます。退職届の場合は、上司と合意した日付を記入します。西暦でも、元号でも構いませんが、会社の公式書類に使用しているものに合わせるとよいでしょう。

5.提出日
退職願・退職届ともに、提出する日付を記入します。

6.所属・氏名・捺印
宛名より下の位置に正式な所属部署名と名前を記入し、名前の下に捺印します。

7.宛名
会社の最高執行責任者の役職名と名前を、自分の名前より上方に書きます。敬称は「殿」か「様」ですが、「殿」は目下の人に使う言葉という認識を持っている方も多いので「様」の方が無難です。

封筒の選び方・折り方・入れ方

退職願・退職届は封筒に入れて提出します。封筒は、郵便番号枠が印字されていない白色の封筒が適しています。

封筒に入れる際には、三つ折りにします。書類を正面に置き、長辺を三等分するように下側を上に折り、続いて上側を下に折ります。

1. 2. 3.

 

退職願、退職届のテンプレート(フォーマット)

パソコンで作成する方は、退職願・退職届のテンプレート(それぞれB5・A4)をご活用ください。

退職願 A4版テンプレート
退職願 B5版テンプレート
退職届 A4版テンプレート
退職届 B5版テンプレート

退職願、退職届、辞表を出す前に確認すること

退職願、退職届、辞表を提出する前に、次のことを確認しておきましょう。

会社を辞める理由・覚悟

退職の意思を伝えると、必ず理由を聞かれます。相手が納得する理由を伝えられるように整理しておきましょう。会社への不満を挙げるのではなく、「現職ではできないことを実現するために転職する」など、前向きな理由を語れるように準備してください。

また、曖昧な態度を見せると引き留められ、退職交渉が長引く可能性があります。「退職の決心がついている」という意思を、丁寧にしっかり伝えましょう。

就業規則の「退職」に関する規定

就業規則には退職手続きに関する項目があります。例えば、「退職希望日の○カ月前までに、退職願を直属の上司を経由して会社に提出する」といった記載がありますので、規定を確認しましょう。

退職願、退職届、辞表の違いと出すタイミング(スケジュール)

「退職願」「退職届」「辞表」は、何が違うのでしょうか。適切な使い方、提出するタイミングについてお伝えします。

退職願、退職届、辞表の違いとは

「辞表」を提出するのは、会社と雇用関係がない取締役クラス以上もしくは公務員に限られます。一般企業の社員の場合は、目的に応じて「退職願」「退職届」を使用します。

退職願 退職届 辞表
退職の意思を伝えるために提出 退職日が確定した後に提出 役員や公務員による提出
退職意思は口頭で伝えても構わないが、書面で提出することで、退職の意思が固いことを示せる 退職願が受理され、正式に退職日が確定後、事務手続きのため決定事項の記録として提出 社長や取締役などが役を辞する際に提出。また、公務員の場合、「辞表」が「退職届」にあたる

退職願、退職届、辞表を出すタイミング(スケジュール)

退職願・退職届は、就業規則により提出期日が定められています。一般的な流れを理解しておきましょう。

多くの企業では、退職希望日の1~2カ月前までに退職を申し出る規定を設けています。就業規則によっては、「上司を経て、人事部や代表取締役が受理する」までを期間内で対応しなければならない場合もあるため、注意が必要です。

退職願・退職届の提出スケジュールの目安は以下のとおりです。

退職願・退職届 スケジュール

退職願、退職届に関するQ&A

退職願・退職届を提出する際、生じがちな疑問にお答えします。

Q.退職を引き留められたら、どうすればいい?

退職を切り出すと、上司から改善策や好条件が提示され、引き留められることもあるかもしれません。しかし、一度退職の意思を表明すると、辞めずにとどまったとしても周囲との関係がぎくしゃくし、業務がやりにくくなることもあるようです。退職は「認めてもらう」ものではありません。転職する目的と強い意志を伝えましょう。

Q.退職願を出したが受理されないときは?

退職願が受理されなくても、退職できないということはありません。民法627条では、期間の定めの無い労働契約の場合、退職を申し出て2週間が経過すれば使用者(企業)の承諾がなくても退職できるとされています。

とはいえ、円満退職が望ましいので、上司と話し合いの場を持ち、退職意思が固いことを伝えましょう。それでも受け入れてもらえないようであれば、直属の上司のさらに上の役職者に相談するのも一つの方法です。

Q.退職願・退職届を取り下げることはできる?

退職願とは、退職の「申し出」ですから、承認される前であれば取り下げることも可能です。ただし、承認権限がある人事責任者が承認した後では、取り下げることは難しくなるでしょう。

また、退職届は、会社側が退職を承認し、雇用契約の解除が確定した後に提出するものですから、基本的に取り下げることはできません。会社側にも、撤回要求に応じる義務はありません。退職届受理後、組織の見直しや人材配置の検討が進められるため、引き返すことが難しくなります。

このように一度提出したら撤回しづらいため、感情的・衝動的に提出することは避けましょう。退職について迷っているのであれば、まずは直属の上司に相談し、今抱えている問題を解決できないか話し合ってみてはいかがでしょうか。

Q.退職願・退職届を出しても残業代やボーナスはもらえる?

残業代・ボーナスともに、退職日まで実働した分が支給されます。引継ぎなどで残業が発生した場合も、残業代を受け取ることが可能です。ただし、ボーナスについては賞与支給日に在籍していと対象にならない企業が多いので注意しましょう。

ボーナスについては、退職願・退職届を出す前の期間の実績・仕事ぶりに応じて額が決まります。例えば、11月に退職願を出し、12月末を退職希望日に設定した場合、12月支給のボーナスは4月~9月が査定期間対象であることが多いため、通常の査定基準に沿ったボーナスが支給されることになります。

社会保険労務士法人 岡 佳伸事務所代表 岡 佳伸氏


大手人材派遣会社、自動車部品メーカーなどで人事労務を担当した後に、労働局職員(ハローワーク勤務・厚生労働事務官)としてキャリア支援や雇用保険給付業務、助成金関連業務に携わる。現在は開業社会保険労務士として活躍。各種講演会講師および記事執筆、TV出演などの実績多数。特定社会保険労務士、キャリアコンサルタント、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。

組織人事コンサルティングSeguros 代表コンサルタント 粟野友樹氏

粟野友樹氏
約500名の転職成功を実現してきたキャリアアドバイザー経験と、複数企業での採用人事経験をもとに、個人の転職支援や企業の採用支援コンサルを行っている。

記事作成日:2021年07月13日
記事更新日:2022年07月05日
記事更新日:2023年04月06日 リクルートエージェント編集部

リクルートエージェントでは、転職でお悩みの方に適切なアドバイスをお送りしています。また、企業の面接対策や職務経歴書の作成サポートや、スムーズな退職のためのサポートを行っています。お悩みの方はぜひ一度相談に来てみてください。